Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

大雪山の紅葉はいつが見頃?おすすめスポットや注意点!



 
日本で一番早く紅葉が見れるのが北海道の大雪山!
 
いつごろから紅葉が見れるのでしょうか?
 
 

スポンサーリンク

 
 
お盆も過ぎると、朝晩が冷えてきますよね!
昼間はまだまだ暑いですが・・。
 
秋が近づいてくると、楽しみなのが紅葉!
山々が赤や黄色に色づく様子はとても綺麗です。
 
北海道の大雪山は、紅葉が日本一早く見れることで有名です。
でも、いつ頃から紅葉が見れるのでしょうか?
 
また、紅葉を見るのにおすすめのスポットはどの辺りなのでしょうか?
北海道だし、紅葉の時期に雪は降っているのかな?
 
 
そこで、大雪山の紅葉の見頃、大雪山おすすめ紅葉スポット、紅葉登山の注意点を紹介します!
 
 
 

大雪山の紅葉はいつが見頃?

日本で一番早く紅葉が見れる大雪山はいつが見頃なのでしょうか?
 
4c92760830d065df90f136f3a5797855_s
 
 
大雪山は旭岳・北鎮岳・白雲岳・愛別岳・北海岳・黒岳・赤岳・緑岳からなり、石狩川と忠別川の上流に挟まれた山塊です。
場所により紅葉の時期が多少異なってきます
 
おおむね8月下旬から色づき始めます。
大雪山の紅葉が見頃を迎えるのは、9月中旬から10月上旬です。
 
 
 
スポンサーリンク


大雪山のおすすめ紅葉スポット

山塊である大雪山は紅葉スポットが多く存在します。
その中から大雪山のおすすめ紅葉スポットを紹介します。
 
c4622fe08b3bfc0e91b3cce92ba87199_s
 
 

旭岳

大雪山の中で一番人気の紅葉スポットです。
紅葉をより楽しめるように、ロープウェイや温泉宿もあります。
 
 

見所

姿見周遊トレッキングコースがあります。
姿見駅から第一展望台、鏡池・すり鉢池の夫婦池を目指し、姿見の池を眺めて姿見駅に戻るコースです。
 
 
第一展望台からの景色は、針葉樹の緑と広葉樹の赤や黄色が幾重にも重なったような色彩を見せてくれます。
旭岳の山容が、錦絵のように飾られているようでとても綺麗ですよ。
 
旭岳山頂の姿を映し出す雄大な「姿見の池」もあります。
動画をご覧ください。
 
 
 

アクセス

北海道に出かけるとなると、県外からは飛行機で行かれる方が多いと思います。
新千歳空港、旭川空港から大雪山旭岳ロープウェイまでのアクセス方法を紹介します。
 
 
○旭川空港から
「旭川駅」発旭川空港経由のバスがあります。
旭川空港から旭岳まで運賃は1000円です。
 
旭川空港から旭岳ロープウェイの麓まで直通のバスです。
特に乗り換える必要もないので、便利ですよ。
 
ただ、バスは1日3便しか出ていません。
時間に限りがある方は、レンタカーを借りたほうが良さそうです。
 
 
○新千歳空港から
新千歳空港から旭岳ロープウェイへの移動はレンタカーがおすすめです。
 
新千歳空港から旭川まで電車で2時間かかります。
その後、旭岳ロープウェイ行きのバスに乗らなくてはいけません。
乗り換えが2回ありますし、移動だけで4時間以上かかってしまいます。
 
e0bd4a36f23050b185e59f528cbce65a_s
 
移動に高速道路を利用する場合は「旭川鷹栖IC」もしくは「旭川北IC」で降りるようにと旭岳ロープウェイ公式ホームページに記載されています。
 
ですが、「旭川鷹栖IC」で降りた場合、旭川の街中を運転することになります。
信号が多いですし、時間帯によっては混みます。
 
初めて行かれる方は「旭川北」で降りてくださいね
 
 

赤岳

赤岳の銀泉台も旭岳に負けないくらい紅葉の名所です。
 
しかし、銀泉台までは歩く必要があります。
登山用の装備や、登る前には登山届が必要です。
 
初心者でも登れますが、山頂までは約3時間ほどかかります。
紅葉のピーク時であれば、登らなくても山麓の方でも紅葉が楽しめます。
 
57a64e313ee39a4c8c57a46df17a794b_s
 
 

見所

赤岳の登山口にある銀泉台の紅葉は、美しいグラデーションが山全体を彩ります。
 
銀泉台では、その日の天候次第で早朝に雲海を見ることもできます。
赤岳は雪が降るのも早く、雪景色と紅葉のコラボレーションを見ることが出来るかもしれません。
 
動画をご覧ください。
 
 
 

アクセス

 
○バス
JR石北線「川上駅」から道北バスで約30分かけて層雲峡へ向かいます。
 
そこからシャトルバスでレイクサイトへ行きます。
レイクサイトから更にシャトルバスに乗り継ぎ、銀泉台へ行きます。
 
○車
旭川紋別自動車道上川層雲峡ICから約49kmで銀泉台駐車場に着きます。
 
 

黒岳

黒岳も登山になります。
ただ、黒岳はロープウェイとリフトがあるので、それを利用すれば7合目まで登る事が出来ます。
 
7合目から山頂までは、登山になります。
しっかりと装備を整えて行きましょう。
 
登山しながら紅葉を楽しむのも良いですが、ロープウェイから見る紅葉も綺麗です。
 
e5401716240556e7fb8a005946480d8f_s  
 

見所

エゾシマリスを見る事ができますし、錦絵のような美しい紅葉を見ることも出来ます。
天気の良い日には、展望台の高松台から大雪山連峰の眺望が抜群です。
 
動画をご覧ください。
 
 
 

アクセス

 
○バス
JR「上川駅」から層雲峡温泉までバスで約30分です。
 
○車
旭川紋別道上川層雲峡ICから国道39号線経由層雲峡温泉まで約30分です。
層雲峡温泉から7合目まではロープウェイとリフトを利用しましょう。
 
 
 

大雪山の紅葉登山の注意点は?

北海道と言えば雪!
大雪山は紅葉の時期に雪が降ることもあるそうですが、実際はどうなのでしょうか?
 
e7d948ddc5428883d08a18212955b7fb_s
 
色づき始める8月下旬から9月下旬は、大雪山も雪は降りません。
 
ただ、気象状況によっても変わりますが、10月上旬は雪が積もることがあります。
雪が積もってしまうと、車や登山の装備も冬装備にしないといけませんので注意してください。
 
 
紅葉が日本一早いと言うだけあって、大雪山の気温は低くなります。
 
県外の観光客の方は、「出発地が暑いから大雪山も大丈夫だろう」と平地用の服装で行ってしまうと、とても寒かったりします。
防寒具は必ず持って行ってください!
 
 
 

まとめ

大雪山の紅葉の見頃は例年9月中旬から10月上旬です。
 
また、大雪山のおすすめ紅葉スポットは、旭岳・赤岳・黒岳です。
紅葉が始まるということは、気温も寒いということになります。
他の都道府県は残暑で暑いと思いますが、山は気温がだいぶ変わります。
 
防寒具の準備を忘れずにして行きましょう!