Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

お雑煮の由来!関東・関西で違いはある?具に込めた意味とは?

 
お雑煮を食べると、お正月感が一層増しますよね。
 
でも、なぜお正月にお雑煮を食べるのでしょうか?
 
 

スポンサーリンク

 
 
お正月に食べるお雑煮。美味しいですよね!
お餅を食べて、汁を飲むと体も温まります。
 
美味しいお雑煮ですが、正月以外で食べますか?
ほとんどの方が、お正月以外でお雑煮を口にしないと思います。
 
美味しいから普段でも食べたいのに、何故お正月以外で食べないのでしょうか?
 
また、あなたの家庭ではお雑煮の味付けをどうしていますか?
よく関東と関西では味付けが違うと言われますが、お雑煮は地域によって違うのでしょうか?
 
 
そこで、お雑煮の由来、お雑煮の具材の意味、地域によるお雑煮の違いを紹介します!
 
 
 

お雑煮の由来とは?なぜ正月だけなの?

お正月に食べるお雑煮の由来を知っていますか?
なぜお正月だけなのでしょうか?
 
ed743740c8e27cb517292a93841abb0f_s
 
 
お雑煮は、歳神様にお供えしたお餅や食べ物を、歳神様からのお下がりとして食べたのが始まりです。
 
お雑煮は室町時代から食べられていると言われます。
お餅は、農耕民族である日本人にとって、特別な日や祝いの席など「ハレの日」に食べる特別なものでした。
 
歳神様にお供えしたお餅や、里芋や人参、大根などの食べ物をその年の最初に井戸や川から汲んだ水「若水(わかみず)」と、新年の最初に焚いた火で煮込み、元旦に食べたのがお雑煮の始まりです。
 
昔はお雑煮の事を「煮雑ぜ(にまぜ)」と言いました。
様々な具材を合わせた事が、「お雑煮」の語源とされています。
 
d475ecf6c7cd77e77b4d5f77e11a7f14_s
 
新年を迎えるにあたり、年末に餅をつき、産物と一緒に歳神様にお供えをします。
昔は、歳神様にお供えしたお餅や産物を家族で分け合って食べることで、神様からの恩恵を受け、その年の豊作や繁栄が得られると考えられていました。
 
お正月だけお雑煮を食べる理由は、お供えした餅や産物を歳神様のおさがりとして元旦に頂くからです。
神様からの力を貰い1年間元気に過ごせるようにという願いが込められています。
 
 
 
スポンサーリンク



お雑煮の具にはどんな意味があるの?

お餅以外にどんな具材を入れますか?
お雑煮の具材にも意味が込められています
 
 

お餅の意味

まずは、お餅の意味を紹介します!
 
お餅には、神様からの恩恵を受けるという意味の他に、「よくのびる」事から「長く生きる=長寿」という意味が込められています。
 
 
ところで、お雑煮のお餅、あなたの家では丸餅?角餅?どちらですか?
 
大きく分けると、西日本が丸餅、東日本が角餅になります。
岐阜や滋賀、三重県あたりの地域は丸餅と角餅どちらもあるようです。
 
なぜ同じ日本でお餅の形が違うのでしょうか?
 
00358b9a7ebf9ac7741a49b96dd4d1d6_s
 
関西で丸餅が多いのは「角がなく円満」という縁起を担いでいるためだと言われています。
 
一方、関東は人口が集中した江戸時代以降、一度にたくさんのお餅を必要としました。
そのため、手で丸めて丸餅を作るより、餅を伸して(のして)切り、一度に大量の角餅を作ったと言われています。
 
餅をのばす事を「のす」とも言います。
のし餅は「敵をのす」という意味の縁起物とされています。
 
69b9a6a4c3d8d1d9c92e6ff1dd5d8125_s
 

その他の具材

次に、餅以外の具材について見ていきましょう。
 
 

小松菜やほうれん草、水菜など菜類

「名(菜)を持ち(餅)上げる」という縁起が担がれています。
 
 

頭芋(かしらいも)

京都などの地域ではお雑煮に頭芋を入れるようです。
「人の頭(かしら)になるように」という願いが込められています。
 
 

雑煮大根

普通の大根より小さいサイズの大根で、関西では欠かせない食材です。
大根を丸く切って入れます。
「角が立たず円満に過ごせるように」という意味が込められています。
 
 

金時人参

普通の人参より色が赤く鮮やかです。
赤色には魔除けの意味があります。
 
 
他にも、その土地の産物を入れることにより、歳神様に今年一年の豊作(豊漁)の願いを込めます。
 
 
 

地域によるお雑煮の違いは?

うどんのつゆなども関東と関西では違いますよね。
お雑煮も地域によって違いはあるのでしょうか?
 
88037d4e7bff9366b709b2e757319e33_s
 

関東風・関西風

お雑煮は大きく分けると「関東風」と「関西風」に分ける事が出来ます。
これらの違いは、地域の違いではなく、「江戸文化」「京都文化」どちらの文化の影響を強く受けたかが大きいようです。
 
まずは、「関東風」と「関西風」の違いを見ていきましょう。
 

関東風

○地域
関東、中国、九州地方に多いです。
 
○お餅
角餅を焼いてお雑煮に入れます。
 
○具材
鶏肉、大根、ニンジン、小松菜、かまぼこ、水菜などが使われます。
 
○味付け
醬油仕立てのすまし汁です。
 
 

関西風

93f9ee8a93cdde1e69042bb7d2a47f59_s
 
○地域
京都が中心になります。
 
○お餅
丸餅を焼かずにお雑煮に入れて煮込みます。
 
○具材
里芋、大根、人参などが使われます。
 
○味付け
白味噌を使用した味噌仕立てです。
 
 

各地のお雑煮

次に、各地の代表的なお雑煮を紹介します。
関東風、関西風だけではなく、 日本各地で独自のお雑煮があります。
 
7a1a13407e9800d6b820d541fd0cafe8_s
 
例えば何で出汁をとるのか、県によって違います。
 

出汁

○群馬県・・鶏出し汁
○新潟県・・じゃこ出し汁
○石川県・・煮干し、スルメイカ出し汁
○秋田県・・ふぐ、アジの出し汁
 
出汁の取り方も各県で違うのですね。
次に珍しいお雑煮を紹介していきます。
 
 

珍しいお雑煮

○岩手県
醬油仕立ての汁に焼いた角餅を入れます。
お雑煮に入っているお餅は、砂糖や醤油で味付けした「くるみだれ」を付けて食べます。
 
○香川県
白味噌仕立ての汁に、あん入り餅を入れたお雑煮です。
 
○徳島県
いりこで出汁を取り、醤油仕立ての汁です。
具は豆腐二丁と里芋のみ、お餅のない質素なお雑煮です。
 
○奈良県
白味噌仕立てで、四角に切った豆腐・こんにゃく、輪切りにした野菜と丸餅が入ったお雑煮です。
お雑煮に入っているお餅はきな粉をつけて食べます。
黄色のきな粉には、豊作の願いが込められています。
 
○沖縄県
お雑煮という物はなく、代わりに豚の内臓を煮た「中身汁」を食べるようです。
 
 
また、出雲地方や能登半島の一部では小豆汁のお雑煮を食べるところもあります。
 
 
 

まとめ

お正月にお雑煮を食べるのは、歳神様の力を分けてもらい元気に過ごせるようにという願いが込められていたからなんですね。
 
また、お雑煮に入れる具材もそれぞれ意味が込められています
地域によって違いますが、大根や人参、水菜類が入れられるのではないでしょうか。
その土地の産物を入れる所もあるようです。
 
全国色々なお雑煮がありますね。
記事を書いていて、他の県のお雑煮が食べてみたくなりました。
来年のお正月は、普段と違うお雑煮を作ってみるのもいいかもしれませんね。