Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

フケに効くおすすめシャンプー5選!タイプ別の選び方も!

 
毎日シャンプーしているのに、フケが出る。
 
フケに効くシャンプーってないのかな?
 
 

スポンサーリンク

 
 
ちゃんと毎日シャンプーしているのに、フケが出てくる。
もしかして、今使っているシャンプーが合っていないのかな?
 
フケ対策に効果があるシャンプーを知りたい!
 
実は、フケには2つのタイプがあります。
フケのタイプによって効果的なシャンプーが変わってきます。
 
 
そこで、フケのタイプ、フケのタイプ別シャンプーの選び方、フケに効果があるおすすめシャンプーを紹介します!
 
 
 

フケのタイプとは?

フケには2種類のタイプがあるのをご存知ですか?
まずは、フケのタイプから見ていきましょう。
 
 
 

乾性フケ(パラパラタイプ)

乾燥したフケで、頭皮を掻くとパラパラと肩に落ちてくるタイプです。
 
気が付いたら、肩に細かいフケが落ちていたという事がありませんか?
それが、このパラパラタイプの最大の特徴です。
 
 
乾性フケの最大の原因は、頭皮の乾燥です。
頭皮が乾燥すると、頭皮状態が悪化し、フケを発生させるフケ原因菌を増殖させてしまいます。
その結果、パラパラと落ちる乾燥したフケが発生します。
 
健康な頭皮は適度な皮脂により水分の蒸発を防ぎ、外部の刺激(紫外線など)から頭皮を守ってくれています。
しかし、皮脂が不足すると、頭皮は水分を保つことが出来ず乾燥してしまいます。
 
乾燥した頭皮は、外部からの刺激に敏感になり、ちょっとしたきっかけでトラブルを起こす可能性があります。
フケだけでなく、痒みや抜け毛などの頭皮トラブルに発展することもあります。
 
 

脂性フケ(ベタベタタイプ)

 
しっとりとしたフケです。
パラパラタイプと違い、湿ったフケが発生します。
 
この湿ったフケは、頭皮に溜まった角質細胞(垢のようなもの)に皮脂が混ざり合ったものです。
脂性フケは痒みを伴う事が多く、つい搔きむしってしまうこともあります。
爪にフケが入り込むことも多いようです。
 
脂性フケは毛穴に詰まりやすく、症状が進行すると抜け毛を引き起こす可能性もあります。
また、脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患である場合もあり、症状が深刻な時は専門の病院で診てもらいましょう。
 
 
 
スポンサーリンク



フケのタイプ別シャンプーの選び方

フケには2つのタイプがあります。あなたはどちらのタイプですか?
フケのタイプ別シャンプーの選び方を紹介します。
 
 
 

乾性フケの場合

乾性フケは、頭皮の乾燥によるものです。
頭皮に合わないシャンプーを使用していたり、シャンプーのしすぎや高温のシャワー、ブラッシングのやりすぎによって頭皮の乾燥が起こります。
 
頭皮の乾燥に効果のあるシャンプーを選ぶ時は、次のポイントを押さえて選びましょう。
 

保湿効果があるシャンプー

乾燥している頭皮には、保湿効果のあるシャンプーがおすすめです。
保湿効果のあるシャンプーは「アミノ酸系」と「オイル系」に分かれます。
 
それぞれの特徴を紹介します。
 
○アミノ酸系シャンプー
洗浄力が優しく、必要な皮脂を落とし過ぎません。
敏感肌や肌の弱い方におすすめです。
 
○オイル系シャンプー
優しくしっかり頭皮を洗浄してくれます。
頭皮と髪に潤いを与えてくれるのが特徴です。
 
 

肌や髪への刺激成分が入っていないシャンプー

 
乾燥した頭皮はデリケートです。
肌に優しい低刺激のシャンプーを選びましょう。
 
低刺激シャンプーは、添加物が少ない、石油系の界面活性剤を不使用、石けん系シャンプーなどの特徴があります。
これらのシャンプーは頭皮に刺激を与えたり、本来必要な皮脂まで洗い流したりすることがありません。
 
 

脂性フケの場合

皮脂が不足すると、頭皮は乾燥します。
皮脂が不足した頭皮は、不足した皮脂を補おうと過剰に皮脂を分泌させてしまいます
この過剰な皮脂が、頭皮に溜まった角質細胞と混ざり合い、脂性フケを引き起こしています。
 
脂性フケに効果のあるシャンプーを選ぶポイントは次のようになります。
 
 
 

頭皮・毛髪を清潔に保つシャンプー

脂性フケは、マラセチア菌が増殖することで起こると言われています。
この菌が増殖すると、皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。
 
そのため、頭皮を清潔に保てるシャンプーが効果的です。
 
 

皮脂など毛穴の汚れをしっかり取る

頭皮に残った汚れや、毛穴に詰まった皮脂をしっかり洗い流せるシャンプーがおすすめです。
 
 
次の章で、乾性フケと脂性フケに効果のあるシャンプーをご紹介しますね!
 
 
 

フケに効果があるおすすめシャンプー5選!

では、フケに効果のあるシャンプーを紹介します。
 
 

乾性フケにおすすめのシャンプー

 

Raburo(ラブロ)

アミノ酸をふんだんに使用したオーガニックシャンプーです。
弱酸性なので、髪の毛の水分を保ち乾燥を防いでくれます。
それでいて、洗浄力が落ちないのが、このシャンプーが人気の理由です。
 
もともと敏感肌の方のために開発されたシャンプーなので、低刺激で頭皮に優しいシャンプーです。
フケの原因となる頭皮の炎症にも効果があるので、フケ対策におすすめですよ。
 

 
 

SimpRich(シンプリッチ)

無添加・ノンシリコンシャンプーです。
サラサラ感を出すために使われることが多いシリコンですが、頭皮の乾燥の原因とも言われています。
 
シンプリッチは、シリコンなどの科学的な人工物を排除し、赤ちゃんでも使える優しいシャンプーです。
その優しさは、頭皮だけではなく全身に使えるほどです!
 
潤い、保湿効果にこだわったシャンプーなので、乾燥フケ対策にぴったりですよ。
 

 
 

Herb Garden(ハーブガーデン)

アメリカで流行した「ボタニカル」美容法に着目して開発されたシャンプーです。
ボタニカルとは、植物が持つ本来の力を活かした美容方法で、ハーブガーデンには10種類の植物エキスが配合されています。
 
さらに、フケを防止するローリエ、頭皮の痒みを抑えるヨモギ、ミネラル豊富なスギナなどを含んだ7種類のオーガニックハーブを煮出ししたオーガニックハーブウォーターがベースとなっています。
健康な頭皮と髪に不可欠なミネラルが浸透しやすく、高い保湿効果が期待できますよ。
 

 
 

脂性フケにおすすめのシャンプー

 

すこやか地肌シャンプー

頭皮の皮脂を洗い落としすぎるのも、脂性フケの原因となります。
すこやか地肌シャンプーは、頭皮汚れをしっかり落としつつ、頭皮に必要な油分や保湿因子をしっかり残してくれます。
 
また、3つの整肌成分が頭皮をケアしてくれるので、フケだけではなく、かゆみ対策にも効果的です。
フケやかゆみなど、頭皮トラブルに悩んでいるなら、一度使ってみてください。
 

 
 

コラージュフルフルスカルプシャンプー

日本初の抗カビ成分配合のシャンプーです。
フケの原因となる「原因菌」の増殖を抑制してくれるため、毛穴のつまりを解消し、頭皮を清潔に保つことができます。
 
菌を抑えるだけではなく、保湿成分も含まれているので、フケやかゆみの原因である乾燥を防いでくれます。
頭皮の臭いが気になる男性におすすめです。
 

 
 
 

まとめ

フケには、乾性フケと脂性フケの2つのタイプがあります。
乾性フケは頭皮の乾燥によるもの、脂性フケは頭皮に溜まった角質細胞に皮脂が混ざり合ったものです。
 
乾性フケの方は、保湿効果のあるアミノ酸系シャンプーやオイル系シャンプーを選んでみましょう。
また、肌や髪に刺激となるものが入っていないものもおすすめです。
脂性フケの方は、頭皮・毛髪を清浄にする効果があるものを選んでみましょう。
 
それぞれのタイプに合ったフケ対策におすすめのシャンプーを紹介しています。
フケで悩まれているのならば、参考にしてみてくださいね。