Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

デビットカードとは?作り方やメリット・デメリットを紹介!

 
デビットカードってなに??
 
クレジットカードの進化系??
 
 

スポンサーリンク

 
 
最近、よくデビットカードという言葉を耳にしますよね。
この間、お店のレジで「デビットカードでもお支払いいただけます!」と言われました。
 
カードだし、支払いもできるし、クレジットカードのようなもの?
でも、クレジットカードと何が違うんだろう?
 
デビットカードが便利なら使ってみたいけど、どうやって作るの?
カードを作る前にデビットカードのメリット・デメリットを知っておきたいな!
 
 
そこで、デビットカードの概要や作り方、デビットカードのメリット・デメリットを紹介します!
 
 
 

デビットカードとは?

デビットカードとはどんなものなのでしょうか?
973f8279e9b6cd1465821039c3d003a1_s
 
デビットカードとは、銀行が発行するカードです。
 
買い物や食事などの支払いをデビットカードで行うと、代金が即座に口座から引き落とされます
原則として口座残高を超えない範囲でのみデビットカードを使用出来ます。
銀行口座に入っている残高以上は使えないので、使いすぎる心配がありません
 
 
一方、クレジットカードとはカード会社が発行するカードです。
 
カードを作るには、カード会社の審査を受けなくてはなりません。
デビットカードとは異なり、購入した商品代金は後払い出来ます。
現金の手持ちがなくても、欲しい時に欲しい物を購入する事が出来ます。
 
ただ、デビットカードと違い現金がその時になくなるわけではないので、つい使い過ぎてしまうこともあります。
あなたも経験があるかもしれませんね。
 
 
 
スポンサーリンク



デビットカードの作り方は?審査はある?

代金が即座に口座から引き落とされるのがデビットカードです。
という事は銀行の口座が必要?デビットカードはどうやったら作れるのでしょうか?
 
a7d946acd84e8c3db4d08c4ff3240ed2_s
 
 
××銀行のデビットカードが作りたいなと思ったら、その銀行の口座を作りましょう
 
既に口座を持っているなら、ネットからデビットカードの申し込みをすることが出来ます。
ネットで申し込みを行うと、銀行から正式なデビットカードの申込書が送られてきますので、記入・銀行印の捺印・本人確認書類を添付して返送します。
 
クレジットカードのような審査はありません
 
しかし、住所が不定、申し込み情報に間違いがあるなどでデビットカードが発行できないことはあります。
特に申し込み情報に間違いがなければ、デビットカードが郵送で届きます。
 
デビットカードが届いた時点から、すぐ利用出来ますよ
 
 
 

デビットカードのメリット・デメリット

クレジットカードのように審査がないのですね!
そんなデビットカードのメリット・デメリットを見ていきましょう。
 
70bcc426b949b10b5b0eeb1a0c469f26_s
 

メリット

 

誰でも持てる

審査の厳しいクレジットカードと違い、 15歳以上であればデビットカードを持てます。
銀行の口座さえ開設すれば簡単に持つことが出来ます。
 
 

即時決済

デビットカードは、口座の残高が利用限度額となります。
カード決済直後に口座から引き落としされます。
 
クレジットカードのように、後払いではないため使いすぎる事はありません
また、即時決済なので、使った金額がいつでも分かりやすくお金の管理がしやすいです。
 
デビットカードもクレジットカードのようにネットショッピングや店頭での決済に利用出来ます。
現金を持ち歩きたくない、会計を簡単に済ませたい人には便利なカードとなっています。
その都度引き落とされるので、スマホなどでデビットカードの明細ページをチェックすれば、すぐに利用詳細を確認出来ます
 
 

ATM手数料の節約

現金を持つ場合、定期的にお金を出金しなければいけないのATMに行く必要がありますよね。
そのときに、多くのATMは手数料がかかります。
 
デビットカードはお金を引き落とす必要がないので、ATMの手数料の節約にもなります。
 
 

デメリット

 

ポイント還元率が低い

クレジットカードに比べてポイントの還元率が低いです。
デビットカードは使えば使うほどポイントが貯まるというものではありません。
 
そのため、ポイントを貯めたい人には、デビットカードはおすすめできません。
お得にポイントを貯めて使いたい人はクレジットカードの方が向いています。
f071ecf6ad08d7e21acb4a28f6fa3dde_s

分割払いができない

クレジットカードでは、分割払いをすることが出来ます。
しかし、デビットカードは分割払いが出来ません
 
 

年会費がかかる場合もある

一部のデビットカードは年会費が有料のものもあります。
最大で年会費1000円程度です。
 
最初から完全無料のデビットカードもあるので、カードを作る際はその点も注意して見ておきましょう。
 
 
 

まとめ

いかがでしたか?
 
デビットカードはクレジットカードのように審査もなく、15歳以上の方なら作る事が出来ます。
 
銀行の口座開設が必要ですが、現金を持ち歩く必要がないので会計もスムーズに出来ますね!
口座の残高が利用限度額なので、使いすぎる心配もありません。
 
ただ、ポイントを貯めたい方はデビットカードはあまりおすすめできません。
分割払いもできないので、使用する時は残高を確認してから使用するようにした方が良さそうです。
 
口座の残高はネットで確認する事が出来るので、デビットカードを利用する際は残高を確認してから利用した方がいいでしょう。
 
あなたの参考になればと思います!