Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

確定申告とは?年末調整との違い!必要な人・不要な人とは?



 
確定申告って年末調整と何が違うの?
 
サラリーマンでもやらないといけないのかな?
 
 

スポンサーリンク

 
 
確定申告。一度は耳にしたことありませんか?
聞いたことはあるけど、一体どんなものなの?
 
なんとなく税金に関することというのは知っているけど、年末調整とは何が違うんだろう?
 
個人事業主の人が確定申告を行っているイメージがありませんか?
サラリーマンやパート、アルバイトの人達も確定申告が必要なのでしょうか?
 
また、準確定申告というものもあります。
「準」と頭についていますが、確定申告と何が違うの?
 
 
そこで、確定申告と年末調整の違い、確定申告が必要な人・不要な人準確定申告について紹介します!
 
 
 

確定申告とは?年末調整とは何が違うの?

確定申告も年末調整も税金がらみだということは何となく分かるけど・・
確定申告と年末調整は何が違うんだろう?
 
 
年末調整も確定申告も、「1年間の所得税の精算」をするための制度です。
 
 

確定申告は所得税を後払いする

まずは、確定申告について説明していきます。
確定申告とは、1月1日~12月31日を課税期間として、その間の収入や支出を計算し、所得税額を確定・申告する手続きの事です。
 
もう少し簡単に言いますね。
確定申告は、前の年の1年間分の「払わなくてはいけない税金を正確に確定するため」に、前年度の収入などを税務署に申告する手続きのことです。
 
 

年末調整は先払いした所得税の精算手続き

一方、年末調整とは、事業主等(勤務先など)が、会社員や公務員などの給与所得者に対して、12月の最終支払日に所得税額の過不足を調整する仕組みの事を言います。
 
 
毎月の給与から所得税は引かれているのに、なぜ年末に調整する必要があるの?と思いますよね。
 
毎月、源泉徴収されている所得税額の合計が、本来納税する所得税と必ず同額になるとは限らないからです。
源泉所得税はおおよその金額であるため、年末に調整することで正しい所得税額を計算し、精算するのが「年末調整」です。
 
 
 
スポンサーリンク


確定申告が必要な人・不要な人

では、確定申告が必要な人・不要な人はどのような人でしょうか?
 
 
 

確定申告が必要な人

確定申告は、年間所得が38万円を超える場合に必要です。
 
ここで、所得とは、「収入―経費=所得」になります。
個人事業主の場合、所得が38万円を超える人がほとんどだと思いますので、必然的に確定申告が必要になります。
 
その他には・・・。
 
〇アパート経営などの不動産所得がある人
〇年金等の収入がある人
〇不動産やゴルフ会員権などの譲渡売買をして所得が発生した人
 
 
所得38万円以上であれば、サラリーマンも対象になりますよね。
しかし、サラリーマンの場合は、会社が年末調整を行ってくれるため確定申告する必要がありません
 
 
ただし、下記に当てはまる人は確定申告が必要になります。
 
〇給与収入が2000万円を超える場合。
〇不動産収入や配当収入、年金収入など、副収入がある場合で、その副収入の所得が年間20万円を超える場合。
〇2つ以上の会社より給与を受けている方
〇医療費控除・雑損控除を受ける場合
住宅ローン控除を初めて受ける場合(2年目以降は年末調整で可能)
〇年の途中で退職して、年末までに再就職しておらず、年末調整を受けられない場合。
 
 
また、アルバイトやパートの人も1年間の所得が103万円以下であれば、確定申告する必要は原則ありません。
しかし、103万円以上の所得がある場合には、アルバイトやパートでも確定申告の必要がある場合があります。
 
 

確定申告が不要な人

以下に当てはまる人は、確定申告が不要です。
 
〇会社員(年末調整で精算済みで、確定申告による控除等の必要がない人)
〇専業主婦など所得がない人
〇所得が少ない人(基礎控除のみで38万円以下)
〇年金収入額が400万円以下で、その他の所得金額が20万円以下の人
 
 
 

準確定申告って何?

確定申告と似た言葉で準確定申告というのもあります。
準確定申告とはなんでしょうか?
 
 
亡くなった人の代わりに、相続人が確定申告を行うことを「準確定申告」と言います。
 
人が死亡した場合、その故人は所得税の確定申告をすることが当然出来ません。
そこで、相続人が代わりに確定申告を行います。
 
 
準確定申告は、必ず申告する義務があるわけではありません
 
亡くなった方が、サラリーマンで一つの会社に勤めていたり、給与や公的年金以外に収入が無ければ、準確定申告の必要はありません。
しかし、亡くなった方が自営業であったり、不動産賃貸や株で利益がある場合などは、準確定申告が必要となってきます。
 
 
 

まとめ

確定申告について、紹介しました。
確定申告は所得税の後払い、年末調整は所得税の前払いの精算と覚えておきましょう。
税金の話は難しくなりますが、私たちが生活していく上で大切になってきます。
 
確定申告が必要な人は、主に個人事業主の方になります。
ただ、サラリーマンの方でも、副収入がある場合などは確定申告が必要です
専業主婦などや、所得が少ない人は確定申告の必要はありません。
 
準確定申告とは、亡くなった方の代わりに確定申告を行う事です。
 
税金を納めるのは、私たちの義務です。
確定申告が必要な方はきちんと行ってくださいね。