Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

バレンタインデーの由来や意味!海外ではどんなイベント?



 
海外ではバレンタインデーをどう過ごしているんだろう?
 
バレンタインデーの本当の意味が知りたい!
 
 

スポンサーリンク

 
 
バレンタインデーが近づくと、男の子も女の子もソワソワしませんか?
日本では、女の子がチョコを贈る習慣がありますよね。
 
でも、この女性から男性にチョコをあげる習慣は日本だけって聞いたことないですか?
 
えっ!日本だけなの?
じゃあ、海外のバレンタインデーはどんなイベントなのかな?
 
そもそもバレンタインデーの由来や意味を知っていますか?
私は、チョコを贈る日だと思っていました・・・。
 
 
そこで、バレンタインデーを前にバレンタインデーの由来や意味世界のバレンタインデーについて一緒に勉強していきましょう!
 
 
 

バレンタインデーの由来・発祥は?どんな意味があるの?

まずはバレンタインデーの由来から見ていきましょう。
 
fd9c4e84d5ee6017bb4df9d94af12e70_s
 
 
時代は3世紀。バレンタインデーはローマ帝国が発祥とされています。
バレンタインデーの「バレンタイン」とは、ローマ帝国時代のキリスト教司祭であった人の名前です。
 
 
当時のローマ皇帝により、若者は結婚することを禁じられていました
 
兵隊となり戦争に出向く彼らが、国のために命を捧げられるようにとの考えからです。
愛する家族や守るべき家庭があると、戦場で戦い抜く意思が揺るぐと考えていました。
 
 
キリスト教司祭のバレンタインは、そんな若者たちを哀れに思い、密かに結婚させていました
皇帝はそんなバレンタインを許さず、バレンタインは処刑されました。
 
このバレンタインが処刑されたのが、2月14日です。
 
35f2258d0b0bb36b5874b1e1cd335559_s
 
 
そして時は流れ、200年後のローマでは、2月14日に独身の男女がクジ引きで付き合う人を決めるというお祭りが行われるようになりました。
 
風紀の乱れを懸念したキリスト教は、このお祭りを廃止して、キリスト教の殉教者を祀るお祭りにすることを定めました。
そこで選ばれたのが、200年前若者たちのために命を落とした、あのバレンタインでした。
 
 
これを機に2月14日は「愛の日」としてキリスト教の祝日となりました。
それ以降キリスト教で2月14日は、恋人たちがギフトやカードを贈り合う日として定着しました。
 
 
 
スポンサーリンク


チョコをあげる習慣は日本だけ?

バレンタインデーといえばチョコですよね。
チョコをあげる習慣は日本だけだと聞いたことがないですか?
 
a99209865069145b03e8fb91164f3be0_s
 
西ヨーロッパなどでは、バレンタインの時期は小鳥たちの恋の季節が始まると言われています。
そのため、恋人同士でハートの形をしたプレゼントやキューピットの絵を描いたラブレターなどを贈る習慣があるようです。
 
このようにバレンタインデーの贈り物はチョコレートに限りません。
 
チョコレートを贈る習慣は、19世紀後半のイギリスで始まりました。
1868年に、キャドバリー社が綺麗な絵のついた贈答用のチョコレートボックスを発売したのが始まりです。
バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は、その後他の地域にも伝わりました
 
 
ちなみに日本では、1958年頃からモロゾフ製菓、メリーチョコレートカンパニー、森永製菓などのチョコレート製造メーカーや、伊勢丹、松坂屋、西武百貨店などのデパート業界がチョコレート販売戦略を揚げた結果、徐々に流行し始めました。
 
b7b59809c3b659d21448eb423daa9b03_s
 
「愛の日」であるバレンタインデーは、当初日本では「夫婦の日」であり、チョコレートを添えてメッセージを贈る日とされていました。
 
しかし、1970年代ごろになると「女子が男子にバレンタインデーにチョコレートを贈る」という習慣が、小学校高学年~高校生の間に広まりました。
1980年代には「義理チョコ」と「ホワイトデー」が登場しています。
 
 
 

世界のバレンタインデー

日本ではチョコレートを贈りますよね。
世界のバレンタインデーではどんな贈り物をしているのでしょうか?
 
0cd1093a851c8180ddf642c04fc7b2c5_s
 

ヨーロッパ

男性から女性へ、女性から男性へ、お互いにプレゼントを贈ります
プレゼントはチョコレートに限らず、花やケーキ、カードなど多種多様な贈り物がされているようです。
 
 

北欧

男性から女性にプレゼントを贈る傾向が強いです。
 
チョコレートも贈りますが、花とカードが定番のようです。
高額なジュエリーを贈ることもあります。
 
恋人同士や夫婦、家族などが贈り合います。
「感謝」の意味合いが強いようです。
 
 

韓国

日本の影響からか、女性から男性へチョコレートを贈ることが多いです。
日本以上の熱狂ぶりで、バレンタインデーの2週間ほど前から雑貨屋やパン屋などが、チョコレート屋に変身します
 
811f5e2bea79cf93588e33f67ce36abc_s
 

台湾・ベトナム

日本の影響で、チョコレートを贈る習わしです。
ただし、チョコレートを贈るのは男性からです。
 
日本ほどの盛り上がりはないようです。
 
 

タイ

男性から女性にバラの花束を贈ります。
バレンタインデーに合わせて入籍する人も多いです。
 
90e3aa241da298d778f83d19ae0aea3a_s
 

中国

男性から女性に贈り物をします。
北京や上海、香港など都市部などに広がっています。
 
チョコレートも渡しますが、どちらかというと「バラと食事とプレゼント」と言ったセットが多いようです。
 
 

インド

ヒンズー教を信仰している人が多く、バレンタインを祝うことは全面的に禁止されています
もともとインドでは、男女間の愛を人前で露わにするというのは好まれていません。
 
ただ、若いカップルの間ではイベントを楽しんでいる人たちもいます。
男性が女性にチョコや花を贈り、ディナーに誘ったりするようです。
 
 

アメリカ

男性から女性にプレゼントを贈ります。
花やカードが定番のようです。
 
アメリカではバレンタインデーは告白のチャンスと言われています。
 
 
 

まとめ

バレンタインデーの由来はローマ帝国時代まで遡るんですね。
若者たちのために、密かに結婚をさせていたキリスト教司祭バレンタインが処刑された日というのは初めて知りました。
 
バレンタインデーにチョコレートを贈るのは日本だけかと思っていましたが、海外でも贈るようですね。
チョコ以外にも、花束やカード、ジュエリー、食事に行くなど様々です。
 
海外のバレンタインデーもそれぞれの地域性がありますね。
こうしてみると、バレンタインデーもその国々で違いがあり面白いですね。