Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

ストーカー女の対策方法!被害に遭わないための予防策とは?

 
男性のストーカー被害が増えているらしい。
 
ストーカー女にはどう対策したらいいの?
 
 

スポンサーリンク

 
 
ストーカー被害というと、女性が多く被害に遭っているように思いますよね。
 
しかし、最近では、男性がストーカー被害にあうケースが増えています。
男性の場合、なかなか相談する事が出来なくて一人で抱え込んでいる人が多いようです。
 
女性ストーカーの被害にあったら、どう対策すればいいのでしょうか?
できれば、ストーカー被害にあう前に予防したいですよね。
 
 
そこで、女ストーカーの特徴や心理、ストーカー女の対策方法、ストーカー被害に遭わないための予防策を紹介します!
 
 
 

女ストーカーの特徴・心理とは?

女ストーカーになりやすい人の特徴や心理を見ていきましょう。
 
 
 

特徴

 

恋人に依存しやすい

ストーカーになりやすい女性には、ある共通点があります。
 
それは、恋人に依存しやすいことです。
恋人になると、常に相手の行動や状態を把握したいがために、頻繁にメールや電話をします。
 
また、恋人に依存している女性は、自分の気持ちを重視してしまう傾向があります。
彼に夢中になればなるほど、他の女性に嫉妬してしまうのです。
 
男性に依存している、しつこく質問してくる女性は要注意です。
 
 

思い込みが激しい女性

 
思い込みが強い人、妄想癖がある人には注意しましょう。
重度の場合、付き合っていないのに「私たち付き合っているでしょ?」と勝手に話を進めてしまいます。
 
また、付き合っていたとしても、「子供は何人欲しい?」「結婚式はいつにする?」などと話をどんどん進めていきます。
思い込みが激しい=ストーカーというわけではありませんが、誰に言われたわけでもないのに、勝手に物事を進めていく女性は注意しておきましょう。
 
このような人は「私とあなたは結ばれる運命にあるのだ」と勝手に思い込み、執拗に追いかけてきます。
 
 

嫉妬や束縛が激しい

他の女性と少し仲良くしただけで、猛烈に気にする女性はストーカーになりやすいです。
 
あなたと付き合ってもいないのに、「彼に近づくな」など言い出したら危険なサインです。
嫉妬や束縛がダイレクトすぎる女性には注意しましょう。
 
 

恋愛経験が少ない・好きになると一直線

 
ストーカー女は、恋愛経験が少ない人が多いようです。
 
恋愛経験が少ないからこそ、男性にどのように接したらいいか分かりません。
そのせいで、彼をコッソリ陰から見るなどの行動を取ってしまいます。
 
また、このような人は彼が迷惑していても関係ありません
少しでも彼に近づこうと行動します。
 
恋愛経験が少なく、真面目な人ほどストーカーに女になりやすいです。
 
 

心理

 
 

男性に対する不信感

過去の恋愛で辛い経験をしたことで、男性へ強い不信感を抱くことがあります。
 
この不信感から、ケータイを勝手に見たり、今日何をしていたかしつこく聞いてくるなど、相手の行動を全て把握しておきたいという心理が働きます。
 
「監視」したいと言い換えることも出来ます。
 
 

依存心が強い

仕事で上手くいかないなど、何か不安な事があると男性に癒しを求める女性がいます。
依存度が非常に高いので、男性に冷たくされたりフラれたりすると、逆上してストーカーになるケースが多くあります。
 
 

自分に自信がない

 
自分に自信がない女性ほど、ストーカーになりやすいです。
自信がないからこそ、男性を縛り付けておきたいという心理が働きます。
 
ストーカーになる女性は、他人を批判することで、自分を守ろうと必死です。
自信がないからこそ外見にも気を使います。
 
そのため、ストーカーには一見魅力的な女性が多いのです。
 
 
 
スポンサーリンク



ストーカー女の対策方法

では、ストーカー女の対策方法を紹介します。
 
 
 

まともに相手にしない

ストーカー行為をしてくる女性に対して、怒りたくなったり説教したくなるのは分かります。
しかし、ストーカーをする女性は、構って欲しい人が多いので、むやみに相手にすると彼女たちの思うツボです。
 
それより、どれだけあなたの注意をひこうとしても無駄なんだと諦めさせることが大切です
 
思い込みが激しい女性の場合、「自分に興味があるから相手をしてくれるんだ」「本当は私の事好きなくせに、素直になれないんだ」と全て自分の都合のいいように解釈してしまいます。
ストーカー女というのは、論理的思考が欠如している事が多く、まともに話し合いをしても無意味になりがちです。
 
女性は論理を司る左脳よりも、感情を司る右脳の働きの影響を強く受けています。
そのため、論理的な話よりも感情的な話になりがちなのです。
 
 

証拠を残す

 
ストーカーにつきまとわれているなら、警察に協力して欲しいと思いますよね。
しかし、警察に相談するにあたり、自分がストーカー被害にあっているという有力な証拠が複数必要になります
 
相手とLINEをしているなら履歴を保存する、自宅の前に監視カメラを取り付けストーカーが徘徊している証拠を手に入れるなど、自分で出来る範囲の証拠を集めましょう
 
会話を録音したり、スマホの録画機能を利用するのも良いでしょう。
 
 
 

女ストーカーの被害に遭わないための予防策

対策はわかったとしても、できれば女ストーカーの被害にはあいたくないですよね。
ストーカーの被害に遭わない為の予防策を紹介します。
 
 
女ストーカーのターゲットになってしまう男性には、ある程度傾向があります
 
女性に対して分け隔てなく優しく接する男性や、「NO」と言えないタイプの男性です。
こういった異性に好かれやすいタイプの男性の言動は、女ストーカーのターゲットになりやすいです。
 
自分を客観的に見直し、ストーカー被害を受けそうなタイプだと思った時は、接触する女性に細心の注意を払いましょう。
特に、ストーカーになりやすい女性の特徴に当てはまる人には注意してください。
 
 
また、気軽に自分の家を教えないようにすることも、ストーカー被害の予防策となります。
付き合う前から家を教えてしまったら・・。
 
もしかしたら、家の前で待ち伏せされる可能性もあります。
 
 
 

まとめ

ストーカー女の特徴は、恋人に依存しやすかったり、思い込みが激しい女性などです。
嫉妬や束縛が激しい女性もストーカーになりやすいようです。
 
そんなストーカー女への対策方法は、まともに相手にしないことです。
むやみに相手にすると、彼女たちの思うツボになりますよ。
もしストーカーの被害に合われているなら、証拠を集めましょう。警察に相談する時も証拠があるとスムーズですよ。
 
ストーカーされやすい男性は、女性に分け隔てなく優しい人や「NO」と言えない男性が多いようです。
優しくするのは良いことです。しかし、その優しさのせいで女ストーカーの被害に合う可能性もあります。
 
「自分は女性に優しいな」と心当たりのある人は、女性と接触する時は細心の注意をしましょう。
また気軽に自宅などを教えるのも危険ですよ!