Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

おせち料理には意味があった!起源や由来は?いつ食べるべき?



 
お正月に食べるおせち料理。
 
おせち料理の具材には意味があるのかな?
 
 

スポンサーリンク

 
 
当たり前のように、お正月に食べていたおせち料理
 
あなたは、なぜおせち料理を食べるのか知っていますか?
当たり前すぎて、なぜ食べるのか考えたことはないかもしれませんね。
 
おせち料理には、ちゃんとした由来や起源があります。
おせち料理に使われている具材にも、それぞれ正月にピッタリの縁起がいい意味があります。
 
また、おせち料理といえばお正月に食べるイメージですが、地域によっては食べる時期が違うようです。
 
 
そこで、おせち料理の由来や起源、おせち料理の意味、おせち料理を食べる時期を詳しく紹介します!
 
 
 

おせち料理の由来・起源は?

おせち料理の由来や起源を見ていきましょう。
 
e67b698b252b13943790a992bfd7b6e1_s
 
 
おせち料理は、漢字で書くと「お節」や「御節」と書きます。
この「節」という漢字は「節日」を表しています。
 
節日とは、季節の変わり目にお祝い事をする日です。
 
節日の中でも奇数が重なる1月1日(人日の節句)、3月3日(桃の節句)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕の節句)、9月9日(重陽の節句)は節日の中でも特に重要とされ五節句と呼ばれていました。
現在も1月1日以外で、3月3日や5月5日、7月7日はお祝いとして残っていますよね。
 
 
五節句は中国から伝わった行事に由来し、平安時代から始まったとされています。
当時は季節の変わり目に「節会(せちえ)」と呼ばれる宮中行事がありました。
そこで、神様にお供えをし宴を開いていました。
 
new-years-day-641803_1280
 
 
この節日に作られていた料理が「御節供料理」であり、現在のおせち料理の語源です。
その後、江戸時代になり一般庶民が宮中行事を取り入れるようになり、全国的におせち料理が広まっていきました。
 
このおせち料理は、江戸時代には五節句のお祝い料理として扱われていました。
 
しかし、徐々にお正月だけというように風習が変化していき、現在では五節句の中でも、最もおめでたいとされる1月1日のお正月に食べる料理が、おせち料理と呼ばれるようになったのです。
 
 
 
スポンサーリンク


おせち料理の意味は?

おせち料理にはどんな意味が込められているのでしょうか?
 
dbfb66569ad8a9b23cce738850539326_s
 
 
地域によって、おせち料理の品数は異なります。
全て揃えると20~30種類にもなります。
 
ここでは、代表的な物を、おめでたい意味と共に紹介します。
 

黒豆

邪気払いの意味があります。
また、黒く日焼けするほどマメに、勤勉に働けるようにとの願いが込められています。
 
392dde72402331213a061387d8fe83a1_s
 
 

数の子

ニシンの腹子である数の子は、卵の数が多く子孫繁栄を願う縁起物です。
 
 

田づくり

カタクチイワシの稚魚を干し飴焼きにしたものです。
カタクチイワシを農作物の肥料として使った田畑が豊作になったことにちなみ、五穀豊穣を願う食べ物です。
 
「五万米」の字を当て「ごまめ」とも呼ばれます。
 
 

叩き牛蒡(ごぼう)

豊作の時に飛んでくると言われた黒い瑞鳥(めでたいことの前兆とされる鶴や鳳凰など)に似ていることからきています。
ごぼうのように丈夫にという意味で、健康を願う気持ちも込められています。
 
 

かまぼこ

4d304882bd08d9be3565b818aade21fc_s
 
紅白、または松竹梅の柄などでめでたさを表します。
飾り切りで鶴や松などの縁起物をかたどることもあります。
 
赤は魔除け、白は清浄の意味があります。
 
 

伊達巻

形が巻き物に似ているため、知識が増えるようにとの願いが込められています。
 
 

きんとん

漢字で「金団」と書きます。
黄金や小判を連想させ、金運を呼ぶ縁起物です。
 
 

紅白なます

大根と人参が白と赤の紅白を表しています。
お祝いの水引をかたどったものです。
 
 

鯛の姿焼き

「めでたい」の語呂合わせはもちろん、恵比寿様が持つ魚としてハレの日の食卓に相応しい魚です。
 
 

鰤の照り焼き

出世魚である鰤(ぶり)は、立身出世を願う縁起物です。
 
 

車海老艶煮

de6eb2678a329bea4dcec00b0a38e5b2_s
 
茹でるとお年寄りのように腰が曲がることから、長寿でいられるようにという願いが込められています。
 
 

煮蛤

左右の貝がピッタリ合うのは一つしかない蛤は、夫婦円満を象徴する縁起物です。
 
 

昆布巻き

昆布の「こぶ」は「よろこぶ」の「こぶ」、巻きは結びを意味する語呂合わせから、縁起が良いとされています。
 
また、「子生」と書いて子孫繁栄の願いを込めることもあります。
 
 

筑前煮

レンコンの穴は、将来の見通しが良くなるように、里芋は小芋をたくさんつけることから子孫繫栄の縁起物とされています。
他にも土の中で根を張る根菜を用い、末永い幸せを祈願する意味があります。
 
 
 

おせち料理はいつ食べるべき?余ったら?

おせち料理はいつ食べるべきなのでしょうか?
 
2a02413e50c01fd4c353d78b73da40c6_s
 

いつ食べるべき?

あなたの地域ではおせち料理をいつ食べていますか?
 
一般的には元旦に食べる方が多いと思います。
しかし、北海道や東北では大晦日におせち料理を食べる習慣があります。
 
実は、おせち料理は元々新年を迎えるための料理で大晦日に食べていました
それが幕末の頃から、徐々に重箱に詰める料理となり、新年にお客様を迎える時に振る舞う料理と変化していきました。
 
 
その意味では、北海道や東北で大晦日に食べるのは伝統にそったものと言えます。
地域によって風習が違いますので、あなたの暮らしている地域の風習に合わせるのが良いでしょう。
 
 

いつまで食べれるの?

さておせち料理ですが、いつまで食べれるのでしょうか?
 
japanese-food-993053_1280
 
 
元々おせち料理は、生鮮食品の入手が難しい時代に、日持ちする料理を作り置きする知恵として定着したようです。
 
日持ちがするように作られていますが、だいたい3日~4日程度で食べきるようにしましょう。
3日も食べれば、飽きてきますしね。
 
しかし、暖房などが効いた部屋では保存しないようにしてください。傷んでしまいます。
特に、かまぼこや伊達巻は痛みやすいので、冷蔵庫で保存するようにしましょう。
他の料理も心配なら、冷蔵庫で保存するようにしましょう。
 
もし、お正月におせち料理を食べるのであれば、食べきれる量のおせち料理を作るか、購入しましょう。
作る場合は品数を減らすなどしましょう。
 
食べきれずに捨ててしまったら環境に悪いですし、もったいないですよ。
 
 
 

まとめ

お節料理は、もともと宮中行事で食べられていたものが、江戸時代に徐々に庶民に広がっていったものだったんですね。
 
おせち料理に入っている料理の意味も、知っていましたか?
子孫繫栄や豊作を願って料理が作られています。
 
おせち料理を食べる時は、料理の意味を思い出しながら食べてみてくださいね!
 
おせち料理は3~4日で食べきるようにしてください。
もともと日持ちがするように作られていますが、心配な時は冷蔵庫で保存しましょう。
 
おせち料理を家族で味わってくださいね!