Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

運動会お弁当の人気おかず!前日に作れるおかずは?詰め方も!



 
運動会のお弁当。子供の頃は楽しみにしていました!
 
いざ自分が作る側になると、運動会当日の朝のバタバタした中でちゃんと作れるか心配。。
 
 

スポンサーリンク

 
 
運動会当日、お母さんは朝早くからお弁当作りがあり大変ですよね。
オードブルや冷凍食品を使うのもいいけど、やっぱり手作りのお弁当が一番!
 
でも、当日の朝の限られた時間の中で、うまく作れるか心配にもなりますよね。
 
そんなママ!
前日に作っておける人気のおかずがあります!
 
 
前日に作れるおかず、当日の作ったほうがいいおかずを紹介します。
また、お弁当の詰め方のコツも紹介しますね。
 
 
 

運動会前日に作れる人気のおかずとその注意点

運動会の前日に作れるおかずにはどのようなものがあるでしょうか?
 
 
255685 
 

運動会前日に作れるおかず

前日に作るおかずは、煮物やピクルスなど少し時間が経ったほうが味がしみて美味しいものがおすすめです。
 
○筑前煮
少し味を濃い目にしておきましょう。
運動会当日の朝は、再度火を通すだけでOKです。
 
 
○手羽元甘辛煮
甘辛煮はお酢を使うので、殺菌効果があります。
また、お酢の効果でお肉が柔らかくなります。
 
 
○ピクルス
好みの野菜をピクルス液に漬け込み、一晩冷蔵庫で寝かせておきます。
 
 

前日にできる下準備

運動会当日に使う材料やおかずの下準備を前日にしておくとすると、当日の時間短縮になります。
 
 
○茹で野菜
ブロッコリー・さやいんげん・トウモロコシなど当日お弁当に入れるものは前日に茹でておきます。
 
 
○野菜、フルーツ
トマトやレタス、フルーツは洗っておきましょう。
カットしたり、皮をむくと変色するので洗うのみにしてください
 
 
○下ごしらえ
・唐揚げは下味をつけておきます。
・エビフライやトンカツなどの揚げ物は下味をつけ、衣をつけておきましょう
・牛肉のアスパラ巻やベーコンのアスパラ巻は焼く手前まで作っておきましょう。
・ハンバーグは捏ねて成形までしておきましょう。
 
 
13915745609_1e357d4a93_b
Photo credit: ftomiz via VisualHunt.com / CC BY
 
 

注意点

運動会前日に作ったおかずは冷蔵保存してください。
 
細菌が増殖可能な温度は10℃~60℃です。
春や秋でも常温では食中毒を起こす細菌が増殖してしまいます。
 
食中毒防止のために、前日に作ったおかずは粗熱をとり冷蔵庫で保存しましょう。
当日の朝に再加熱して、完全に冷ましてお弁当に詰めてください。
 
 
 
スポンサーリンク


運動会当日に作った方がいいおかず

衛生的に当日作った方が良いおかずや、当日作った方が絶対美味しいおかずを紹介します。
 
 
7277790672_4e59dc6576_bPhoto credit: myu_myu via VisualHunt / CC BY-SA
 
 
○揚げ物
唐揚げやトンカツ、エビフライなどは揚げてから時間が経つと、衣がべちゃっとなってしまいますよね。
揚げ物は当日に揚げると美味しくでき上がります
 
さきほどご紹介したように、前日に下ごしらえしておくと当日の朝に慌てなくて済みますよ。
 
 
○卵焼き
卵は傷みやすい食材なので、当日調理しましょう。
卵焼きを作るときは、しっかり火を通してくださいね。
 
 
○おにぎり
前日に作ったおにぎりは、お米に艶がなくパサパサになってしまいます。
おにぎりは、炊きたてのお米でつくりましょう。
 
 
 

お弁当のおかずの詰め方・注意点

前日から準備して調理したおかずは、どんな風に詰めるとよいのでしょうか?
 
2405998387_3644822cc0_bPhoto credit: uesakakohei via Visualhunt / CC BY
 
 
 

①大きなおかずから詰める

唐揚げやフライなど、形がしっかりしている大きなおかずは最初に詰めます
 
大きなおかずの隙間に、副菜や彩りおかずを詰めるとバランスよく見えます
ミニトマトやウインナーなどを先に詰めてしまうと、メインの大きいおかずが入らない!ってことになりかねません。
 
 

②同じ色のおかずを隣同士にしない

唐揚げの横にハンバーグなど、同じ色のおかずを並べると平面的に見えてしまいます
同じ色合いのおかずは隣同士にしないようにしましょう。
 
 

③奥から高さをつける

高さがあるおかずを奥に盛り付けるとお弁当が立体的になり見栄えがよくなります。
 
例えば、お弁当の奥にレタスを下に敷いて高さを出した唐揚げを詰め、その手前に卵焼きを並べていくと奥行きをもたせることができます。
 
 

④おかずを斜めに並べる・斜めにカットする

おかずを斜めに並べることで、より立体的に見せるテクニックです。
 
また、フライや肉巻きなどをカットする際も、切り口を斜めにすると立体的に見えます。
いつも夕飯で食べる時のようにカットしないでくださいね。
 
普段食べているおかずでも、切り方を変えるだけでいつもと違う印象になりますよ。
 
 

⑤赤・黄・緑の3色を入れる

色彩の基本である赤のおかず・黄色のおかず・緑のおかずを入れると目にも鮮やかになります
お弁当は見た目も大事です。
 
また、おかずの彩りが良いと食欲もわいてきますよ
 
 
 

まとめ

運動会の当日は、お弁当つくり以外にも準備することが多いですよね。
当日の朝に慌てないように、お弁当のおかずは前日に下準備しておくと時間に余裕が出ますよ
 
おかずを詰める際は、立体的になるように心がげましょう!