Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

初詣はいつまで?お寺と神社どっちに行くべき?作法は違うの?

 
今年は、元旦に初詣に行けなかった!
 
初詣っていつまでに行けばいいの?
 
 

スポンサーリンク

 
 
仕事や旅行など、元旦に初詣に行けない時ってありますよね。
 
初詣って元旦に行かないといけないのでしょうか?
元旦に行けなかった時、いつまでなら初詣に行っても大丈夫なの?
 
そもそも何で初詣するのだろう?
 
あなたは初詣のとき、神社に行きますか?それともお寺に行きますか?
どっちに行くべきなのでしょうか?
 
 
そこで、初詣の由来や起源、初詣はいつまでに行くべきか、お寺と神社どっちに行くべきか、作法の違いを紹介します!
 
 
 

初詣の由来や起源は?

まずは初詣の由来や起源について見ていきましょう。
 
c2ad1b4451e6ee47f1e2a0b96ca4f28b_s
 
 
初詣とは、年が明けて初めて神社やお寺に参拝し新しい年の無事と平安などを祈願する行事の事です。
初参(はつまいり)とも呼ばれています。
 
 
古来の日本には「年籠り(としこもり)」という風習がありました。
家長(一家の長)が、新年を平安に暮らすために、大晦日の夜から元旦の朝にかけて、氏神の社に籠り祈願しました。
※氏神の社とは、現在でいう神社にあたります
 
その後、年籠りは大晦日の夜の「除夜詣」と元旦の朝の「元旦詣」に分かれました。
そのうちの元旦詣が現在の初詣の起源になりました。
 
f680d81b2f8640832c2e8f3b3fcd426c_s
 
江戸時代末期までの元旦詣は、その年の恵方にある神社やお寺に参拝し幸福を祈願する「恵方詣り」というものでした。
明治時代に入ると恵方詣りの風習は薄れていき、有名神社など好きな所にお参りに行くようになりました。
 
 
恵方詣りの風習が薄れていったのは、鉄道の発達に関係していると言われています。
 
それまで、歩いて行ける身近な神社やお寺などで恵方詣りを行っていました。
しかし、明治時代に鉄道が開通すると、郊外にある有名な神社やお寺を訪れる事が出来るようになりました。
 
493134
鉄道の発達に伴い、「恵方にある神社やお寺に参拝する」という形が次第に崩れていき、好きな所にお詣りに行くようになりました。
 
これが現在の初詣のスタイルの由来となっています。
 
 
 
スポンサーリンク



初詣はいつまでに行くべき?

ところで、初詣はいつまでに行くべきなのでしょうか?
 
8c955efbcfabc669cb2f29fdb1a321e0_s
 
初詣は、上記にも書いたように元旦詣と言い元旦に参拝するものでした。
 
現在でも元旦に行く方が多いのではないかと思います。
元旦は無理でも、正月三が日の内には行っているという方も多いと思います。
 
 
でも、仕事や旅行などで正月三が日も行けないという方もいらっしゃると思います。
 
正月三が日を過ぎると、なんだか初詣に行きにくいなぁと思っているあなた!
初詣は、松の内に行くのが目安となっています。
 
松の内とは、門松やしめ縄などを飾っておく期間の事を言います。
一般的には1月7日までとなっています。
 
地域によっては、小正月(1月15日)や二十日正月(1月20日)までの所もあります。
あなたの地域の松の内を知らべてみて下さいね。
 
 
 
松の内に行くのが目安になっていますが、厳密な決まりではありません。
 
というより、初詣の参拝期間は決まっていないのです。
新しい年になり、初めてお詣りする事が「初詣」です。
行くのが遅くなっても、健康に過ごせるように神社やお寺にお詣りすると良いですよ。
 
 
 

お寺と神社どっちに行くべき?初詣の作法は違う?

さて、初詣はお寺と神社どちらに行くべきなのでしょうか?
 
46a23831060ba2083cc9c15021e380ad_s  

お寺と神社の違い

まずは、お寺と神社の違いから紹介していきます。
 

神社

日本由来の神様を祀っています。
 
・××神(天照大御神、天津国玉神など)
・××命(大国主命、天津久米命など)
・××尊(天常立尊など)
・人格神(明治天皇、徳川家康など)
 
 
○祈願、祈祷などを行う神道を信仰しています。
○鳥居があります。
○祈願の時、「二礼二拍手一礼」を行います。
 
 

お寺

028dee96560adc796b13fe132ef78700_s
 
○外国由来の神様である仏様を祀っています。
 
・××如来(釈迦如来、阿弥陀如来など)
・××菩薩(観音菩薩、地蔵菩薩など)
・××明王(不動明王、降三世明王など)
・××天(毘沙門天、大黒天など)
 
 
○生きている意味やありがたさ、感謝などを説く仏教を信仰しています。
○仏像があります。
○祈願の時、静かに手を合わせる合掌を行います。
 
 

初詣はどっちに行くべき?

初詣は、神社とお寺どちらに行くべきでしょうか?
 
初詣  
どちらでもOKです!
というのも明治時代以前は、神道・仏教、祖霊信仰などが一体化した神仏習合(神様と仏様や霊が混在している)による信仰が一般的でした。
 
明治時代初期に神仏分離が行われ、神道・仏教が明確に分けられましたが、神仏習合時代の習慣はいくつも残っており、初詣もその一つです。
 
ですから、あなたが行きたい方に行けばOKです。
また、参拝には回数による制約もないので、多数の寺社仏閣に行くのもいいですよ。
 
 
初詣の祈願の作法は、神社では「二礼二拍手一礼」、お寺では「合掌」を行いましょう。
 
 
 

まとめ

昔は年籠りと言い、大晦日の夜から元旦の朝にかけて、氏神の社に籠り祈願していました。
その後年籠りは、大晦日の夜の「除夜詣」と元旦の朝の「元旦詣」に分かれました。
元旦詣が現在の初詣の起源となっています。
 
初詣は、松の内に行くのが目安ですが、決まりはありません。
年が明けて初めて行くお詣りが、初詣です。
あなたが都合の良い時に行かれるといいですよ。
 
また、初詣は神社とお寺どちらに行っても大丈夫です。
神仏習合時代の習慣はいくつも残っており、初詣もその一つですから、どちらに行かれてもいいですよ。
 
初詣は、ご自分の行ける時に、行きたいお寺や神社に行かれて下さいね。