Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

爪を早く伸ばす方法おすすめ5選!伸びる速さはどれくらい?



 
深爪してしまった!
 
爪を早く伸ばす方法ってある?
 
 

スポンサーリンク

 
 
爪を深爪してしまった経験ありませんか?
 
ネイルをしたいのに、深爪では出来ませんよね。
深爪だと、地味に痛いし・・・
 
爪を早く伸ばす方法はないのでしょうか?
1日で爪はどれくらい伸びるのかな?
 
爪が伸びるまで待てないから、伸びるまでにせめて爪を長く見せたい!
 
 
そこで、爪が伸びる速さ、爪を早く伸ばす方法、爪を長く見せる方法を紹介します!
 
 
 

爪が伸びる速さは?

爪ってどのくらいの速さで伸びるのでしょうか?
 
 
 
一般的に爪が伸びる速さは、手の爪が1日で約0.1mm、足の爪が1日で約0.05~0.08mmと言われています。
 
手の爪なら約半年、足の爪なら約1年ほどで、今の爪がまるまる生え変わるようです。
ただし、年齢を重ねるにつれ爪の厚みが増し、伸びるスピードが遅くなります。
 
 
 
スポンサーリンク



爪を早く伸ばす方法おすすめ5選!

爪を早く伸ばしたい!
爪を早く伸ばすおすすめの方法を5つ紹介しますね。
 
 
 

キューティクルオイルを塗る

キューティクルオイルとは、健康的な爪を伸ばすために必要な栄養分を含んだネイル専用美容液のようなものです。
キューティクルオイルを爪の根元に塗りこむと、爪の健康的な成長を助ける働きをしてくれます。
 

 

 

 
 

マッサージを行う

 
毎日爪のマッサージを行うと、爪が伸びる速度が上がります
指先の血行が良くなることで、爪にもしっかり栄養素が行き届くようになるからです。
 
爪の根元あたりには、「爪母(そうぼ)」という爪を作る場所があります。
ここを、それぞれ約10秒間ほどギュッと押しましょう。
1日3セットが目安です。
 
 

洗剤や除光液を避ける

 
食器洗いの時に使用する洗剤は、爪の水分や油分を奪ってしまいます。
短期間で爪を伸ばしたいのなら、食器洗い時はゴム手袋を着用しましょう。
 
また、同じように爪の水分や油分を奪うため、除光液も爪にダメージを与えてしまいます。
爪を伸ばしている時は出来るだけマニキュアを避けましょう
 
 

タンパク質を十分に摂取する

爪の主成分はケラチンというタンパク質です。
普段の食生活でしっかりとタンパク質を摂取していないと、正常に爪を作る事が出来なくなります。
 
短期間で爪を伸ばすには、たっぷりと良質なタンパク質を摂取するようにしましょう。
肉・魚類・乳製品・卵・大豆製品などをバランスよく食べると効果的ですよ。
 
 

ビタミンB6を摂取する

 
ビタミンB6はケラチンの生成に関与している成分です。
短期間で爪を伸ばしたい時は、ビタミンB6を意識的に摂取しましょう。
 
ビタミンB6は、肉類・魚類全般に豊富に含まれています。
特に、たくさんのビタミンB6を含んでいる食品は、まぐろ・かつお・牛レバーなどです。
果実の中では比較的バナナがビタミンB6を豊富に含んでいる食品になります。
 
 
 

爪を長く見せる方法

爪が伸びるまでに時間がかかりますよね。
爪が伸びるまでに少しでも爪を長く見せる方法を紹介しますね。
 
 
 

ネイルのカラー

ネイルカラーの選び方によって爪や指を長く見せることが出来ます。
 
肌馴染みの良いピンクやベージュカラーなどのヌーディーカラーは、爪と指に一体感が出るので、爪を長く見せる効果が期待出来ます。
また、ダークな色よりも、膨張色の明るい色を選んだ方が爪長効果になります。
 
 
 

ネイルのデザイン

フレンチデザインの中でも、Vフレンチや斜めフレンチは縦長効果により、爪が長く見えます。
 
 
 
 

まとめ

爪が伸びる速さは、手の爪が1日で約0.1mm、足の爪が1日で約0.05~0.08mmです。
少しずつ伸びているのですね。
 
また、爪を早く伸ばす方法を紹介しました。
マッサージを行ったり、食生活を見直すといいかもしれませんね。
 
爪が伸びるまでの爪を長く見せたい時は、ネイルのカラーをピンクやベージュ系にしてみましょう。
またデザインも、Vフレンチや斜めフレンチにすると縦長効果によって爪が長く見えますよ。