Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

灘のけんか祭り2016!日程や注意点!安全な穴場スポットは?



 
喧嘩祭りとして有名な灘の喧嘩祭り。
 
何度か事故も起きているらしいけど、見学するのに安全な場所はないの??
 
 

スポンサーリンク

 
 
兵庫県姫路市で開催される灘の喧嘩祭り
 
過去には事故も起きているらしい。
それでも毎年激しいお祭りです。
 
なんで喧嘩するようになったの?
そもそもどういうイベント?
 
見学に行って巻き込まれるのも嫌ですよね。
出来れば安全な場所で見学したい!
 
 
そこで、灘の喧嘩祭りの見所、今年の日程や開催場所、見学時の注意点、安全な穴場スポットを紹介します!
 
 
 

灘の喧嘩祭りとは?見所は?

灘の喧嘩祭りとはどんなお祭りなのでしょうか?
 
7fef46654cc90835d033215fb24b45e1_s
 
 
灘の喧嘩祭りとは、兵庫県姫路市白浜町の松原八幡神社で行われる「松原八幡神社秋季例大祭」のことです。
通称「灘の喧嘩祭り」と呼ばれます。
 
兵庫県と姫路市の重要無形民俗文化財にも指定されています。
来場者数は15万人以上にもなります。
 
 
松原八幡神社の歴史は古く、11世紀頃には例祭の原点と言える「放正祭」が行われていました。
現在の喧嘩祭りの様式になったのは、明治維新頃からだと言われています。
 
灘の喧嘩祭りでは、3基の神輿と7台の屋台が市内南東部の白浜町界隈を練り歩きます。
死傷者が出るのも珍しくない迫力のある喧嘩祭りとして、播磨地方を代表する秋のイベントです。
 
 

見所

重要無形民俗文化財にも指定されている灘の喧嘩祭りですが、見所はどこなのでしょうか?
 
2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s
 
灘の喧嘩祭りは、宵宮と本宮でそれぞれ異なった見所が存在します。
 

宵宮

松原八幡神社を中心に行われる宮入と宮出しが見所です。
 
宵宮では、白浜町7村を代表する7台の屋台が、各地区から松原八幡神社へ集い境内でお祓いを受けます。
神社に集まった7村の練り子達は、「ヨーイヤサーヨーイヤサー」の掛け声と共に神社の楼門前や境内で、屋台を高く掲げ屋台同士で練り合います。
 
 
 

本宮

本宮では、先に6地区の屋台が宮入した後、毎年交代で務められる練り番と呼ばれる最後の1地区により、宵宮には出ていなかった3基の神輿が担ぎ出され、門前で激しくぶつかり合う「神輿練り」が行われます。
 
 
 
その後、神社から約1キロの場所にある御旅山の麓に場所を移し、練り場というすり鉢状の地形を利用した観覧場所で、3基の神輿と7台の屋台による練り合わせが行われます。
神輿や屋台を壊せば壊すほど、神様が喜ぶとされています。
 
 
 
スポンサーリンク


2016年の日程・開催場所は?

灘の喧嘩祭りの最新情報を紹介します。
 
2c3aabe8cbfeed29bcac3ec8ec9fed5e_s
 

日程

○宵宮
10月14日(金)
11時~16時30分
 
○本宮
10月15日(土)
9時~17時40分
 
 

開催場所

○松原八幡神社(兵庫県姫路市白浜町甲399番地)
○御旅山周辺
 

 
 

アクセス

 

松原八幡神社へ

山陽電車「白浜の宮」駅から南へ徒歩5分
※祭り当日は直通特急・特急も「白浜の宮」駅に臨時停車します
 

御旅山へ

山陽電車「妻鹿」駅から南西方向へ徒歩10分
山陽電車「白浜の宮」駅から西へ徒歩15分
 
 
 

有料チケットはある?

灘の喧嘩祭りには有料桟敷席が存在しますが、一般には販売されていません
 
地元の人限定でしかも抽選のみです。
地元に知り合いがいない限り入手は不可能と言われてます。
 
 
 

見学時の注意点は?安全な穴場スポットはある?

灘の喧嘩祭りを見学する際の注意点を紹介します。
 
4c5a5dbe9f2ccd297f2121146871c60c_s
 

注意点

灘の喧嘩祭りでは、遠慮なく神輿がぶつかり合います。
神輿がぶつかる様子は勇ましく、見所でもあります。
 
しかし、過去には神輿同士に挟まれ、頭を打った男性が死亡した事件もあります。
見物する際は、絶対神輿や屋台に近づかないようにしてください。
 
 

穴場スポット

過去には死亡された方もいらっしゃる灘の喧嘩祭り。
安全な穴場スポットはあるのでしょうか?
 
 

特大テレビの前

地元姫路ケーブルテレビが、祭り全体をカットなしで放送します。
桟敷席近くに設置される特大テレビ画面の前なら安全かつ、無料で間近に鑑賞できますよ。
 
 

御旅山頂手前の広場

日程2日目は御旅山の麓にある練り場で練り合わせが行われます。
 
練り場に近い桟敷席は一般客は立ち入り禁止ですが、山頂の手前まで登って見物するのがおすすめです。
限られたスペースのうえ肉眼では見づらいので双眼鏡を持参しましょう。
早めに場所取りしてくださいね。
 
また、山頂の御旅所では、山を登ってきた屋台が待機して、全ての屋台が揃うまで休憩します。
屋台を間近で見学出来る穴場になります。
 
 
 

まとめ

神輿を激しくぶつけ合う灘の喧嘩祭り。
動画をご覧の通り、神輿同士がかなり激しくぶつかります。
 
担ぎ手の人も多いですね。
神輿や屋台を壊せば壊すほど、神様が喜ぶとされています。
 
残念ながら有料チケットは、地元の人で、しかも抽選に当たらないと手に入りません。
安全に見るなら穴場スポットで見学してくださいね。
 
くれぐれも神輿に近づかないようにしましょう。
安全な場所からお祭りを楽しみましょう!