Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

赤ちゃんの日焼け止め!いつから?塗り方と落とし方を紹介!

 
だんだん日差しが強くなってきましたね
 
日焼け止めが欠かせない季節。
ママの日焼け対策はバッチリだけど、赤ちゃんは日焼け対策しなくていいの??
 
 

スポンサーリンク

 
 
昔から日光浴は体にいいものだと言われていますよね。
ただ、過度に日光を浴び過ぎると皮膚にダメージを与えることもあります。
 
そこで、役立つのが日焼け止めです。
 
でも、日焼け止めを塗りながら、ふと思いませんか?
大人より皮膚の弱い赤ちゃんには、日焼け止め塗らなくていいのかな?と・・・。
 
 
そこで、赤ちゃんには日焼け止めをいつから使っていいのか、日焼け止めの塗り方、落とし方を紹介します!
 
 
 

赤ちゃんにも日焼け止めは必要?

赤ちゃんにも日焼け止めは必要なのでしょうか?
 
baby-1146070_960_720
 
 
赤ちゃんの肌は柔らかく潤いがありますが、皮膚の厚さは大人の2分の1程度しかありません。
紫外線からのダメージを受けやすいデリケートな肌です。
 
そのため、赤ちゃんの頃から紫外線を浴びすぎると、大人になってから「シミ」ができてしまいます。
「シミ」だけならいいですが、「皮膚がん」や「白内障」を引き起こす可能性もあります。
 
 
ただ、日光を浴びるのは絶対に良くないという訳ではありません。
 
日光を浴びるとカルシウムを骨に取り込むために必要なビタミンDなどの栄養素が作られます
赤ちゃんが成長するためにも、日光浴は必要です
 
 
しかし、過度な量の紫外線を浴びると肌への刺激になるので、一定の時間(10分以上)を超える外出の際には、日焼け止めを塗って赤ちゃんの肌を守りましょう。
 
 
 
スポンサーリンク



赤ちゃんはいつから日焼け止めを塗っていいの?

肌がデリケートな赤ちゃんは、いつから日焼け止め塗っていいのでしょうか?
 
girl-940795_960_720
 
 
月齢で見ていきましょう。
 

新生児~3ヶ月未満

気温の変化に弱く、身体もしっかりとでき上がっていない時期です。
極力、外出自体を避けましょう
 
肌もデリケートな状態であり、日焼け止めが肌に負担をかける可能性があります。
 
そのため、10分ほどの外出の際は日焼け止めは塗らないようにしましょう。
帽子をかぶせる、日傘をさすなど直接日光が当たらないようにしてください。
 
 
春夏(4月~9月頃)の10時~15時までは特に紫外線が強い時間帯です。
外出は極力避けるようにしましょう。
 
どうしても春夏(4月~9月頃)の10時~15時の時間帯に20分以上外で過ごさないといけない時は、日焼け止めを塗って外出しましょう。
日焼け止めを塗らない事の方が、肌へ負担がかかってしまいます
 
 

生後3ヶ月~

基本的に春夏(4月~9月頃)に10分以上の散歩や外出の時は日焼け止めを塗りましょう
3ヶ月を過ぎれば、日焼け止めによる肌へのダメージが少なくなってきます。 
 
ただ、3ヶ月を超えた赤ちゃんでも、春夏の10時~15時の紫外線が強い時間帯に20分以上の外出を行うのは身体に負担がかかります。
できるだけ、この時間帯の外出は控えましょう。
 
 
 

赤ちゃんの日焼け止めの塗り方・落とし方

赤ちゃんに日焼け止めを塗る方法、落とし方を紹介します。
 
kids-1248212_1920
 
 
日焼け止めを塗る際は肌を強くこすらないように塗りましょう
 
指の腹で優しくなで、ムラがないように塗りましょう。
 
日焼け止めを塗る場所は、肌が露出している部分です。
顔・腕・足以外にも首や首の後ろ・耳の後ろ・手や足のくびれや甲なども忘れずに塗ってください。
 
動き回って汗をかいたり、こすれたりすると日焼け止めが落ちてしまいます。
2時間を目安に汗を拭きとり、日焼け止めを塗り直しましょう
 
 
日焼け止めを落とす際は、その日の夜にお風呂でしっかりと落とします
 
日焼け止めを塗った部分は、お湯や石鹸を使って洗います
赤ちゃんが嫌がるかもしれませんが、水だけで洗うよりしっかり落とせますよ。
 
 
 

まとめ

赤ちゃんのデリケートな肌を守るためにも、日光とはうまく付き合いましょう。
 
生後3か月未満の赤ちゃんは、紫外線が強い時間帯はなるべく外出を避けたほうがよさそうですね。
大きくなっても綺麗な肌でいるためにも、日焼け止めをうまく活用してあげましょう!
 
日焼け止めが肌に残ったままもよくないので、日焼け止めを塗った日はしっかり落としてあげてくださいね。