Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

一人暮らしにおすすめペット5選!実際に飼ってみた感想とは?

 
一人暮らしでペットを飼うのは、ちゃんと世話できるか不安ですよね。
 
実際に飼っている人は「飼ってよかった」と思っているのかな?
 
 

スポンサーリンク

 
 
実家を離れて一人暮らし
 
家に帰れば誰かがいるのがあたりまえだったけど、一人暮らしは家に帰っても一人。さびしさがこみ上げてくることがありますよね。
 
そんなときに、さびしさを埋めてくれる存在がペット
あなたの帰りを待っていてくれます。
 
 
でも、一人暮らしでペットって飼えるのでしょうか?
 
 
そこで、一人暮らしでも飼いやすいペット5選を紹介します。
また、実際に一人暮らしでペットを飼っている人の感想も載せています。
 
 
 

一人暮らしにおすすめペット5選

 一人暮らしには、手間があまりかからないペットがおすすめです。
 
一人暮らしだと家にいる時間が短いので、それでも世話ができるような、掃除や餌やりの頻度が少ない動物が望ましいですね。
 
 

第5位 犬

chihuahua-624924_960_720
 

初期費用

飼育ゲージやエサ入れ、トイレ用品など大体2 万円前後かかります。
また、ワクチンや予防接種代が2万~3万円かかります。
 
 

維持費

エサ代やトイレシート、おやつなどで、1か月大体 5000円程度必要です。
 
 

一人暮らしにおすすめな理由

・懐くと一緒に寝てくれる。
・後ろをついてくる。
・愛らしい表情で癒される。
 
 

注意点

・1日1回は散歩に連れて行く必要がある。
・犬用のスペースがそれなりに必要。
・小さな音でも大きな声で吠える。
・しつけをきちんとしなければならない。
・ペット禁止の部屋では飼えない。
 
 

第4位 ネコ

kittens-555822_960_720
 

初期費用

飼育ケージやエサ入れ、トイレ用品など大体 2 万円前後かかります。
 
 

維持費

1か月大体5000円ほど必要です。
 
・エサと水を入れる容器代
・ネコ用トイレ、トイレに敷く砂・またはシート代
・おもちゃ、爪とぎなどの消耗品代
 
また、ネコは毎年ワクチンを接種する必要があります。(大体 3000 円程度)
避妊・去勢手術をする場合、2万~3万円程度かかります。
 
 

一人暮らしにおすすめな理由

・大きな声で鳴かない。
・勝手に遊んでいるので散歩に行く必要がない。
・室温に気をつけなくても自分でちょうど良い場所を見つける。
 
 

注意点

・爪を研ぐときに床や壁を傷つけてしまう。賃貸の場合、退去時に思わぬ出費になるかもしれません。
・それなりのスペースが必要なのでペット禁止の部屋では飼えません。
 
 

第3位 ハムスター

hamster-690108_1280
 

初期費用

大体1万~ 2万円必要です。
ハムスター用の小屋、おもちゃ、エサ入れ、床材、トイレの砂などホームセンターでセットになっているものもあるので、初めはそちらを購入してみてもいいでしょう。
 
 

維持費

1 か月大体2000 円程度かかります。
エサ代は食べる量が少ないのでそこまでかからないのですが、床材が消耗が激しいので頻繁に買い替える必要があります。
 
 

一人暮らしにおすすめな理由

・鳴き声が小さい。
・飼育用のスペースをとらない。
・飼育の手間がかからない。
・エサ代などコストが安い。
 
 

注意点

・意外と臭う。
・夜行性の為、夜中に滑車を回したりガサゴソ動きまわる。
・懐きにくい種類もある。
・2年前後と寿命が短い。
・世話の手間はあまりかかりませんが、オシッコの臭いが強烈なので、汚れたトイレ砂と床材は毎日交換しなくてはなりません。
・病気になりやすいが、診てくれる医者が少ない。
・寒いのが苦手。冬には野生のハムスターは冬眠します。ペットのハムスターも寒すぎると冬眠状態に入りますが、身体に負担が大きいので、冬眠状態に入らないように、室温を20~26度くらいに環境を整える必要があります。
 
 

第2位 フェレット

black-footed-ferrets-967192_1280 

初期費用

フェレット用のケージ、トイレ、トイレの砂、給水ボトル、エサ入れなど大体 2万~4万円必要になります。
 
 

維持費

1か月大体5000円程度かかります。
 
・フェレットフード、サプリメント代
・トイレの砂代
 
毎月ではないですが、ワクチンなどの費用も必要になってきます
・予防接種代(年1回6000円)
・フィラリア予防薬(5 月から12月に月1回服用で合計8000円)
・毛玉除去剤(年2個合計3000 円)
・フェレットバイト(年2個合計3000円)
 
 

一人暮らしにおすすめな理由

・犬や猫より寝ている時間が長く手間がかからない。
・あまり鳴かない。
・室内を壊したり、傷つける心配がない。
 
 

注意点

・病気に弱い。
・意外と凶暴
・あまり懐かない事がある。
 
 

第1位 ウサギ

rabbit-373691_1920 

初期費用

ケージ、サークル、すのこ、巣箱、トイレ、エサ入れ、水入れ、かじり木、おもちゃなど、大体1万~2万円ほど必要になります。
ホームセンターなど、一式セットで売っている所もあるので、最初はそれを購入してみてもいいでしょう。
 
 

維持費

1か月大体5000円程度かかります。
 
エサ代
・牧草(うさぎの主食は牧草です)
・ペレット(主食は牧草ですが、牧草で接種できなかった栄養素を補うものです。)
・乾燥野菜(うさぎの大好物です。)
・乳酸菌(おなかの調子を整えるのに良いサプリメントです。)
 
おしっこシート代
トイレに使用する商品として、木くずタイプのものとシートタイプの物があります。シートタイプの方が掃除がしやすくおすすめです。
 
 

一人暮らしにおすすめの理由

・寂しいと死ぬと言われていますが、実際は一匹でも飼うことができます。
・臭いもあまりありません。
・ケージはそれほど広いスペースは必要ないので、ワンルームなど部屋が狭くても置けます。
・散歩の必要がない。
・懐くと近くで寝たり、後ろをついてきます。
 
 

注意点

・部屋の中で放し飼いにするとケーブルや洋服、なんでも噛んでしまいます。
・かじってもいい木などをケージに入れてあげてください。
・小さなストレスから病気になることがある。
・暑さ、寒さ、湿気に弱いので風通しの良いところで飼ってください。
・きれい好きなので、水やエサは毎日交換し掃除もこまめにしてください。そのまま放置すると臭いの原因にもなります。
 
 
 
スポンサーリンク



一人暮らしでペットを飼っている人の感想

では、実際に一人暮らしでペットを飼っている人はどう思っているのでしょうか?
飼ってよかった?
 
hamster-1000846_1920 
・家に疲れて帰った時に待ってくれている。
・悲しい時やさみしい時に近寄ってきて慰めてくれる。
・見ているだけで飽きない。
・一人の時間も楽しく過ごせる。
・可愛らしい表情や動きに癒される。
・日々の成長が楽しみになる。
・仕事が終わってすぐに家に帰るので、人との付き合いが減ってしまった。
・病院代が意外と高くて、急な出費が困った。
 
出費や人付き合いが減ったりと、いい点ばかりではないようですが、ペットによって一人暮らしのさみしさを解消できている方が多くいました。
 
また、「犬の散歩で運動不足が解消された」と健康面でのメリットもあるようです。
ペットを通して会話が増えたり、友人が増えたりするのも嬉しい出来事の一つだそうですよ。
 
 

まとめ

初期費用などの金額はおおよその目安です。
100均ショップなどで揃えられるものはそちらで購入すると節約が出来ます。
 
気をつけていただきたいのが、ペットの医療費です。
動物の医療費は高額のため、怪我や病気に備えて医療費を貯めておいた方がいいかもしれません。
 
ペット用の貯金をしておくと、いざという時慌てなくてすみます。
 
 
どのペットを飼うにしても、最後まで責任持って育てて下さい
体は小さくても大切な命をみんな持っていますから。