Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

お盆のお供え物!のし・掛紙の表書き!渡すときのマナーは?

 
お盆にお供え物を持って行く時、「のし」はどうしらたいいのでしょうか?
 
相手やご先祖様に失礼のないようにしたいですよね。
 
 

スポンサーリンク

 
 
お盆に実家や親戚の家に行くなら、手土産だけでなくお供え物も必要ですよね。
これも大人のマナーです。
 
でも、お供え物には「のし」は必要?
表書きや水引はどうしたらいいの?
 
相手に失礼のないようにしたいけど、わからないことだらけ。
知らないままにしておくのも社会人として嫌ですよね。
 
 
そこで、お盆のお供え物にのしは必要か表書きの書き方、お供え物を渡すときのマナーを紹介します!
 
 
 

お盆のお供え物に「のし」は必要?

お盆のお供え物にのしは必要なのでしょうか?
 
cc370b9ad943c887791bcd183f5e926e_s
 
 
まず「のし」とは「のしあわび」の略です。
「不老長寿の印」として慶事の際に使われます
 
慶事・弔事に関係なく進物などにかけるものを総称して「のし」、「のし紙」と言われていますが、本来は慶事のみに使われるものなのです。
 
一般的に慶事用には「のし」が印刷されています。
下記画像の御祝の文字の横にあるマークが「のし」です。
 
一度は見た事があるかと思います。
 
ffeaab07851ac601d5942e7da25a8ac1_s
 
 
お盆のお供え物のように、弔事の時には「のし紙」ではなく「掛紙」が正しいです。
掛紙には水引や表書きはありますが、のしは印刷されていません。
 
そのため、お盆のお供え物として品物を準備する際は掛紙が必要です。
品物をむき出しのまま贈るのは失礼になりますので、掛紙を品物にかけて贈りましょう
 
お供え物を買ったお店で「お供え用の掛紙を掛けて下さい」と言えば、店員さんが対応してくれます。
 
 
 
スポンサーリンク



お供え物の掛紙の表書きの書き方

次に、お供え物にかける掛紙の表書きの書き方について紹介していきます。
118451
 

表書き

表書きは水引の上段に「御供」、水引の下段にあなたの名前をフルネームで書きましょう。
 
親戚に贈る場合など、名字だけ書くと同じ名字の人もいるので分からなくなってしまいます。
夫婦で贈る場合は夫のみフルネームで書き、その左側に妻の名前だけ書きます。
 
 
表書きを書く際に薄墨を使用する方もいるようです。
 
薄墨は「哀しみの涙で墨が薄くなった」という意味で葬式などで使用されます。
御供の場合は特に薄墨の必要はありません。普通の筆ペンで書いて大丈夫です。
 
 

水引

お供え用の掛紙の水引は一度切りの意味合いで「結び切り」を使用します。
 
色は黒白または双銀、地域によっては黄白になります。
関西や中国・四国・九州地方の一部では「黄白」が使われる事が多いようです。
 
どの色を選んでいいか分からない時は、あらかじめ実家などに聞いておくとよいでしょう。
 
 
 
また、掛紙を付ける際は、外のしにします。
相手が誰からのお供え物か分かるようにするためです。
 
 
 

お供え物を渡す時のマナー・仏壇への置き方

お供え物の準備もできたら、あとは渡すだけです。
お供え物を渡すときのマナーはあるのでしょうか?
 
221301
 
 
お供え物は、直接仏壇にお供えします
 
まずは「お仏壇にお参りさせていただいてよろしいでしょうか?」または「お線香をあげさせていただいてもよろしいですか?」と伺います。
了承後、お仏壇にお参りする時に「こちらをお供えしてもよろしいですか?」と一言断りを入れ、お供え物を仏壇に供えます。
 
 
お供え物を置くときは、お参りする側に氏名等の字が読めるように向けて置くのが正しい置き方です。
紙袋ごとお供えしないようにしてくださいね。
 
 
 

まとめ

お盆のお供え物をする時は、「のし」ではなく「掛紙」と呼ぶのが正しいのですね。
いつも「のしをお願いします」とお店の人に伝えていました・・・。
 
水引の色は地域によって違うようなので、あらかじめ確認しておくと失礼になりませんよ。
 
お仏壇にお供えする際も一言「お供えしてもよろしいですか?」と断りを入れましょう。
ご先祖様に失礼のないようにしてくださいね!