Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

六義園の紅葉の見頃は?ライトアップ時期はいつ?アクセスも!

 
東京でも紅葉を楽しみたい!
 
六義園ってどんなとこ??
 
 

スポンサーリンク

 
 
東京都内にある六義園は都内でも有名な紅葉スポットです。
 
東京と言うと、高いビルが並んでいるイメージがありませんか?
東京でも紅葉を楽しめる場所があるとは、なんだか不思議な感じがします。
 
六義園とはどんなところなのでしょうか?
紅葉の人気スポットの見所を知りたい!
 
また、紅葉の見頃はいつなのでしょうか?
今年もライトアップされるのかな?
 
 
そこで、六義園の紅葉の見頃やアクセス情報、六義園の紅葉の見所を紹介します!
 
 
 

六義園とは?

六義園とはどんな所なのでしょうか?
 
89192c9ae1d18ce5847816d05c0c4373_s
 
六義園とは、徳川五代将軍・綱吉の時代に作られた側用人・柳沢保則の大名屋敷です。
国の特別名勝に指定されています。
 
その庭園は「回遊式築山泉水庭園」という形式であり、大きな池の周りに草木などがあります。
池を中心とした遊歩道が設置されており、散策しながら庭を楽しめますよ。
 
 
 
スポンサーリンク



六義園の紅葉の見頃・アクセス

六義園の紅葉はいつが見頃なのでしょうか?
 
c8f747dad365526eed3079df4e231b61_s
 

見頃

例年、11月中旬頃から色づき始めます。
紅葉のピークを迎えるのは11月下旬から12月上旬ごろになります。
 
辺り一面の紅葉を見たいのであれば、11月下旬頃がいいでしょう。
一方で落ち葉の絨毯が見たいのであれば、12月に入ってからがおすすめです。
 
 

場所

東京都文京区本駒込6丁目
 

 

入園時間

9時~16時30分(閉演時間17時)
 
○ライトアップ期間中
9時~20時30分(閉演時間21時)
 
 

入園料

一般:300円
65歳以上:150円
小学生以下、都内在住・在学の中学生:無料
 
 

アクセス

 

電車

○JR山手線「駒込駅」下車 北口を出て徒歩7分
○東京メトロ南北線「駒込駅」下車 2番出口から徒歩7分
○都営地下鉄三田線「千石駅」下車 A4出口から徒歩10分
 

六義園の周辺には駐車場がありません
公共交通機関を利用しましょう。
 
 
 

六義園の紅葉の見所は?

都内で人気の紅葉スポットである六義園の見所を紹介します。
 
042dc0e909d6031320a60cdef5a555af_s
 
六義園は回遊式築山泉水庭園であるため、池を中心にして園内を回遊して鑑賞出来ます。
また、回遊式築山泉水庭園は、日本の庭園の集大成とも言われており、和の趣を存分に楽しめます。
 
六義園の園内には、イロハカエデ・モミジ・ハゼ・ケヤキ・イチョウなどの木々が彩っています。
そのため、庭園内のいたるところで、紅葉が楽しめます。
 
昼間の紅葉の様子をご覧ください。
 
 
 

ライトアップ

昼間の紅葉も良いですが、六義園の紅葉は夜もおすすめです。
 
ほの暗い園内の木々に照明が当てられ、きらめく池面との風景は幻想的です。
紅葉の時期は人気のデートコースにもなります。
 
六義園のライトアップで、ぜひ見て頂きたいのが「水香江(すいこうのえ)」です。
かつては水香江には蓮池がありました。現在は跡地となっています。
そこに水を模したライトを配置して、かつてあった蓮池を再現しています
 
ライトアップの様子です。
 
 
ライトアップの日程や詳細は公式サイトをご覧ください。
 
 
 

まとめ

徳川五代将軍・綱吉の時代に作られた六義園は歴史ある庭園です。
池を中心とした遊歩道が設置されています。
 
六義園の紅葉の見頃は11月下旬頃から12月上旬頃です。
駐車場はありませんので、公共交通機関を利用して出かけてくださいね。
 
昼間の紅葉も素敵ですが、夜のライトアップもおすすめです。
紅葉期間はデートスポットにもなっていて人気です。
昼と夜、どちらも美しい紅葉を楽しんでくださいね!