Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

葬儀の服装マナー!失礼にならないよう注意すべきこと!子供は?

 
葬儀の服装は黒色ならいいのかな?
 
アクセサリーや子供の服装はどうしたらいいんだろう?
 
 

スポンサーリンク

 
 
葬儀に出席する機会は、ありそうで中々ないですよね。
いざ、出席するとなったとき服装のマナーは大丈夫ですか?
 
急遽、参列することになった時に慌てたくないですよね。
喪服はもちろんのこと、アクセサリーやバッグ、コートなどにも気を使いましょう。
 
また、家族そろって葬儀に参列する機会もあるかと思います。
子供の服装のマナーも確認しておきましょう。
 
 
そこで、葬儀での服装や注意点子供の服装について紹介します。
 
 
 

通夜・葬儀・告別式での服装

葬儀の際に着る喪服
喪服とは、葬儀や法事などに出席する際に着用する礼服の事を言います。
 
昔は喪服の色は白とされていました。
今でも、喪主や喪主の配偶者で和服の場合は白を着る事もあります。
 
ただ、今は喪服の色は黒が一般的ですね。
 
297540
 
ところで、通夜や葬儀、告別式によって服装は変えたほうがいいのでしょうか?
 

通夜

お通夜は、訃報を聞いた近親者やごく親しい人が駆けつける場合、地味な服装でも構わないとされています。
しかし、最近ではお通夜だけに参列し葬儀に出席しない場合も多く、礼服での弔問も増えてきています。
 
 

男性の場合

服装は黒・グレー・濃紺のダークスーツを着用しましょう。
ネクタイ、靴下、靴は黒、ワイシャツは白です。
 
 

女性の場合

服装は黒・グレー・濃紺のワンピースやスーツ、アンサンブルを着用します。
ストッキングや靴は黒が基本です。
257418 

葬儀・告別式

 

男性の場合

黒色の喪服で出席しましょう。
 
通夜同様、ネクタイ、靴下、靴は黒、ワイシャツは白です。
ポケットチーフは入れないか、または真っ白のものを使用しましょう。
 
 

女性の場合

ワンピースやスーツ、アンサンブルなど、黒色の喪服で出席します。
通夜同様、黒のストッキングに、靴は黒のパンプスが基本です。
 
 
お通夜に急に駆けつけるときは礼服でなくてもいいですが、それ以外は通夜、葬儀・告別式ともに喪服を着ていきましょう
 
 
 
スポンサーリンク



葬儀での服装の注意点

故人に失礼のないよう、服装やアクセサリーのマナーを確認しましょう
 

服装の注意点

特に女性の方は以下の点を注意してください。
 
○サンダルやミュールなど、つま先が出るものは避けて下さい。
黒色のミュールを履いている方を見かけた事がありますが、飾りなどが付いていると目立ってしまいます。
 
○夏場でも露出の多い服、生足は厳禁です。
 
○ブーツは避けましょう。
しかし、厳寒期や仕事先から直接弔問する場合は着用するケースもあります。
ただ、履き替え用の黒い靴を持参し、会場に着く直前に履き替えるのがマナーです。
 
 

アクセサリーの注意点

333268 

男性

金時計や金色のネックレス、大きく目立つベルトのバックル、爬虫類のベルトは避けてください。
ファッションリング、その他のアクセサリーなども外しましょう。
結婚指輪は付けていても大丈夫です。
 
 

女性

アクセサリーは涙を連想する白のパールが基本です。
一連のネックレスか、一粒タイプのイヤリングのどちらかを選びましょう。
 
また、二連のネックレスは「不幸が重なる」という意味から使用するのは厳禁です。
金・銀色をはじめ、派手なアクセサリーは外しましょう。
 
男性同様、結婚指輪は付けていても大丈夫です。
 
 

コートの注意点

冬場、コートを着用している場合は葬儀会場の建物に入る前に脱ぐのがマナーです
 
焼香場所が屋外テントの時は、焼香時のみコートを脱ぎ、それ以外は着用していても大丈夫です。
ただ、革や毛皮のコートは「殺生」をイメージさせるので厳禁です。
 
 

バックの注意点

布製バックが一般的です。
 
光沢がなく、外側に金具がない黒色を選びましょう。
華美な装飾がされた物は避けてください。
257425  

葬儀での子供の服装

故人と深い間柄でない場合、小さな子供や赤ちゃんは参列を遠慮した方がよいでしょう。
もし、参列する場合は泣き出した時に席を立ちやすい場所に居るようにしましょう。
189649 

男の子の場合

学生の場合は制服で出席します。
制服がない場合はブレザーと白シャツ、無地の黒・紺・グレーのズボンにします。
 
 

女の子の場合

学生の場合は制服で出席します。
制服がない場合はブレザーと白ブラウス、黒・紺・グレーのスカートにします。
明るい色のリボンや髪飾りは避けましょう。
 
 

子供の服装の注意点

靴は黒にしましょう。
黒い靴がなければ、学生らしい白・紺のスニーカーでも大丈夫です。
派手な色は避けてくださいね。
 
大人同様、サンダルやミュールは履かないようにします。
 
また、洋服も派手な色彩は着用しないで下さい。
 
 
 

まとめ

最近は、お通夜に出席する際も喪服で出席する事が増えているようです。
マナーを守って、アクセサリーは必ず外して下さいね。
 
お子さんの服装にも注意を払って失礼のないようにしてください。
 
急遽、葬儀に出席する時に焦らないように、一度デパートなどに喪服を見に行くのもいいかもしれませんね。