Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

隅田川花火大会!第一会場と第二会場の場所!おすすめはどっち?

 
テレビ中継もされるほど人気の高い隅田川花火大会
 
花火大会の規模が大きくなると会場も2つに分かれます。
さて、おすすめはどちらなのでしょうか??
 
 

スポンサーリンク

 
 
隅田川花火大会は例年7月の最終土曜日に開催されます。
2016年は7月30日に開催される予定です。
 
隅田川花火大会には第一会場と第二会場の2つの会場があります。
もちろん、それぞれの会場ごとに花火が打ち上げられます。
 
これら2つを合わせて隅田川花火大会と呼んでいるんですね。
 
 
でも、2つの会場にはどんな違いがあるんでしょうか?
おすすめの会場はどっちなんだろう?
 
そんな疑問にお答えしていきます!
 
 
 
 

第一会場の場所・開始時間・花火数

まずは第一会場の詳細を紹介します。
 
fireworks-74689_960_720
 
 
○場所
第一会場となるのは桜橋下流~言問橋上流です。 

 
○開始時間
打ち上げ時間は19:05 ~ 20:30 です。
 
○花火数
約11,000発の花火が打ち上げられます。
 
 
 
スポンサーリンク



第二会場の場所・開始時間・花火数

  
○場所
第二会場となるのは駒形橋下流~厩橋上流です。

 
○開始時間
打ち上げ時間は19:30 ~ 20:30 です。
第一会場と開始時間が異なりますので、ご注意ください。
 
○花火数
約11,500発の花火が打ち上げられます。
 
 
 

それぞれの会場のメリット・デメリット

第一会場と第二会場どちらで隅田川の花火を鑑賞するのがいいのでしょうか?
それぞれの会場のメリット・デメリットを紹介します。
 
 
 

第一会場メリット・デメリット

  
○メリット
隅田川花火大会のメインは、花火師たちのコンクールが開かれる第一会場です。
花火メーカーが作った最新の花火を観る事ができます。
 
○メリット
隅田川花火大会はマンションやビルが多い場所で開催されるため、建物で花火が見えにくいということもあります。
第一会場周辺の方が花火が綺麗に見えるポイントが多くあります。
 
☓デメリット
花火が綺麗に見えるので、大変混雑します
 
隅田公園など、当日の朝8時頃には場所取りの人で溢れているようです。
第一会場で花火を観ようと思うなら昼までには行っておかないと混雑して会場までたどり着けません
205009
 

第二会場メリット・デメリット

 
○メリット
第一会場のように最新の花火を観る事はできませんが、第二会場の方が打ち上げ数は多いです。
 
○メリット
第一会場に比べて混雑具合は少し下がります。
 
第二会場は江戸通り・春日通りが18時以降に歩行者天国になるので、夕方に行っても座って観る事ができます。
ただ、18時までに行かないと、他の方がレジャーシートを持って待機するので座る場所がなくなりますので注意してください。
 
○メリット
周辺にコンビニも多く、買い物やトイレ利用がしやすいです。
 
☓デメリット
第二会場は建物に邪魔されて花火が見づらいポイントが多いです。
 
 
 

おすすめはどっちの会場?

花火師たちの最新の花火を観たい気もしますが、「混雑する中見たくない」という方は第二会場の方がゆっくり見れておすすめです。
 
また、小さなお子さんのトイレや大人でもトイレが心配な方も、コンビニが多くある第二会場の方がいいかもしれませんね。
 
 
 

まとめ

隅田川花火大会の2つの会場は、開始時間や打ち上げる花火の数も違います
 
第一会場は混雑覚悟で早めに行かないといけないようですね。
第二会場の方が混雑は少ないようですが、どちらも会場周辺は人が多そうです。
 
くれぐれも迷子にならないようにして花火を楽しんで下さいね。