Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

琵琶湖花火大会2016!日程や時間は?湖ならではの見所とは?



 
琵琶湖で花火を打ち上げる琵琶湖花火大会!
 
湖でしか見ることができない花火がここにはあります。
 
 

スポンサーリンク

 
 
日本最大の湖である琵琶湖。
その琵琶湖で毎年開催されるのが琵琶湖花火大会です。
 
普通の花火大会とは違い湖の水面に映る花火も楽しむことができます。
開催側もそんな琵琶湖の特性を活かした花火を打ち上げてくれます。
 
なかなか迫力がありますよ。
 
人気の花火大会なので、毎年30万人以上の方が訪れます。
場所取りに行く時間がなかったり、混雑を避けたい方は有料観覧席がおすすめです。
 
 
そこで、琵琶湖花火大会の見所日程や開催場所、有料チケットの種類・購入方法を紹介します!
 
 
 
 

琵琶湖花火大会とは?見所は?

琵琶湖花火大会とはどんなイベントなのでしょうか?
 
bbff950c647492150ec211d842ca1a16_s 
 
1984年に開催された「世界湖沼会議」がきっかけとなり、琵琶湖で花火大会が開催されるようになりました。
 
もともと観光協会主催でしたが、滋賀県や大津市も加わり現在の規模になりました。
毎年30万人以上の観客で賑わい、約1万発もの花火が夜空と湖面を彩ります。
 
 

見所

2015年の琵琶湖花火大会の様子です。迫力がありますよ!
 
 
 
琵琶湖花火大会は湖で花火があがります
 
水中スターマインは見逃せません。
スターマインとは連続で打ちあがる花火のことです。
色とりどりの花火が連続して打ちあがります。
 
通常でも美しく迫力があるスターマイン。
琵琶湖花火大会では、スターマインが水上から打ちあがり扇状に広がります。
扇状に広がった花火が湖面に映り一つの花のように見えます
 
 
また、花火の筒を斜めにセットして打ち上げるワイドスターマインも見所です。
花火が斜めに飛ぶ様子は琵琶湖ならではです!
 
 
 
スポンサーリンク


2016年の日程・開催場所

琵琶湖花火大会の最新情報を紹介します。
 
fireworks-535198_1920
 
 

日程

2016年8月8日(月)
 
琵琶湖花火大会は毎年8月8日に開催されています。
ただ、8月8日が土曜または日曜に当たる場合は直前の金曜日に開催されます。
 
 

開始時間

19:30 ~ 20:30
 
 

開催場所

滋賀県大津港沖水面一帯
 

 
 

アクセス

○京阪電鉄「浜大津駅」から徒歩約5分
○JR「大津駅」から徒歩約15分
○JR「膳所駅」から徒歩約15分
 
 
 

有料チケットの種類・購入方法

琵琶湖花火大会には30万人以上の観客が押し寄せます。
この数字だけで大混雑間違いなし・・・。
 
有料席があるなら、購入してゆっくりと花火を観たいですよね。
有料席の種類や購入方法を紹介します!
 
tickets-1056081_1920 
 
有料観覧席の販売は7月1日からです。
 
○先行販売 3900円
○当日券  4400円
 
大津港沖の花火会場真正面の全席指定席です。
琵琶湖花火大会の目玉である水中スターマインを非常にきれいに見る事ができますよ。
 
 
有料チケットは先行販売で売り切れてしまうようです。
当日券の購入は難しいかもしれません。
 
 

購入方法

琵琶湖花火大会の有料観覧席は、基本的に現金引換えで購入します。
 
今までは、予約や郵送は受け付けておらず、販売場所に出向いて購入する必要がありました。
ただ最近では「ローソンチケット」や「チケットぴあ」などでも販売されていますので、インターネットやコンビニでの購入が可能です。
 
 
販売売場所は6月中旬ごろ発表されるので、日にちが近づいたら琵琶湖花火大会の公式ホームページで確認しましょう。
 
 
 

まとめ

約1万発もの花火が琵琶湖で打ちあがる琵琶湖花火大会!
 
ただ、観客も約30万人と非常に多いので大混雑します。
できれば有料席を購入してゆっくりと観賞してくださいね。
 
有料観覧席からは最大の見所である水中スターマインが綺麗に見えますよ。
発売場所のチェックを忘れずに!