Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

こどもの日と鯉のぼりの由来!色に隠された意味とは?

 
こどもの日といえば、男の子の成長を願う行事ですよね。
 
でも、なぜ男の子の日なのでしょうか?
 
 

スポンサーリンク

 
 
5月5日は「こどもの日」です。
この時期が近づくと、鯉のぼりが泳いでいる風景をよく目にしますよね。
 
鯉のぼりは「男の子の成長を願って飾る」というのは、あなたも聞いたことがあるかもしれません。
 
 
では、なぜこどもの日に男の子の成長を願うようになったのか?
その由来まで知っている方は少ないのではないでしょうか。
 
 
そこで、こどもの日の由来を調べてみました!
調査の過程で判明した「昔の人が鯉のぼりに込めた意味」も紹介します。
 
 
 

「こどもの日」の由来

5月5日のこどもの日は、「端午の節句(たんごのせっく)」とも言います。
 

これは昔、中国から入ってきた風習で「厄払い」の行事でした。
 
中国では、旧暦の5月に病気が流行り、亡くなる人が多かったそうです。
特に、同じ数字が並ぶ5月5日は「悪い意味を持つ日」と考えられており、古来中国では菖蒲(しょうぶ)を門にさしたり、菖蒲をつけたお酒を飲んで厄払いをしていました。
 
different-colored-irises-7529_1920
 
 
鎌倉時代に、この風習が日本にも伝わりました。
しかし、日本では「厄払い」の行事ではなく、男の子の成長を祝う行事として浸透していったのです。
 
それは、「菖蒲」と武道や武勇を重んじるという意味である「尚武(しょうぶ)」が、同じ読み方であることが由来と言われています。
 
また「菖蒲の形が剣のような形であること」から、男の子が強くたくましく成長しますようにという願いを込めて飾られるようになりました。
 
 
 
スポンサーリンク



こどもの日に鯉のぼりを飾るようになった由来

なぜ、男の子の成長を祝うこどもの日に、鯉のぼりを飾るようになったのでしょうか?
 
 
古来中国の故事にある鯉の滝登り」が由来です。
 
中国には「竜門という滝があり、そこを登った魚は竜になる」という言い伝えがあります。
そして、その滝を登れる元気な魚は鯉の他にはいませんでした。
 
そこから、鯉は出世魚の代表として考えられるようになったのです。
 dragon-42163_1280
 
 
子供に鯉のように力強く生きてほしいという願いの象徴として、江戸時代頃から鯉のぼりを飾るようになったと言われています。
 
 
 

鯉のぼりの色に隠された意味とは?

様々な色の鯉のぼりがありますが、その色の意味を考えたことはありますでしょうか?

私は鯉のぼりを見る時、「今日も元気に泳いでる」程度にしか思っておらず、色の意味まで考えた事はありませんでした。
でも、鯉のぼりの色には、ちゃんと意味があるのです
 
koinobori-3pieces
 
 
鯉のぼりの正しい飾り方は、上から吹き流し、鯉3匹の順番で飾ります。
 
 
吹き流しは通常、青・赤・黄・白・黒の5色です。
これは中国に伝わる「陰陽五行説」が由来となっています。
 
五色にはそれぞれ「青色=木、赤色=火、黄色=土、白色=金、黒色=水」の意味があり、魔よけの効果があるとされています。
鯉のぼりと一緒に飾る吹き流しには、魔よけの意味が込められていたのです。
 
five-elements-379106_1920
 

次に鯉3匹ですが、上から黒(真鯉)、赤(緋鯉)、青(子鯉)の順番になります。
 
黒の真鯉はお父さん、赤の緋鯉はお母さん、青の子鯉は子供たちと表される事が多いですよね。
これにもちゃんと意味があり、吹き流し同様「陰陽五行説」がもとになっています。
 
 
真鯉(お父さん)の黒は、すべての生命の源である「水」を意味します。
必要不可欠な存在を表しているそうです。
 
緋鯉(お母さん)の赤は、万物を生み出す源であり、知恵を象徴する「火」を意味します。
子供をたくましく産み育てることを表しているそうです。
 
子鯉(子供)の青は、すくすく育つ「木」を意味します。
子供の成長を願う事を表しているそうです。
 
 
 
ちなみに、鯉のぼりを3匹以上飾る場合ですが、最初の黒、赤、青の3匹の順番を守れば、その後は何匹でも何色でも良いそうです。
 
 
 

まとめ

こどもの日は、もともと厄払いの行事だったんですね!
日本では男の子の成長を願う行事として浸透し、鯉のぼりを飾るようになりました。
 
鯉のぼりの真鯉(黒)、緋鯉(赤)、子鯉(青)の色は「陰陽五行説」をもとに作られています。
何気なく見ていた鯉のぼりも子供の成長への願いと、魔よけの意味が込められていたんですね。
 

どの時代も子供の成長は親の一番の喜びです。
今年は鯉のぼりを眺めながら、子供に鯉のぼりの由来をお話しするのもいいかもしれませんね。