Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

ひな祭りの由来!もともと女の子の行事ではなかった?

 
3月3日は「ひな祭り」ですね。
 
ひな祭りといえば、女の子のための行事であり、
ひな人形を飾って、我が子の健やか成長を願います。
 
 
でも、もともとのひな祭りは、今とは全く異なる行事でした。
 
女の子の行事でもなければ、
ひな人形も飾りません。
 
 

スポンサーリンク

 
 
もともとどういう行事だったのか、
どうやっていまの形に変わっていったのか、
ひな祭りの由来を紐解きます。
 
 

ひな祭りの由来とは

ひな祭りは、
中国古来の風習」と「平安時代の宮中遊び」が由来と言われています。
 
hina-doll-2
 

中国古来の風習

中国では昔から
季節の変わり目は災いをもたらす
と考えられていました。
 
そのため、冬から春に移り変わる3月には、
水辺で身を洗い清める儀式を行っていました。
 
 
この風習が日本にも伝わり、
3月に邪気を祓う(はらう)儀式を行うようになりました。
 
そのとき使用したのが、
藁や紙で作った人形(ひとがた)です。
 
人形(ひとがた)で自分の体をなでることで穢れ(けがれ)を移し、
それを川へ流すことで、邪気を祓っていました。
 
 
現在でも、日本各地で「流し雛」という行事がありますが、
この名残だと言われています。
 
 

平安時代の宮中遊び

平安時代の宮中では、女の子が人形(にんぎょう)を使って
ひな遊び」をしていました。
 
これは、ひなという人形を使った「おままごと」であり、
自慢の人形を見せ合う「ひな合わせ」や、
人形に春の景色をみせる「ひなの国みせ」などをして遊んでいました。
 
ちなみに、ひなの国みせのときに持って行ったお菓子が、
現在の「ひなあられ」の原型と言われています。
 
hinaarare 
 
 
やがて、身代わりとなる人形(ひとがた)と、
ひな遊びの人形(にんぎょう)が結びつき、「ひな人形」が生まれました。
 
その後、人形作りの技術が向上すると、
ひな人形は流すものから、飾るものへと変化し、
現在のひな祭りへと変わっていったのです。
 
 
スポンサーリンク



ひな祭りが女の子の行事となった由来

邪気を祓う流し雛は、もともと男女の区別なく行われていました。
 
 
しかし、ひな人形を飾るようになり、
江戸時代には、女の子の行事として定着するようになりました。
 
5月5日の端午の節句(こどもの日)が男の子の行事として祝われるようになったことに対し、
3月3日は女の子の行事となったと言われています。
 
 
上流階級では、嫁入り道具に豪華なひな人形を持たせるようになりました。
 
また、最初は「内裏雛(だいりびな)」という男女一対のひな人形だけ飾っていましたが、
ひな人形はその家の財力を象徴するものと変化し、
2段、3段、そして7段と豪華なひな壇を飾るようになりました。
 
hina-dolls
 
 
もともとは子供の遊びで使っていたひな人形が、
女の子の成長と幸せを願うひな祭りと変化し、
やがて庶民の間にも定着していったのです。
 
 

ひな祭りが「桃の節句」と呼ばれる由来

ひな祭りは別名「桃の節句」とも言われています。
 
 
桃の花には、邪気払いの力があると考えられており、
女の子の成長を願うひな祭りに、桃の花が用いられるようになりました。
 
また、3月3日が桃の開花時期と重なることから、
ひな祭りが「桃の節句」と呼ばれるようになったのです。
 
Peach flowers
 
桃は不老長寿になれる食べ物と言われており、
百歳(ももとせ)まで長生きできるようにと、
桃の花を漬けたお酒、桃花酒(とうかしゅ)を飲む風習もあります。
 
 
ひな祭りに桃の花を飾るのも、
ちゃんと意味があったんですね。
 
 

まとめ

男女の区別なく、季節の変わり目の災いを祓う(はらう)「流し雛」と、
宮中の女の子が遊んでいた「ひな遊び」が合わさり、
ひな人形が生まれました。
 
そして、ひな人形を飾る「ひな祭り」を行うようになると、
ひな祭りは女の子のための行事として定着し、世に広まっていったのです。
 
 
こうした由来を知っているかどうかで
ひな祭りの楽しみ方も変わってきますね。