Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

お餅を焼くなら電子レンジがおすすめ!冷凍餅の焼き方は?

 
お餅を焼きたい!
 
電子レンジにお餅のボタンがあるけど、ちゃんと焼けるのかな?
 
 

スポンサーリンク

 
 
お正月前になると、親戚や祖父母宅からお餅をついたからと頂く事ありませんか?
最近では店頭にも並んでいますよね。
 
お雑煮やお汁粉はもちろん、焼いても美味しいお餅!
きな粉や砂糖醬油につけて食べると美味しくて止まりません!
 
でも、お餅をトースターで焼くと、くっついて片付けが大変だった経験ありませんか?
簡単に焼ける方法があればと思っていたら・・・。
電子レンジに「餅」のボタンを発見!
 
電子レンジでお餅が焼けるのかな?と不安に思っているあなた!
電子レンジでも美味しくお餅が焼けますよ!
しかも常温のお餅だけでなく、電子レンジなら冷凍餅も焼けます。
 
 
そこで、餅を焼くのに電子レンジがおすすな理由、電子レンジでのお餅の焼き方を紹介します!
また、お餅をフライパンで焼く方法も合わせて紹介しますね。
 
 
 

餅を焼くのに電子レンジがおすすめな理由

あなたはお餅を食べる時、どうやって焼いていますか?
 
323201
 
 
多くの方が、トースターでお餅を焼いていると思います。
 
でも、トースターで焼いていると網目にお餅がくっつきませんか?
お餅を取り除くのに一苦労で、食べる頃にはお餅は原型をとどめていません
 
 
そこでおすすめなのが、電子レンジを使用してお餅を焼く方法です。
 
2a59a0204024c73f07400ffbff8168c4_s
 
 
電子レンジで焼く(加熱する)と、柔らかいつきたてのお餅のようになります。
残念ながらトースターで焼いたような焦げ目はつきませんが、トースターの網目にお餅がくっつく事はありませんので、片付けの手間も省けます
 
電子レンジで焼くのがおすすめな理由は、柔らかいつきたてのお餅のようになる事と、片付けの手間が省けるという事です!
 
 
 
スポンサーリンク



電子レンジでの餅の焼き方

では、次は電子レンジでのお餅の焼き方について紹介します。
 
持ちノーマル
 
 

餅(常温)の焼き方

お皿やラップにお餅がくっついてしまった!柔らかくなりすぎてベチョっとなってしまった!
お餅を電子レンジで焼いた事ある方は、こんな経験ないですか?
 
 
電子レンジでお餅を焼くときのポイントは容器と水です。
 
容器は深めのものを用意しましょう。
これはお餅が膨らんだ際、容器にかけたラップに餅がくっつくのを防ぐためです。
また、餅にまんべんなく熱が行きわたるように容器の底は平らなものを選んでください。
 
お餅1個あたり小さじ1/2程度の水を容器に入れ、餅の表面を水で濡らしましょう。
その後、ラップをふんわりとかけ、レンジで温めます。
 
 
お餅は1個ずつまたは、一人分ずつに分けて温めるのが重要です。
まとめて電子レンジで温めると、くっついてしまい取り分けるのに苦労しますよ。
 
036487
 
加熱する時間は目安として、餅1個の場合500Wの電子レンジで約1分程です。
 
50秒~1分程加熱し、その後は様子を見ながら10秒ずつこまめに追加で加熱しましょう。
出来上がったら熱いうちにお皿から取り出し、好みの味付けをして食べてください。
 
 
電子レンジでお餅を加熱する際、こちらの商品を使うと便利ですよ。
 

 

 

 
 

冷凍餅の焼き方

たくさんのお餅を一度に貰った時は、冷凍して保存することもありますよね。
冷凍餅を電子レンジで焼く場合はどうすればいいのでしょうか?
 
 
冷凍餅を電子レンジで焼く際は、水をたっぷり入れた容器に入れ2分ほど温めます
水の量は、お餅がかぶる程度です。
 
冷凍餅をそのまま温めると、水分が抜けて固くなってしまいます。
加熱する時間の目安は、お餅1個の場合500Wの電子レンジで約3分程です。
 
こちらも3分程加熱した後は、様子を見ながら追加加熱をこまめにしていきましょう。
 
 
 

フライパンで餅を焼くには?

柔らかいつきたてのお餅もいいけど、焦げ目がついたお餅も食べたいな!
そんなときはフライパンでお餅を焼いてみましょう
 
3681a614638964e7e32315bf113a8023_s
 
 
テフロン加工のフライパンなら、くっつく心配はありません。
しかし普通のフライパンなら焼いている途中で焦げたり、くっつくかもしれません。
 
その時は、クッキングシートを敷いて焼くと焦げ付いたりくっつく心配がいりませんよ。
 

 

 

 

お餅(常温)の焼き方

フライパンは温めずに冷たい状態のままお餅を並べ、弱火にかけます。
 
蓋はアリ・ナシどちらでも大丈夫です。
蓋をした方が焼く時間が短くて済みますので、早く食べたい時は蓋をした方がいいかもしれませんね。
 
焼き目がついたらひっくり返します。餅がふっくらと焼きあがったらOKです。
お餅を柔らかくしたい時やちょっと乾燥して固くなったお餅を焼く場合は、濡らしたキッチンペーパーをフライパンの中央に置き、蓋をして焼きましょう。
 
キッチンペーパーが水分を補ってくれます。
キッチンペーパーが乾いたら水を足しましょう
 
Print
 
 

冷凍餅の焼き方

冷凍餅をフライパンで焼く場合は、食べる1時間前に冷凍庫から出し、室温で自然解凍するのが望ましいです。
 
冷凍していると、それだけで水分が多い状態です。
無理して一気に溶かそうとすると、沢山の水分が出てしまい、焼いた後固くなり美味しくありません。
 
解凍後は、上記の方法で弱火でゆっくり焼いてくださいね。
 
 
 

まとめ

トースターで焼くとお餅がくっつくき、片付けが大変になります。
それだけでお餅を焼くのが億劫になってしまうことも・・・。
 
そんな時は電子レンジで焼いてみましょう!
柔らかいつきたてのようなお餅を食べる事が出来ますよ。
普通のお餅も冷凍餅も電子レンジで焼く事が出来ますが、温めすぎには注意しましょう。
加熱時間は目安ですので、お餅の様子を見ながら追加加熱してくださいね!
 
フライパンで焼く際は弱火でゆっくりと!
焦げ付くのが気になる方は、クッキングシートを利用するといいかもしれませんね。
美味しいお餅ですが、食べすぎには注意しましょう!