Information box

寝起きの口臭対策!強烈な臭いを抑える予防方法も!

 
歯磨きをして寝たのに、朝起きると口臭が気になりませんか?
 
あの強烈な臭い、しっかり対策しましょう!
 
 

スポンサーリンク

 
 
朝起きると、いつも口臭が気になる・・・。
 
ちゃんと寝る前に歯磨きしたのに、なんで??
1人の時はまだいいけど、旅行に行った時や彼氏の家にお泊りする時に口臭がしたら嫌だ!
 
朝の口臭には様々な原因があります。
あなたに当てはまる原因を探して、口臭対策をしましょう。
 
また、旅行やお泊りなど、ここぞというときには口臭予防も大切です
 
 
そこで、寝起きの口臭の原因、朝起きてからの口臭対策方法、夜にできる口臭予防方法を紹介します!
 
 
 

寝起きの口臭の原因

唾液は口内にとって、とても大切なものです。口内の乾燥を防ぎ、湿度を保ってくれます。
しかし、寝ている間に口内が乾燥すると細菌が繁殖し寝起きの口臭の原因となります。
 
 
074028
 
では、口内が乾燥する原因はなんでしょうか?
 
 

ストレス

ストレスを感じると、自律神経のバランスが崩れ唾液の分泌量が減少します。
寝ている間に口の中が乾き、口内の細菌が繁殖しやすい環境になります。
 
 

口呼吸

眠っている時に口呼吸になっていると寝起きの口臭がきつくなります。
 
口呼吸は口内を乾燥させる一番の原因になります。
乾燥した口内は菌の繁殖が盛んになり口が臭くなるのです。
 
 

煙草

cigarette-599485_960_720
 
タバコを吸う人は寝起きの口臭がきつくなる傾向があります。
 
タバコを吸うと、歯の周りの肉が酸素不足・栄養不足になりがちです。
そのため、歯周病になりやすく、唾液の分泌量が減るため口臭がきつくなります。
 
また、歯に直接タバコのヤニが付いて異臭を放つ場合があります。
 
 

飲酒

前日の夜、お酒を飲んで寝ると寝起きの口臭がきつくなります。
 
お酒を飲み眠ると体内にアルコールが多く残ります。
寝ている間にアルコールを分解しようと体が働くため、体の水分を多く使用します
そうすると、口の中の水分も不足し口内が乾いてしまいます。
 
 

虫歯

393106
 
虫歯を放置したままだと、寝起きの口臭の原因になります。
 
虫歯になっている場合、歯の中には菌がいて悪臭を放っている場合もあります。
虫歯により発生した穴に食べカスが詰まり、悪臭を放つ場合もあります。
 
 

食事

夕食に食べた物が原因となり、寝起きの口臭に繋がっている場合もあります。
 
臭いのキツイにんにくなどを食べると、体内の血液中に溶けこみます
その血液が流れている間は、体臭や口臭がきつくなりやすいです。
 
 
 
スポンサーリンク



朝、口が臭う時の対策方法

朝起きた時に嫌な口臭が・・・。
口臭の原因は唾液の減少による口内の乾燥と細菌の繁殖が関係しています。
 
口臭の対策方法はあるのでしょうか?
 
 
toothbrush-571741_960_720  

起きたら歯磨き

まずは歯磨きをして、口内の細菌を取り除きましょう。
全て取り除く事はできませんが、口臭の元となる細菌を除去することで臭いが減少します。
 
 

唾液を出す

朝食を食べる事で、休んでいた唾液腺が刺激され唾液が出やすい状態になります。
唾液が出ると、口内の湿度が保たれ臭いを抑えることができます。
 
 

水分補給をする

cup-939479_960_720
 
朝起きてすぐに唾液を出そうと思っても、夜の間は水分補給ができていないので難しいです。
起きたらコップ1杯の水分を摂るようにしましょう。
 
 
 

寝起きの口臭を抑えるために夜できる予防対策

明日の朝も口臭があるのかな・・・。
明日のために夜にできる予防対策を紹介します。 
 
 

しっかりと歯磨きをする

口臭予防に欠かせないのは、歯磨きです。
夜に歯磨きする人は多いと思いますが、しっかりとした歯磨きができていますか?
 
口内にある細菌が繁殖すると口臭がきつくなります。
口内に細菌が残らないように1本1本丁寧に歯磨きをしましょう。
 
歯以外にも、歯茎や舌のブラッシングも忘れないでください。
舌に付着している「舌苔(ぜったい)」という白い成分も細菌の一種です。
ブラッシングして、しっかりと落としてください。
 
 
また、歯と歯の間には多くの食べカスが残っています。
歯ブラシだけでは落としにくいので、歯間ブラシや糸ようじを使用して歯の隙間の汚れを落とすようにしましょう。
 
190762
 

マウスウォッシュを使用する

歯磨き後マウスウォッシュをすることで、更に口臭を防ぐことができます。
 
歯磨きで落としきれなかった汚れも、しっかりと落とせるので口臭予防になります。
ただ、洗浄効果が高すぎるので、あまり何度も行うと歯や歯茎が炎症する場合があります。
必要以上にマウスウォッシュをするのはやめましょう。
  
 

よく噛む

食事をよく噛んで食べると、寝起きの口臭を軽減する事ができます。
 
噛む動作は、唾液の分泌を促してくれます
よく噛む事を意識すると唾液が出やすくなり、寝ている間に口内が乾燥するのを軽減できるようになるのです。
 
 

臭いのキツイ食事は控える

にんにく料理やキムチなど、臭いのキツイ料理は避けましょう。
 
自宅で一人で過ごす場合は食べてもいいですが、旅行や彼氏の家にお泊りに行く際は食べるのを控えましょう。
料理自体、臭いがキツイので、胃からくる口臭になります。
 
 

飲酒を控える

アルコールは体から水分を奪っていきます
水分がなくなるので口内も乾燥していき、その結果口臭に繋がります。
 
しかし、旅行やお泊りではアルコールを飲む機会が多いですよね。
アルコールを飲む場合は少しずつ飲むようにしましょう。
アルコール1杯飲んだら、ウーロン茶や水などを2杯飲むようにし、なるべく水分を多めに摂りましょう。
 
 

乾燥を防ぐ

131256
 
眠る時にマスクを使用すると口臭を予防する事ができます。
 
マスクをすると口内が保湿されるので、寝ている間に口の中が乾燥するのを防ぐことができます。
また、雑菌が繁殖するのも防いでくれます。
 
部屋の湿度が低くならないよう、加湿器を置いて部屋の乾燥を防ぐのも効果があります。

 

 

寝る前に水分を摂る

寝ている間に口内が乾燥しないよう、寝る前に水分を摂りましょう。
 
朝起きた時に喉が渇いている人は、寝ている間の水分が不足している場合があります。
体内に水分がきちんと補充されていると、唾液がしっかり分泌されます。
 
寝る前にコップ1杯の水分を摂る事で、口臭を軽減できる場合もあります。
特に緑茶には消臭効果もあるのでおすすめです。
 
 

それでもダメなら・・

様々な予防方法を紹介しましたが、どれをやっても口臭が軽減されない!という方は口臭予防商品を使いましょう。
 
3大口臭ケアを同時に!薬用オーラクリスターゼロ」は口臭のもととなる舌苔(ぜったい)の殺菌効果が抜群です。
また、口臭の原因として紹介した虫歯や歯周病を予防することもでき、99.7%の口臭予防効果があるのでおすすめです。
 
今ならかなりお得に購入できるので、是非試してみてください。
 
 
 

まとめ

タバコやストレス、口呼吸など口臭の原因になるものは色々あります。
寝起きの強烈な臭いを軽減するためにも、口臭の原因となることは避けるようにしましょう。
 
それでも、口臭がきついときは対策方法を試してみてください。
臭いのキツイ料理などに限って美味しいですが、旅行やお泊りの時は控えた方が良さそうですね。