Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

お盆の時期はいつからいつまで?迎え火・送り火はいつやるべき?



 
お盆の時期は地域によって異なります
 
あなたの旦那さん、奥さんのお盆の時期はいつでしょうか?
 
 

スポンサーリンク

 
 
お盆の時期は地域によって3つに分かれます
知っていましたか?
 
私の実家ではお盆といえば8月ですが、7月がお盆というところもあります。
なぜ地域によって時期が異なるのでしょうか?
 
お盆といえば、小さい頃は迎え火や送り火をおばあちゃんと一緒にしていました。
あれ?迎え火やお墓参りなどのお盆の行事っていつやるべき?
 
 
そこで、お盆の由来、地域ごとの時期、お盆の行事の流れを紹介します。
 
 
 

お盆とは?由来は?

そもそもお盆とはどういうものなのでしょうか?
119241
お盆とは、ご先祖様や亡くなった人たちの霊を祀る行事、またはその期間の事を言います。
 
先祖や亡くなった人たちが、苦しむことなく成仏できるように子孫が供養します。
一般的に8月13日から16日に行われています。
ただ、地域によってお盆の期間が違います。その説明は後ほど。
 
 
お盆は正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)と言います。
 
インドや中国を経由し飛鳥時代に日本に伝わった仏教の行事と、日本古来の行事や祭りが組み合わさり、現在の形になったようです。
 
 
 
スポンサーリンク


お盆の時期はいつ?地域によって違う?

地域によっても異なるというお盆の時期はいつなのでしょうか?
 
 
082433
 
 
お盆の期間は13日から16日までの4日間です。
 
お盆に入る13日を「盆の入り」「迎え盆」と言います。
お盆が終わる16日を「盆明け」「送り盆」と呼びます。
 
中日である14日・15日に法要や供養の儀式を行うのが一般的です。
 
 
また、地域によってお盆の期間が異なります
期間と地域を紹介しますね。
 
 

7月盆

○時期:7月13日から16日
○主な地域:東京・横浜・東北地方など
 
 

8月盆

○時期:8月13日から16日
○主な地域:北海道・新潟・長野・関東南部・関西地方など全国的に多いです。
 
 

旧盆

○時期:旧暦の7月15日ごろ。
現在の新暦だと8月20日前後で、年によって日にちは変わります。
 
○主な地域:関東北部・中国・四国・九州・南西諸島など
 
 
c35edfa497e9798dd667a174f9fa68a4_s
 
でも、なぜお盆の期間が地域によって違うのでしょうか?
 
日本では、明治6年以降に新暦が採用されました。
その際、地域によってお盆の日を新暦に合わせるのか、旧暦のままとするのか扱いが異なりました
地域ごとに対応はバラバラとなり、その日程がそのまま定着したことでこのような違いが生まれたようです。
 
もともとお盆は7月15日でした。
 
新暦を採用した地域は、7月15日をそのまま現在のカレンダーに当てはめたため、7月盆となりました。
旧暦のままとした地域は、旧暦の7月15日をお盆とする旧盆となり、現在のカレンダーでいうとこの8月20日前後になりました。
 
8月盆は、新暦を採用したものの、もともとのお盆の時期にできるだけ近づけるため1ヶ月遅らせたことで8月15日となったようです。
 
 
 

お盆の行事の流れは?

お盆の時期はいろいろやることが多いですよね。
何をどのような流れで行ったらいいのでしょうか?
 
 

12日(前日)

119232
 

お盆飾り

12日夕刻か、遅くても13日の午前中には済ませましょう。
 
お盆飾りとは、お盆の時に作られる盆棚(精霊棚)の飾りの事です。
盆棚とは、お盆のみに用いられる祭壇のようなものです。
 
お盆の間は、位牌を仏壇から取り出します
仏壇の扉は閉め、その前に飾りつけをします。
 
 

13日(盆の入り・迎え盆)

119266
 

お墓参り

盆入りの13日にお墓参りとお墓の掃除をします。
地域によっては、お墓参りの際にお墓で提灯に火を灯し、先祖の霊を家まで案内するところもあります。
 
 
 
●お墓参りの作法やマナーについてはこちらの記事を参考にしてください。
 
 

迎え火

盆入りの13日の夕方に、先祖の霊が道に迷わず家に帰って来られるよう明るく照らすという意味で迎え火を焚きます。
 
迎え火は、家の門口や玄関で焚きます。
 
素焼きの焙烙(ほうろく)に、オガラと呼ばれる皮をはいだ麻の茎を折って積み重ね火をつけます。
お盆の時期になるとスーパーで売られていますよ。
 
 

盆提灯

f1b8c4ecc111323ea565c7c568bfa104_s
 
13日の夕刻に縁側の軒先か精霊棚のところに吊るされた盆提灯に明かりを灯します
 
盆提灯とは、お盆のみに用いるお盆飾りのひとつです。
先祖の霊が迷わずに戻って来られるように照らす役割をすると言われています。
 
 

16日(盆明け・送り盆)

119222
 

送り火

盆明けの16日(または15日)には、送り火を焚いて先祖の霊を送りだします
迎え火同様、送り火も家の門口や玄関で焚きます。
 
現在は住宅事情により、迎え火・送り火をしない家庭も増えてきているようです。
ちなみに京都の「大文字焼」は送り火の名残とされています。
 
 

16日以降

 

お盆飾りの片付け

盆飾りの片付けの時期ですが、特に決まりはありません。
お盆が済んだら速やかに片づけましょう。
 
いつまでも盆飾りをそのままの状態にしていると、来客時にだらしない家と思われるかもしれません。
 
 
 

まとめ

お盆は、仏教と日本古来の行事が合わさり今の形になっているのですね。
 
同じ日本でも、お盆の時期が異なるんですね。
東京や横浜は7月にお盆をするようです。
 
小さい頃は、祖母と迎え火・送り火を焚いた思い出があります。
地域によって風習など違いはありますが、ご先祖様のためにも昔からのお盆行事を大切にしていきたいですね。