Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

10月にも花粉症?秋の症状や対策は?春と違う?



 
花粉症って春先だけじゃないの?
 
なんだか鼻がムズムズするんだけど、10月頃も花粉症になるの?
 
 

スポンサーリンク

 
 
春になると、花粉症で悩む方が多いですよね。
春が終われば、あのつらい花粉症から解放される!
 
そう思っていましたが、実は10月頃も花粉症の症状が出ることがあります。
 
秋に花粉症の症状を起こす花粉って何があるの?
秋の花粉症も春の花粉症と同じ対策方法でいいのでしょうか?
 
 
そこで、10月など秋の花粉症の原因、秋の花粉症の症状や対策方法について紹介します!
 
 
 

10月など秋にも花粉症になる?原因は?

10月といえば、もう秋ですよね。
そんな時期にも花粉症になるのでしょうか?
 
7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s
 
 
花粉症と言えば春と思っている方も多いかもしれませんが、実は秋にも花粉症があります
 
秋の花粉症の代表的な植物と飛散時期は次の通りです。
 
植物名花粉の飛散時期
イネ7月下旬~8月
ブタクサ8月~10月
ヨモギ8月下旬~10月
カナムグラ8月下旬~10月上旬
セイタカワダチソウ9月下旬~11月
 
 
これら秋の植物は、春の花粉症の原因となるスギなどに比べて背が低いものが多く花粉の飛散数もそれほど多くありません。
また、期間も短いため症状が軽く済む事が多いです。
 
秋の花粉症の症状については次で詳しく説明しますね。
 
 
 
スポンサーリンク


秋の花粉症の症状は?春と違いはあるの?

秋と春の花粉症の症状に違いはあるのでしょうか?
 
bb81335ffff3fa1bdbb102fe9fa00bc2_s
 
 
秋の花粉症と春の花粉症の症状に大きな違いはありません
秋の花粉症も、主に次のような症状が見られます。
 
・目のかゆみ
・目の腫れ
・目の充血
・鼻づまり
・鼻水
・くしゃみ
・頭痛
・喉のかゆみ
・喉の痛み
・咳
・皮膚のかゆみ
 
ただ、秋の花粉症の原因の代表であるブタクサの花粉はスギ花粉よりも小さく、気管に影響を与えやすいため、喘息や咳が長く続く事もあるようです。
 
 

秋の花粉症と風邪の見分け方

夏も終わり秋になると、昼と夜の寒暖差が大きくなり体調を崩しやすいですよね。
風邪をひきやすい時期でもあります。
 
秋の花粉症は、風邪の症状と似ていると言われています。
風邪だと思っていたが、実は花粉症だったという事もあるかもしれません。
 
 
8ef8c4aed9256185b328186363b05805_s
 
秋の花粉症と風邪を見分けるには、それぞれの症状を把握しておきましょう。
 

花粉症の症状

○くしゃみが多い
○目のかゆみ
○鼻水がサラサラ
○毎年同じ時期に症状が出る
 

風邪

○喉が痛い
○高熱が出る
○鼻水に粘り気が出る
 
 
特に花粉症の症状である「目のかゆみ」で見分けると分かりやすいです。
また、下を向くだけで出てくるサラサラの鼻水も花粉症だと見分けるポイントになります。
 
 
 

秋の花粉症対策方法

秋の花粉症の対策方法は春と違いがあるのでしょうか?
 
 
 
 
秋にも花粉症の症状が出る人はシーズン前から薬を飲み、外ではマスク・メガネを着用しましょう。
室内では空気清浄機を使用します。
 
これらの対策方法は春の花粉対策と同じですね。
 
 
その他にも、秋の花粉症ならではの花粉対策方法があります。
 
秋の花粉症の原因となる植物は高さが2mくらいです。
花粉も数十mしか飛散しません。
 
そのため、原因となる植物に近寄らないだけでも十分予防できます。
 
 

薬の種類

8e94239aace699870de22554a9681536_s
 
秋の花粉症対策に有効な薬の種類も紹介しますね。
 
○抗ヒスタミン剤
くしゃみ、鼻水が多い場合
 
○ロイコトリエン拮抗薬
鼻づまりが多い場合
 
 
症状によって飲む薬も違います。
薬局などで買う場合は、自分の症状にあった成分が入っているものを選びましょう。
 
あまりにもひどい時は病院を受診してくださいね。
 
 
 

まとめ

秋の花粉症は存在します。
春先の花粉症と症状は似ていますが、ブタクサの花粉は小さいので咳が長く続くようです。
 
また、秋の花粉症は季節の変わり目に症状が出る事から、風邪と勘違いしやすいです。
目のかゆみや鼻水がサラサラしている時は花粉症かもしれません。
 
対策方法は春の花粉症と同じですが、秋の花粉は遠くまで飛散しません。
原因となる植物に近づかないようにするのも良いですね。
 
花粉症かもと思ったら、早めに対策してくださいね。