Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

木目込み雛人形とは?人気の作家は?おすすめはコレ!



 
ひな人形を購入しようと思っている。
 
木目込み雛人形が人気らしいけど、どれがおすすめなんだろう?
 
 

スポンサーリンク

 
 
 
女の子の成長を願って飾られるひな人形
最近は、木目込みひな人形が人気のようです。
 
木目込み雛人形の魅力は、その独特の表情です。
また、一般的な雛人形よりコンパクトなので、お手入れが簡単なのも人気のようです。
 
お手入れが簡単なのは、親として嬉しいですよね!
 
どんな木目込みひな人形が人気なのでしょうか?
おすすめの雛人形はどれ?
 
 
そこで、木目込み雛人形の歴史、どんな木目込み雛人形が人気なのかおすすめ木目込みひな人形を紹介します!
 
 
 

木目込み雛人形とは?

まずは、木目込み雛人形について説明しますね。
 
 
 
木目込み人形とは、桐塑(とうそ:桐の粉を混ぜて作った粘土)または木で作られた人形に、筋彫りを入れ、目打ちなどを使って布の端を押し込んで衣装を着ているように作った人形の事を言います。
 
筋彫りに布の端を押し込む動作を「木目込む(決め込む)」ということから、木目込み人形と呼ばれています。
その木目込み人形で作られたひな人形の事を、木目込み雛人形と言います。
 
 
そんな木目込み雛人形の歴史を紹介します。
 
1740年頃まで遡ります。
京都の上賀茂神社に仕えていた職人「高橋忠重」が祭事用の奉納箱を作った後、残った木片で木目込み雛人形を作ったのが、始まりとされています。
 
当初は、賀茂で作られたので「賀茂人形」や「賀茂用人形」とも呼ばれていました。
これが江戸に伝わり、「木目込みひな人形」として人気となりました。
 
 
次に、木目込み雛人形の長所と短所を見ていきましょう。
 
 

長所

・比較的小さいひな人形が多いので、飾り場所や収納スペースが気になりません。
・胴体が木製の為、衣装が型崩れせず長持ちします。
・持ち道具がひな人形に取り付いているので、飾り付けや片付けがラクです
・素朴さのあるひな人形です。
 
 

短所

・衣装にボリュームが無いため、豪華さに欠ける傾向があります。
・比較的小さいひな人形が多く、壮観に飾るには不向きです。
 
 
 
スポンサーリンク



どんな木目込み雛人形が人気なの?

どんな木目込み雛人形が人気なのでしょうか?
 
 
 

真多呂人形

木目込み人形の歴史は、上賀茂神社に仕えていた高橋忠重が作った人形が始まりです。
その上賀茂神社から、木目込み人形の伝統伝承者として認定を受けているのは、真多呂(たまろ)さんのみです。
 
「真多呂人形」は伝統に裏付けされた、由緒ある木目込みひな人形と言えます。
そんな、真多呂雛人形には、3つのタイプの顔があります。
 

幼顔タイプ

丸みのあるふっくらとした童顔の顔をしており、和やかでとても優しい雰囲気です。
 
 

少女顔タイプ

少女と大人の中間に位置する女性を思わせる顔で、気品のある若々しい雰囲気です。
 
 

大人顔タイプ

格調高い気品を持った平安時代のお姫様をイメージした顔で、凛とした真っすぐな表情をしています。
 
 

原孝洲

次に人気なのが、原孝洲さんの木目込みひな人形です。
 
父であり師である原米州のもとで修業を積み、無形文化財に指定された奥義「胡粉仕上げ」の技法を習得しました。
1986年に二世を襲名し、1998年雅号を原孝洲に改めています。
女流人形作家ならではの作風にこだわっています。
 
汚れのない赤ちゃんの顔を基本とし、柔らかい雰囲気を表現した胴体、華やかで明るい配色の衣装の木目込み雛人形です。
お顔の可愛らしさは、これまでの木目込み人形のイメージを覆すほどの仕上がりとなっています。
 
コンパクトで飾り場所をとらず、保管も便利ですよ。
 
 
 

おすすめ木目込みひな人形

では、人気の木目込み雛人形の中からおすすめの木目込みひな人形を紹介しますね。
 
 

真多呂作 ケース飾り 五人飾り

ガラスのケースに入っているので、ホコリなどの汚れが付きにくく場所を選ばずに飾ることができます
優しい雰囲気のある雛飾りです。
 
 
 

真多呂作 ケース飾り 立雛

こちらは立雛になります。
 
五人飾りと比べると、豪華さはありませんが、子供が大きくなった後もインテリアとして飾れるシンプルなお雛様です。
ケースを開けることが出来るので、お雛様が終わった後は、他の物を入れて飾ることもできますよ。
 
 
 

原孝洲作 若菜雛

可愛らしい雰囲気のあるひな人形です。
女性作家ならではの作品ですね。
 
コンパクトなので、収納場所に困りません。
 
 
 

原孝洲作 平飾り

桃の花とぼんぼりのシンプルな飾り付けですが、品のあるお雛さまです。
飾りが少ない分、片付けも簡単に出来ます。
 
 
 
 
 

まとめ

木目込み雛人形は長い歴史のあるお人形なのですね。
胴体に筋彫りを入れ、衣装の端を押し込み、衣装を着ているように作ります。
 
また、人気の作家さんを紹介しました。
どの作家さんもそれぞれ特徴がありますよね。
 
おすすめの木目込みひな人形もご紹介しました。
選ぶ際は、参考に選んでみてくださいね。