Information box

正月飾りはいつからいつまで?しめ縄・門松・鏡餅の意味は?

 
もうすぐお正月!
 
お正月に飾るしめ縄や門松には、どんな意味があるの?
 
 

スポンサーリンク

 
 
お正月が近づいてくると、正月飾りがお店に並び始めますよね。
店頭に並んでいるのを見ると、「うちもそろそろ準備しなきゃ」と思います。
 
でも、毎年飾っている正月飾りの意味を知っていますか?
しめ縄や鏡餅、門松はなんで飾るのだろうと不思議に思いませんか?
 
また、正月飾りを飾る期間は、いつからいつまでなのでしょうか?
地域によって違いはあるの?
 
 
そこで、正月飾りの意味、正月飾りはいつからいつまで飾るのか、地域による違いを紹介します!
 
 
 

正月飾りとは?どんな意味があるの?

正月飾りにはどんな意味があるのでしょうか?
 
c1e52a44969786c8c00d996bb769f113_s
 
お正月とは、歳神様を家にお迎えしてお祝いする行事です。
 
歳神様とは、先祖の集合霊のことを言います。
年の初めにやってきて、その年の家族の健康や五穀豊穣を約束してくれる神様です。
 
 
正月飾りは、その歳神様を心から歓迎する為の準備として飾ります。
代表的な正月飾りに、しめ縄・門松・鏡餅があります。
 
正月飾りにはそれぞれ飾る意味があります。
 

しめ縄

335b4d35d0dba5e1dceb4be25e003a87_s
 
しめ縄は、歳神様を迎える清浄な場所を示すために飾ります。
また、玄関に飾る事で、災いが外から入る事を防ぐと言われています。
 
しめ縄は、新しい藁に裏白(うらじろ)、ゆずり葉、橙などをあしらって作られます。
 
新しい藁には、古い年の不浄を払う意味があります。
裏白には長寿、ゆずり葉には子孫繁栄、橙には家系の繁栄の意味が込められています。
 
 

門松

96b3b6af2aa95a2e3613962a20f2bf95_s
 
門松は、年に一度、一年の実りと幸せをもたらすために高い山から下りてくる歳神様が、迷わず家を訪れるようにという目印の役割があります。
 
門松は、松竹梅で作られます。
それぞれに込められている意味を紹介しますね。
 

1年中枯れない緑色の常緑樹で、神様が宿る木とされています。
 

成長が早く、生命の象徴とされています。
 

1年の始まりを意味しています。
おめでたい紅の梅と白の梅を飾ります。
 
 

鏡餅

61345d05cdfab0dd422a115164359e70_s
 
昔から、鏡には神様が宿ると言われていました。
鏡は、神事には欠かせない道具として大切に使われてきました。
 
歳神様の居場所として、鏡の代わりに姿形が似た鏡餅を用いるようになりました。
 
丸い形から、「家庭円満」を表します。
また、重ねて飾ることから「1年をめでたく重ねる」という意味が込められています。
橙は子孫繫栄、裏白は長寿の意味が込められているのは、しめ縄と同じです。
 
 
橙や裏白以外にも、鏡餅を飾るものがあります。
 

御幣(ごへい)

稲妻のような形の紅白の紙のことです。
 
赤色には魔除けの意味があります。
また、四方向に繁栄するようにという願いも込められています。
 
 

三方(さんぽう)

鏡餅を乗せる台の事です。
昔から尊い相手に物を差し上げる時に、台に乗せるのが礼儀であるとされています。
 
 

四方紅(しほうべに)

お供え物をのせる色紙の事です。
四方を紅で縁取ることから、災いを払い1年間の繁栄を祈願します。
 
 
 
スポンサーリンク



正月飾りはいつから飾るべき?飾る場所は?

お正月飾り、早めに飾るのもちょっと・・・。と思いますよね。
いつから飾るのがよいのでしょうか?
 
74929ca050fb5c406ad0538a2d96abb4_s
 

いつから飾るべき?

12月13日は「正月事始め」と言い、お正月飾りやお節料理の準備を始めるのに良い日とされています。
 
しかし、何かと忙しい12月です。13日までに大掃除を終わらせる方は少ないですよね。
正月飾りは、12月26日~28日までに飾るのが良いでしょう。
 
 
なぜ28日までに?と思いませんか?
 
それは、29日に飾るのは「二重苦」という語呂合わせが良くないとされているからです。
また、数字の「9」が「苦に通じる」という語呂合わせから嫌われます。
 
153976
 
また、31日に飾るのは「一夜飾り」と言われます。
一夜飾りは、葬儀の時にする飾り方で、縁起が悪いとされています。
 
それじゃ30日でもいいのでは?と思いますが、30日は旧暦にすると大晦日に当たります。
31日と同じことになり、縁起が悪いのです。
 
 

正月飾りを飾る場所

正月飾りを飾る場所を見ていきましょう。
 

しめ縄

玄関ドアの中央に飾ります。
 
 

門松

玄関か門の両側に飾りましょう。
ちなみに、門松をかざるのは準備期間中ならいつでもいいですが、28日に飾るのが一般的です。
 
 

鏡餅

床の間や玄関に飾ります。
 
今は床の間がない家庭も多いですよね。
その場合は、お茶の間やダイニングに飾ると良いでしょう。
 
 
 

正月飾りはいつまで飾るの?地域によって違う?

正月飾りを飾る時期は分かりましたね。
では、いつまで飾るのでしょうか?
 
Print
 
 
お正月飾りは、一般的に歳神様が滞在しているとされる1月7日の松の内まで飾ります。
1月7日の朝、七草粥を食べた後にお正月飾りを外します。
 
 
しかし、小正月である1月15日まで飾っておく地域もあります。
 
1月15日というのは、関西地方で多く見られます。
小正月では、どんど焼きなどの行事が行われる事が多く、この日まで飾っておくという風習が残っているのが関西地方になります。
 
また、京阪地方、石川県、岐阜県、群馬県の一部地域では、1月20日まで飾る風習が残っています。
1月20日は二十日正月というものが由来しています。
二十日正月とは、正月が終わる節目の日を1月20日としている事です。
 
 
鏡餅は、鏡開きの日(1月11)まで飾ります。
鏡餅は、松の内が過ぎても11日まで飾っておいて大丈夫ですよ。
 
 
 

まとめ

何気なく飾っていたお正月飾り。
歳神様をお迎えするために大切な飾りだったのですね。
 
正月飾りを飾る時は28日までに飾り終えましょう。
29日は二重苦という語呂合わせから避けた方が良いです。
また、31日に飾るのも一夜飾りと言われ、葬儀の飾りと一緒の飾り方になるので嫌われます。
 
地域によって違いますが、1月7日の松の内まで飾るのが一般的です。
今年のお正月飾りを準備する時は、それぞれの意味を家族に話しながら飾るのもいいかもしれませんよ!