Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

鼻毛ワックス脱毛!自宅でごっそり!使い方や注意点は?

 
鼻毛ワックス脱毛なら、自宅で鼻毛を脱毛できます。
 
ただ、使い方や注意点はしっかり確認しておきましょう!
 
 

スポンサーリンク

 
 
鼻毛の処理、あなたはどうしていますか?
カットして鼻毛処理している人が多いかと思います。
 
最近は、鼻毛の処理にワックス脱毛が流行っています。
 
鼻の中にワックスを塗るの?
実際どうやって鼻毛脱毛するのでしょうか?謎ですよね。
 
鼻毛ワックス脱毛なら自宅で簡単に脱毛できますが、注意点もあります。
 
 
謎である鼻毛ワックス脱毛の使い方や注意点、自宅で脱毛できるおすすめ鼻毛脱毛ワックスを紹介します!
 
 
 

鼻毛ワックス脱毛とは?どう使うの?

鼻毛ワックス脱毛とはどのようなものなのでしょうか?
 
371aadafa5477a8652f686fb993aee87_s
 
 
鼻毛ワックス脱毛とは、ワックスを鼻の穴に塗り、鼻毛を毛根から一気に引き抜きます
痛みはありますが、長い鼻毛はもちろんのこと、鼻の周りのうぶ毛まで根こそぎ脱毛する事が出来ます。
 
そのため、鼻の穴の外から見える部分をツルツルにする事が出来るのです。
 
もちろん、抜いた鼻毛はまた生えてきます。
しかし、鼻毛ワックス脱毛は毛根から処理しているので、次に生えてくる周期が遅くなります
個人差はありますが、だいたい3週間くらいは効果が持続するようです。
 
 
0460c96f2cc6dbb1e141f68afdece560_s
 
 

鼻毛ワックス脱毛の使い方

ワックスを鼻の穴に塗るとは・・・。
実際どのように使えばいいのでしょうか?
 
脱毛専用のワックスをスティックの先端につけ、鼻の穴に挿入し30秒ほど待ちます。
ワックスが固まったらスティックごと一気に引き抜きます。
 
 
一気に引き抜く!ちょっと痛そうですね。
でも、次に生えてくる周期が遅くなるなら、今までよりも鼻毛を気にしなくて済みそうと思いませんか?
 
自分もやってみようかな?と思ったあなた!
鼻毛ワックス脱毛の注意点もあります。次で詳しく説明しますね。
 
 
 
スポンサーリンク



鼻毛ワックス脱毛の注意点

鼻毛ワックス脱毛の注意点を紹介します。
デメリットもしっかり理解してから使用しましょう。
272433
 

皮膚の炎症

鼻の中は非常にデリケートです。
 
ワックス脱毛は毛を引き抜く際に固まったワックスを一気に引き剥がします。
痛みや皮膚へのダメージが少なからずあります。
 
鼻毛はデリケートな粘膜に生えている毛です。
固まったワックスを一気に引き剥がす際に粘膜を傷つけてしまうと、鼻の中が炎症を起こす可能性もあります。
 
 

出血

鼻の中は粘膜であり、毛細血管がたくさん通っています。
脱毛ワックスを一気に引き剥がす事で、出血を起こす可能性もあります。
 
 

フィルターの役割

268539
鼻毛は体にとって必要不可欠なものです。
 
鼻毛は、喉や気管支、肺の奥深くに雑菌やホコリなどの異物が入り込むのを防ぐ役割をしています。
そのため、鼻毛がなくなってしまうと、異物が体内に入り込み、呼吸器系の疾患を招く恐れがあるのです。
 
また、鼻毛がなくなると、より花粉を吸収しやすくなります。
そのため、花粉症になる可能性もあります。
花粉症になっている方は、いつもより早い時期から花粉症に悩まされるかもしれません。
 
 

鼻水

冬になると、鼻水が垂れる経験したことないですか?
 
垂れてくる鼻水を抑える役割をしてくれるのが、鼻毛です。
鼻毛がなくなってしまったら、鼻水を抑えてくれるものがありません。
いつでも鼻水が垂れてしまう事になります。
 
 
 

自宅で出来るおすすめ鼻毛ワックス

鼻毛ワックス脱毛の注意点を読むと「なるほど」と思いますよね。
でも、やっぱり鼻毛が出ていたら気になる!
 
注意点を考慮しつつ、自宅でも出来るおすすめの鼻毛ワックスを紹介します。
 
dog-838281_1920 
 

ハナゲノン ブラジリアンワックス

一番気になる鼻の穴手前の短い毛も処理できます。
しかも奥の毛は残るよう、鼻の奥まで入り過ぎないようにスティックにストッパーが付いてます。
 

 

 

 
 

KING’S NOSE WAX

雑誌でも紹介されています。
ブラジリアンワックスで有名なブラビアンカが作っている鼻毛脱毛用ワックスです。
 
kingsnosewax
 
 

ノーズワックス

1年間分(12回)のセットです。
月1回を目安にワックス脱毛を行ってください。
 
こちらもスティックにストッパーが付いているので、鼻の奥まで入りすぎません
 

 

 

GOSSO ゴッソ

鼻毛が見えやすい部分だけを手軽に安全にワックス脱毛できます。
スティック約1cm部分にストッパーが付いているので、入り過ぎる心配がありません。
 

 

 
 
 

まとめ

スティックにワックスを付けて鼻に挿入後、ワックスが固まったら一気に引き抜く鼻毛ワックス脱毛
 
痛みはあるようですが、外から見える部分が綺麗になるのは良いですね!
ただ、鼻の粘膜を傷つけたり、出血する可能性もあります。
 
自宅で行う際は、使用方法をきちんと守ってから行ってくださいね!