Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

こたつの電気代は?エアコンより安い?節電するポイントは?

 
冬になると、こたつの出番!
 
エアコンやホットカーペットと比べて電気代って安いのかな?
 
 

スポンサーリンク

 
 
寒くなると、恋しくなるのがこたつですよね!
こたつの中に入ると、暖かくてなかなか出れません
 
でも、ずっと付けていると気になるのが電気代!
こたつの電気代ってどれくらいなのでしょうか?高い?安い?
 
冬は、エアコンやホットカーペットなど他の暖房器具も使用している家庭もあると思います。
それらと比べて、こたつの電気代は安いものなのでしょうか?
 
たとえこたつの電気代が安いとしても、電気代はできるだけ抑えたい!
 
 
そこで、こたつの電気代、他の暖房器具の電気代との比較、こたつの電気代を節約するポイントを紹介します!
 
 
 

こたつの電気代はいくら?

こたつの電気代はいくらぐらいなのでしょうか?
 
6dafe5467cc5a8de62bdfe83a9a6a95d_s
 
 
電力会社との契約内容や1kwhの単価などによって電気代は変わってきます。
 
ここでは、東京電力の従量電灯1kwh19.43円で計算した場合の電気代を紹介します。
なお、1ヶ月の電気代は1日6時間、30日使い続けた場合の値段です。
 
こたつ1時間6時間1ヶ月(30日)
600W3.8円23.3円699.4円
 
こたつの電気代は1時間で約4円です。
思っていたより安い料金ですよね。
 
次は他の暖房器具などと比較してみましょう。
 
 
 
スポンサーリンク



他の暖房器具と比べてどれくらい安い?

冬の暖房器具はこたつ以外にもエアコンやホットカーペットなどがありますよね。
こたつの電気代は他の暖房器具と比較して安いのでしょうか?
 
90d3c7e19633dd097a2d0c2d6af2b676_s
 

エアコン

エアコンの電気代に関してですが、正確な数字は算出できません。
商品や部屋の広さ、外気との温度差、部屋にいる人数などで変わるためです。
 
ここでは、2014年に発売されたシャープのプラズマクラスターエアコンで計算しています。
1kwh19.43円の計算です。
 
 エアコン1時間6時間1ヶ月(30日)
6畳タイプ3.4円20.5円617.3円
8畳タイプ3.8円23.3円700.1円
10畳タイプ4.2円25.6円768.0円
14畳タイプ7.2円43.2円1298.0円
18畳タイプ10.0円60.1円1803.8円
 
8畳タイプのエアコンで1時間約4円です。
エアコンを点けたばかりで、部屋が暖まっていない場合は電気代がもっと高くなります。
 
 

ホットカーペット

電気カーペットの電気代は、大きさによって異なります。
また、メーカーや商品、発売年数によっても多少変わります。
 
ここでは、1.5畳・2畳・3畳タイプで計算しています。
1kwh19.43円計算です。
 
ホットカーペット1時間6時間1ヶ月(30日)
1.5畳タイプ(中)3.4円20.9円629.5円
1.5畳タイプ(強)5.0円30.3円909.3円
2畳タイプ(中)4.4円26.8円804.4円
2畳タイプ(強)6.4円38.4円1154.1円
3畳タイプ(中)7.1円43.1円1294.0円
3畳タイプ(強)9.5円57.1円1713.7円
 
全面を温めるか、半分だけ温めるかでも電気料金が変わります
 
 

ハロゲンヒーター

383939
 
カーボンヒーターや電気ストーブとも呼ばれるハロゲンヒーター。
こちらも寒い冬には欠かせません。
 
エアコンのように、設定温度に部屋が温まれば自動で省エネモードになればいいのですが、電気ストーブは付けている間ずっと同じ電気代が消費されてしまいます
こちらも1kwh19.43円で計算しています。
 
ハロゲンヒーター1時間6時間1ヶ月(30日)
400W7.7円46.6円1398円
600W11.6円69.9円2097円
900W17.4円104.9円3147円
1000W19.4円116.5円3495円
1200W23.3円139.8円4194円
 
ハロゲンヒーターは400W、600Wあたりを使用する方が多いと思います。
その場合、1時間で約10円程度です。
 
 
 
様々な暖房器具の電気料金を算出してみました。
 
エアコンは8畳タイプを1時間使用した場合、約4円です。
ホットカーペット3畳タイプを温度設定「強」で使用した場合、1時間約10円です。
ハロゲンヒーターは600Wタイプを1時間使用した場合、約10円となります。
 
こたつの電気代は1時間あたり約4円です。
エアコンと同じくらいの料金だと思うかもしれませんが、エアコンは点け始めの部屋が暖まっていない時や外気温との差で、かかる電気代が変わります。
 
1時間あたりの電気代は、やはりこたつが一番安く済みます。
 
 
 

こたつの電気代を節約するポイント

こたつの電気代が安いとして、他の電化製品も日々使用するのでなるべく節約したいですよね。
こたつの電気代を節約するポイントを紹介します。
 
ƒvƒŠƒ“ƒg
 

温度設定

こたつをつけ始めたうちは、設定温度を「中」にしておき、こたつ内が暖まったら「弱」に切り替えると消費電力が抑えられ節電になります。
 
また、家族がいる方は、一緒にこたつに入りましょう。
入る人数が多いと人の体温やぬくもりが、こたつ内の温度を高くします。
そのため、設定温度を「弱」にしても十分暖まることができます。
 
上半身が寒い時は重ね着をしましょう。
 
 

外気を入れない

なるべくこたつの中に外気を入れないようにしましょう。
こたつ布団を大き目のものにして、めくれないようにすると保温効果も継続されます。
 
人が出入りすると、こたつ内が寒くなる経験した事ないですか?
外気が入るとこたつ内の温度も下がるので、外気が入らないように注意してください。
 
 

湯たんぽを入れる

4be478287dd4f1758c6c8fb1e475e141_s
 
こたつの中に湯たんぽを入れるのも効果的です。
湯たんぽの暖かさもあるので、こたつの設定温度を低めにすることが出来ます。
 
 

ラグマットや断熱シートを活用

こたつをフローリングの上に直接置くと、温まった空気が冷たい床からどんどん逃げます
そうすると、暖房効率が落ち電気代の無駄になります。
 
こたつの暖房効率を上げる為に、こたつの下はカーペットやラグマットを敷きましょう。
もっと暖房効率を上げたい方は、カーペットやラグマットの下に断熱シートを敷くと、より暖房効率が上がります。
 
 
 
 

まとめ

こたつの1時間あたりの電気代は約4円となります。
他の暖房器具と比べて安い金額です。
 
でも、冬の厳しい寒さ、こたつだけでは心細いと思うのは私だけでしょうか・・。
部屋を暖める最初のうちはエアコンとこたつを併用し、暖まったらエアコンを切ったり、電気カーペットを半分だけ使用したりなど、他の暖房器具も上手く活用してくださいね!
 
こたつの電気代を節約する方法ですが、外気を入れないようにしたり、カーペットや断熱シートを上手く活用しましょう。
 
電気代の節約を気にして風邪をひいたら、治療費の方が高くつく結果になるかもしれません。
ほどよく節約してくださいね。