Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

二日酔いの吐き気解消方法!長引く前に対処しよう!予防方法も!

 
朝起きたら、二日酔いで吐き気が・・・
 
仕事に行かないといけないし、何とか吐き気を解消したい!
 
 

スポンサーリンク

 
 
また飲み過ぎてしまって、朝起きたら二日酔い
頭は痛いし、なにより吐き気が止まらない。
 
いつまでも寝てるわけにもいかないし、吐き気だけでも早く解消したい!
 
そんなときに使える吐き気の解消方法があります。
個人差もありますが、つらい吐き気をそのままにしておくと思いのほか長引くこともありますよ。
できるだけ早く対処してください。
 
 
そこで、二日酔いの吐き気の原因、吐き気の解消方法、二日酔いの予防方法を紹介します!
 
 
 

二日酔いの吐き気の原因

なぜ、お酒を飲みすぎると吐き気が出るのでしょうか?
二日酔いの吐き気の原因を紹介します。
 
figure-309910_960_720
 
 
 

脱水による吐き気

二日酔いのときは、アルコールの利尿作用によって体内の水分量が減り脱水症状がおきています。
 
利尿作用によって排出される尿の中には、ナトリウムやカリウムなど体液中の電解質が含まれています。
これらの電解質は一定量保つように調整されていますが、尿と一緒に排出されると減少してしまいます。
 
特に、ナトリウムは血液中の水分量にも影響を与えます。
血液中の水分量が減ると、消化器系の臓器への血流が減少します。
そのため、消化器系の機能が低下し吐き気が起こることがあります。
 
 

アセトアルデヒドによる吐き気

肝臓でアルコールが分解される時にアセトアルデヒドが発生します。
アセトアルデヒドは毒性が高く、吐き気や頭痛といった不快症状を引き起こす原因とされています。
 
アルコールの摂取量が多いと分解する時間もかかり、長い間アセトアルデヒドが体内を巡ることになります。
その分、吐き気などの二日酔い症状が長引いてしまいます
 
 

低血糖症による吐き気

肝臓はアルコールの分解代謝以外に、糖分の貯蔵や供給も行っています。
 
アルコールを摂取すると、アルコールの分解が優先され体への糖分の供給が減少します。
それにより、体内の糖分が不足し低血糖症状態になります。
 
軽度の低血糖症の場合、交感神経に影響を及ぼし嘔吐や震えといった症状を引き起こすのです。
 
 

胃酸過多による吐き気

アルコールの分子は小さく、胃を保護する粘膜を通り抜けてしまいます
そのため、胃そのものに刺激をあたえます。
 
刺激を受けた胃は胃酸を過剰に分泌し、胃酸過多の状態になります。
胃酸過多になると、胸やけや胃のムカつきを起こしやすくなります。
 
 
 
スポンサーリンク



二日酔いの吐き気の解消方法

ツライ吐き気を早く解消したいですよね。
二日酔いの吐き気を解消するには、どんな方法があるのでしょうか?
 
 

脱水による吐き気の解消方法

154527
 
 
アルコールは体から多くの水分を奪います。
アルコールは利尿作用があるので、飲めば飲むだけ体から水分を奪っていきます。
 
お酒の飲んだ日は、寝る前や翌朝起きたら、まずは水分補給をしましょう。
お水でもいいですが、吸収が早く同時に毒素の分解に必要な栄養を補給できるスポーツドリンクがおすすめです。
 
 
また、お味噌汁も水分補給や失われた栄養補給に優れています。
アルコールが残っているなと思う時は、しじみや魚介類のお味噌汁がおすすめです。
アルコールの分解を早めてくれます。
 
 

アセトアルデヒドによる吐き気の解消方法

406054
 
 
アセトアルデヒドの分解にはシジミやゴマ、魚介類が優れています。
脱水による吐き気の部分でも紹介しましたが、アセトアルデヒドの分解に必要な成分を効率よく摂れるお味噌汁はおすすめです。
 
 

低血糖症による吐き気の解消方法

lemon-squeezer-609273_1920
 
低血糖症を解消するには、糖分を摂ることが必要です。
 
糖分を素早く補給、吸収するには果糖を摂取しましょう。
果実のフレッシュジュースは低血糖を治すのに優れています。
特に、レモンを絞ったものがおすすめです。
 
コーンフレークなど炭水化物を多く含むものも効果があります。
 
 

胃酸過多による吐き気の解消方法

ginger-356104_960_720
 
昔から船酔いの民間療法として効果がある、重曹と生姜を利用しましょう。
 
重曹は消化不良や胸やけにも効果があります。
水200mlに小さじ1~2杯程度の重曹を入れて飲みます。
 
生姜はスープや紅茶に入れて、ジンジャーティーにすると美味しいですよ。
 
 
 
これらの解消方法に加えて、入浴もおすすめです。
 

入浴

ぬるめのお湯に入り代謝を良くしましょう。
汗をかくことで、アセトアルデヒドの分解を早めることができますよ。
 
ただ、泥酔した状態で入るのは危険ですのでやめてくださいね。
 
 
 

二日酔いの吐き気はどれくらい続くの?

二日酔いになってしまったのは仕方ないけど、この吐き気いつまで続くのでしょうか?
 
059910
 
 
二日酔いが続く時間は、アルコールを飲んだ量や個人が持っているアルコール分解酵素の働き方によってそれぞれ違います。
 
回復が早い人だと、アルコールを摂取した次の日の昼過ぎくらいには二日酔いが治っているようです。
二日酔いが酷い、アルコールに弱い人は、アルコールを摂取した次の日の夕方以降まで治らないという人もいるようです。
 
二日酔いが治るのには個人差があるのですね。
 
 
 

二日酔いの予防方法

では、二日酔いにならないためにはどんな予防方法があるのでしょうか?
 
web-859387_1920
 
 

寝不足のときはお酒を控える

寝不足やストレスなども、酔いがまわりやすい原因となります。
「今日は寝不足だな」と思う時は、お酒の量を控えるようにしましょう。
 
 

アルコールの吸収を遅らせる

アルコールの吸収スピードが早いほど、二日酔いになりやすいです。
アルコールの吸収を遅らせるためにも、空腹でお酒を飲むのはやめましょう
 
 

飲み方を注意する

飲酒中は、お酒のちゃんぽん・運動・炭酸飲料割りなどはやめましょう。
酔いやすくなってしまいます
 
 

二日酔いになりにくいおつまみを食べる

二日酔いになりにくいおつまみと一緒にお酒を飲みましょう。
チーズ類・鶏肉・大根・枝豆などは二日酔い予防効果があります。
 
進んで取り入れてくださいね。
 
 

栄養ドリンクを飲む

二日酔い防止の栄養ドリンクを飲むのも効果的です。
 
飲酒前後に「ウコンの力」を飲むだけでも、朝起きた時ラクですよ。
他には「飲みノミカタ」という栄養ドリンクもおすすめです。
 
 

サプリメントを飲む

栄養ドリンクだけでは効かない方は、お酒を飲む前に二日酔い防止のサプリメントを飲むことをおすすめします。
 
亜鉛たっぷり!濃縮牡蠣エキス★海乳EX」は翌朝スッキリ起きれるようになったと評判の商品です。
アセトアルデヒドの分解を促進する広島産の牡蠣成分がたっぷり入っています。
これだけ二日酔いに効く成分を一気に摂れるのはサプリメントならではですね。
 
 
 

まとめ

二日酔いの吐き気は脱水症状や胃酸過多など様々な原因があります。
 
それぞれの原因にあった吐き気解消方法ではやめに治してくださいね。
長引く人だと、二日酔いが夕方まで続くこともあるそうです。
 
次の日、二日酔いになってしまったら、楽しかったお酒の席も台無しです。
空腹時にお酒を飲まないように気をつけましょう!
 
後悔しない為にも自分で対策しましょうね