Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

防災グッズの中身公開!見落としがちな便利グッズとは?



 
あなたの家では防災グッズを準備していますか?
 
地震などの災害のときに慌てないようにしたいですよね。
 
 

スポンサーリンク

 
 
いつ起こるか分からない地震!
あなたの家では、地震などの災害に備えて防災グッズを準備していますか?
 
ただ、防災グッズと言っても、どんな物を準備したらいいか分からないですよね。
あれもこれも準備していると、大荷物になって持ち出しづらくなってしまいます。
 
必要なものは揃えつつ、できるだけ軽量にしておくのがベストです。
容量に余裕があれば、あると便利な防災グッズも入れておくのがいいですね。
 
 
そこで、必要最低限用意しておくべき防災グッズ、あると便利な防災グッズ、おすすめ防災セットを紹介します!
 
 
 

防災グッズはどんなものを用意すべき?

防災グッズといっても、どんな物を準備すればいいのでしょうか?
 
e1674bf36b95fa9a54815f1f53afaaa3_s 
 
被災地に最初の救援物資が届くのは、被災してからおおよそ3日後と言われています。
そのため、防災グッズには最低3日分の飲料・食料を準備しておきたいところです。
 
でも、3日分の飲料と食料を袋に詰めると重くなりすぎてしまいますよね。
荷物が重すぎると、逃げ遅れる可能性もあります。
 
 
逃げ遅れを防ぐためにも、なるべく身軽にしておくことが大切です。
ラジオや懐中電灯、ビニール袋、飲料水数本など必要最低限の物を持ち出すようにしましょう。
 
また、女性の場合は生理用品を必ず準備しておきましょう。
すべての避難所が生理用品まで準備しているわけではありません。
 
防災グッズの中身は次で詳しく説明していきます。
 
 
 
スポンサーリンク


防災グッズの中身

では、より詳しく防災グッズの中身を具体的に紹介します。
 
421492 
 

必要最低限リスト

防災グッズとして用意しておくべ必要最低限のリストを書いてみました。
 
ただ、人それぞれ必要な物は違います。
このリストにプラスして必要な物を準備して下さいね。
 
 

リュック

両手を空ける事が出来るので、防災グッズにはリュックがおすすめです。
特に、小さいお子さんがいる家庭の場合、お子さんを抱っこしたりすると荷物が持てなくなるので、リュックが便利です。
 
 

飲料水

500mlのペットボトルを3本程度入れるのが限界かと思います。
ただし、水は必ず入れておきましょう
 
 

非常食

水の次に必要なものは、やっぱり食料です。
お腹が空くと困るかもしれませんが、あまり入れすぎるのも重くなります
 
クッキーや乾パン、ウイダーinゼリー、缶詰などがおすすめです。
 
 
イラスト縦
 
 

貴重品

現金や通帳、印鑑、カードなどの貴重品も入れておきましょう。
 
災害時は携帯電話が使用出来ない事もあるので、小銭を準備しておきましょう。
公衆電話を使用する時に必要です。
 
 

救急セット・薬

包帯や消毒液、胃薬や頭痛薬などの薬を準備しておきましょう。
急な体調不良の備えになります。
 
 

携帯ラジオ

今はネット社会ですが、災害時はネットが利用出来ない可能性もあります。
正確な情報を入手するためにも、ラジオは必ず準備しておきましょう。
 
イラスト縦
 
 

懐中電灯

夜に災害にあった時に、懐中電灯が必要になってきます。
懐中電灯に紐を付けておけば、首から下げることも出来ます。
 
 

革製の手袋

軍手より、革製の手袋の方が丈夫です。
未然に怪我を防ぐためにも、丈夫な革製の手袋を用意しておきましょう。
 
 

タオル

大きめのハンカチでもいいです。
タオルがあると、出血している時の止血帯にも応用できます。
 
 

着替え

肌着類を2~3枚準備しましょう。
圧縮袋に入れるとコンパクトになります。
 
 

ウェットティッシュ

断水になった際などは手も洗えません。
そんなときのために、ウェットティッシュを多めに準備しましょう。
 
お風呂に入れない時は体を拭く事も出来ます。
 
イラスト縦
 
 

雨具・防寒具・携帯カイロ

雨対策、寒さ対策に必要です。
避難所の毛布が足りない事があるかもしれません。
 
 

万能ナイフ・ライター・マッチ

万が一に備えて用意しましょう。
 
 

ポリ袋

大・中・小のポリ袋を各数枚ずつ用意しておきましょう。
防寒や水の運搬、ゴミ袋など色々な場面で利用出来ます。
 
 

新聞紙

防寒や外で過ごす際など、火をつける時に使用します。
新聞紙があるとなにかと便利です。
 
 

我が家の防災グッズ

我が家で準備している防災グッズの中身も紹介します。
必要最低限リストにプラスして準備しています。
参考にしてみてください。
 
 

子供用のおやつ

うちには1歳になったばかりの子がいます。
お腹が空くと不機嫌になるので子供用のおやつは必須です。
 
災害時はベビーフードなども無さそうなので準備しました。
被災時は子供用の食事を準備することも出来ませんので、ベビーフードを5食分用意しています。
リュックに入れる余裕があれば、おもちゃを1個ぐらい準備するのもいいかもしれませんね。
 
 

生理用品

生理用品、特に夜用を準備しました。
 
トイレにも満足に行けないかもしれないので、夜用の方が安心かと思ったからです。
なんで安心かは、女性の方なら分かるかと思います。
 
 

子供用おしり拭き

ウェットティッシュと被りますが、子供用のお尻拭きは便利ですよ。
子供のお尻に使えるので、肌に優しいです。
 
また、お尻拭き以外にも子供の体を拭いたり、大人も使う事が出来ます。
我が家では、ウェットティッシュよりもお尻拭きを多めに入れてます。
 
 

紙おむつ

我が家ではオムツは常に一袋余分に準備してあります。
大人はトイレを我慢しようと思えば出来ますが、1歳児にはまだ無理です。
442698
 

子供の洋服

子供は服を汚したり、汗をかきやすいので多めに入れています。
洋服そのものが小さいので、少し多めに入れても大丈夫です。
 
 
 

あると便利な防災グッズ

必要最低限の防災グッズに加えて、あると便利な防災グッズを紹介していきますね。
 
470487
 

カセットコンロ、ガスボンベ

我が家もそうですが、IHヒーターの家庭が増えていますよね。
電気が止まってしまったら、何も出来ません
 
ガスボンベは多めに準備しておきましょう。
お鍋も1つ準備しておくといいでしょう。
 
 

歯磨き、歯ブラシ

災害時でも歯を清潔にしておきたいですよね。
歯磨き・歯ブラシも準備しておくといいかもしれません。
 
断水になった時は歯磨きも出来ないので、マウスウォッシュも準備するのをおすすめします。
 
 

食料

インスタント食品を準備する方が多いと思いますが、カップ麺は注意してくださいね。
水がなかったら食べれません。
 
缶詰のパンやお菓子類、缶詰など、水が無くても食べれる食料を準備しましょう。
 
 

乾電池

dc116fcf85418603adec8dc85d326f3f_s
 
ラジオや懐中電灯、携帯電話の充電をする時に必要です。
電池を多めに準備しておけば、心配いりませんね。
 
 

簡易トイレ

災害がある度にトイレの問題が出てきますよね。
水洗トイレは使用出来ないかもしれないので、簡易トイレを準備しておきましょう。
 
 

ブランケット

防寒対策や、避難所で床に敷いたりと活用出来ます。
 
 

紙皿・紙コップ

水道が使えないと使用した食器を洗う事も出来ません。
紙皿や紙コップを用意しておくといいでしょう。
 
 
 

おすすめ防災セット

いざというときのために、防災グッズは必要ですね。
いろいろ自分で揃えるのはめんどうという方は防災セットを買って用意するのもありです。
おすすめの防災セットを紹介します。
 
 

3日間を生き抜く防災セット

この防災リュックは防水加工されているので雨の日でも大丈夫なんです。
防災士が厳選した36種類の防災グッズが入ってます。
 
bousai
 
  

いつも防災セット 2人用

家族2人分の食料や飲料、防災グッズが入ってます。
 
アレルギー特定原材料27品目不使用の非常食です。
アレルギーがある方も安心して食べられます。
 

 

 

 
 
 

まとめ

いかがでしたか?
 
持ちだし用リュックには必要最低限の物を入れておきましょう。
あれもこれもと入れ始めると、避難出来ないくらい重くなってしまいます。
 
まずは自分の命が大切ですからね!
 
我が家は小さい子供がいるので、子供用品の割合を多く準備しています。
オムツとお尻拭きは必須です。
大人はなんとかなるけど、子供は我慢出来ないですからね。
 
水と食料も最低限にしておきましょう。
通帳やカード類の貴重品も忘れずに!
 
防災グッズを使用する事がないよう、災害が起きないのが一番なんですが・・・。
もしもの時のために、あなたの家でも防災セットを準備しておきましょう!