Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

節分いわしの由来・意味は?地域によって違う?いつ飾るの?



 
節分には豆まきだけでなく、いわしを食べる地域もあるらしい。
 
なんで節分にいわしなの?
 
 

スポンサーリンク

 
 
節分にはいわしを食べたり、飾る風習があります。
節分いわしや、ヒイラギいわしと呼んだりもします。
 
ただ、私の住んでいる地域では行いません。
関東の方でもいわしを食べたり、飾ったりしないらしい。
 
節分いわしは地域限定なのでしょうか?
どの地域で行っているのか気になりますよね。
 
また、節分いわしの由来や意味も知りたくないですか?
 
いわしを飾る場合は、いつ頃飾るのでしょうか?
飾り終わったいわしはどうやって処分すればいいの?
 
 
そこで、節分いわしの由来や意味、節分いわしを飾る地域、ヒイラギいわしを飾る時期や処分方法を紹介します!
 
 
 

節分いわしの由来・意味は?

節分いわしの由来や意味を見ていきましょう。
 
cca4c464005d83aef3164569f6bf5418_s
 
節分いわしとは何?と思う方も多いかと思います。
 
節分いわしは、邪気を払うためにいわしの頭を門口にさしたものです。
主に西日本でいわしを食べる習慣があります。
 
 
節分いわしを詳しく見ていきましょう。
 

節分いわしを飾る由来・意味

053003
 
鰯(いわし)の頭を柊(ヒイラギ)に刺して戸口などに下げて邪気を祓います。
鰯を焼く時の煙で、鰯臭くなった家には鰯の臭いが嫌いな鬼もよりつかなくなり、また悪い霊が迷いこむのを防ぐという意味があります。
 
 
でも、なぜ柊に刺すのでしょうか?
 
それは、柊のトゲが鬼の目にささり、家に入れないようにするためです。
また、鰯の頭を焼くのは、臭いが強くなるからだそうです。
 
昔から「臭いもの」や「尖ったもの」には魔除けの効果があるとされており、祭事などに用いられる風習がありました。
 
3aaef4fbd53719e53734e5b10d34de21_s
 

節分いわしを食べる由来・意味

節分の日に食べるものは、地域により違います。
節分にいわしを食べるのは主に西日本の習慣です。
 
他には、関東地方はけんちん汁、四国地方はこんにゃくなどを食べるそうです。
なかには「節分蕎麦」を食べるところもあります。
 
 
いわしの語源は「弱し(よわし)」「卑し(いやし)」です。
 
いわしは「鰯」と漢字で書きますよね。
さらに、鰯には独特の「臭い」があります。
 
弱くていやしく、臭いのあるいわしを食べるのは「邪気を祓う」という意味があるのです。
 
 
 
スポンサーリンク



節分いわしを飾る地域は?

節分いわしを飾る地域はどこなのでしょうか?
 
 
関東では馴染の薄い節分いわし。
 
節分いわしを飾る主な地域、京都・大阪・奈良・愛知・静岡・岐阜・栃木・広島・岡山・福島・青森などです。
ただ、最近は節分いわしを飾る家も少なくなってきているようです。
 
 
 

ヒイラギいわしの飾り方は?いつからいつまで飾るの?

では、ヒイラギいわしの飾り方について見ていきましょう。
 
cf054c3e541730acabdc869e0a21dca1_s
 
 
節分いわしは玄関や軒先に飾るのが一般的です。
これは、鬼が家の中に入ってこないようにするためです。
 
また、節分(2月3日)から立春(2月4日)まで飾るのが一般的とされています。
地域によっては、小正月(1月15日)から、節分(2月3日)までの場合もあります。
 
 
飾り終わった節分いわしは、紙で包み塩で清めて処分しましょう。
または、神社のどんど焼きに持って行き処分します。
 
 
 

まとめ

節分いわしには、鬼が家に入ってこないようにするための魔除けの意味があるようです。
また、臭いが強いものを食べることで、身体の邪気を祓う意味もあります。
 
地域によっては飾らないところもあるので、見たことが無い人も多いかもしれませんね。
節分当日から翌日まで飾るのが一般的です。
 
地域によっては飾る期間も違いますから、お住いの地域の風習に従ってくださいね。
処分する時は、神社のどんど焼きに持って行くか、紙に包み塩で清めてから処分するようにしましょう。