Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?遅れてしまったときは?



 
年賀状をまだ書いてない!早く書かないと!
 
いつまでに出せば元旦に届くのかな?
 
 

スポンサーリンク

 
 
何かと忙しい年末。12月になると、あっという間に時間が過ぎてしまいますよね。
 
まだ年賀状の準備をしていない!
年賀状の準備をまだしていない時は焦ってしまいます。
 
いつまでに年賀状を出せば元旦に届けてくれるのかな?
あまり日もないし、具体的な日付が知りたい!
 
もし元旦に間に合わなかった時は、いつまでに届けば失礼にならないのかな?
お正月を過ぎて、あまりにも遅すぎるのも失礼だよね・・・。
 
それでも遅れてしまいそうなときは、どうすべき?
何も挨拶しないのは、それはそれでまた失礼になりそうだし・・・
 
 
そこで、年賀状はいつまでに出せば元旦に届くのか、いつまでに届けば失礼にならないのか、年賀状を出すのが遅くなってしまったときの対処方法を詳しく紹介します!
 
 
 

年賀状はいつまでに出せば元旦に届くの?

年賀状はいつまでに出せばいいのでしょうか?
 
c1f3a4e387738d30f73a469a9ca4cccd_s
 
確実に元旦に届くようにするには、毎年12月25日が期限になっています。
 
クリスマスの日ですね。
25日のポスト回収時間までに投函するか、郵便局へ持参しましょう。
 
 
ただ、郵便局の職員の方たちも頑張ってくれています。
26日から28日に投函された分でも、出来るだけ元旦に届くようにしてくれます。
同じ市内など届け先が近い場合は、25日を過ぎてから投函しても元旦に届く可能性もあります。
 
しかし必ず元旦に届くようにするなら、12月25日までにきちんと投函してくださいね。
 
 
 
スポンサーリンク


いつまでに届けば失礼にならない?

年賀状はいつまでに届けば失礼にならないのでしょうか?
 
6af0fce0d1754b99d17987901b3bd32b_s
 
 
年賀状は松の内が終わる1月7日までに届くように送りましょう。
1月8日以降に年賀状を投函すると消印が押されることになります。
 
本来、年賀状には消印は押されません
年賀状を消印付きで送ると、大変失礼になります。
特に会社の上司や取引先などには、消印の付いた年賀状が届かないように注意してください。
 
296648
 
慌ただしい年末、バタバタして年賀状を出すのが遅れそうだなと思った時は、12月25日までに上司や取引先の方への年賀状だけでも先に出すようにしたらいいかもしれませんね。
 
 
 

年賀状を出すのが遅れてしまった時はどうしたらいい?

とうとう年賀状を出すのが遅れてしまった。
年賀状を出すのが遅れてしまった時はどうしたらいいのでしょうか?
 
329224
 
 
相手に届くのが、松の内(1月7日)を過ぎてしまう場合は、年賀状は送らずに寒中見舞いを出します。
 
寒中見舞いを出す時期は、松の内を過ぎた1月8日から立春の2月4日までです。
年賀状が余っていても、寒中見舞いは普通のハガキを使用してください。
 
郵便局に行くと、寒中見舞い用のハガキが売られています。
そちらを利用するのも良いですよ。
雪だるまや椿の絵など冬の風物詩を取り入れたデザインのハガキにしましょう。
 
 
年賀状のハガキで寒中見舞いを送ると、年賀ハガキの余りを処分する為に送っていると思われることになります。
相手の方にとても失礼になりますよ
 
077764
 
また、年賀状を遅れて出す場合は一言お詫びを添えるのがマナーですよ。
 
・ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。
・ご挨拶が遅くなりましたこと、深くお詫び申し上げます。
 
など、一言添えるようにしましょう。
 
 
さらに遅れて出す年賀状には「元旦」という言葉を入れてはいけません。
元旦は1月1日をさす言葉です。
元旦に届かない年賀状には使わないようにしましょう。
 
 

寒中見舞いの文例

寒中見舞いの例文を紹介しますね。
 
329077
 
寒中お見舞い申し上げます。
皆様におかれましては、お健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。
年頭にはご丁寧な年賀状を頂きありがとうございました。
 
ご挨拶が遅くなり申し訳ございません。
今年の寒さはことのほか厳しいようですので、
どうぞお風邪など召されぬようくれぐれもご自愛ください。
 
                   平成○○年 1月
 
 
 

まとめ

年賀状は12月25日までに出すようにしましょう。
26日~28日分でも元旦に届くようにしてくれるようですが、確実ではありません。
 
また、年賀状は1月7日までに届けば失礼にはなりません。
1月8日以降は年賀状にも消印が押され、相手にとても失礼になるので注意してください。
 
1月7日までに届かない場合は、寒中見舞いとして送ります。
その際は、年賀状が遅れてしまったお詫びの一言を添えるようにしましょう。
 
忙しい12月ですが、25日までには年賀状を書き終えるように頑張りましょう!