Information box

子供の足を長くする方法!短足の原因は?成長期にできる対策方法!

 
子供の足を長くしたい!
 
成長期のうちに対策できることってある?
 
 

スポンサーリンク

 
 
子供の足が短いような気がする。
大人になった時、短足だったら可哀想だな・・・。
 
どうして短足になってしまうんだろう?
子供のためにも足を長くしてあげたいんだけど、足を長くする方法ってあるのかな?
 
子供は成長期だし、今から出来る事は実践してあげたい!
 
 
そこで、短足の原因、短足にならないための成長期の対策方法、子供の足を長くするおすすめエクササイズを紹介します!
 
 
 

短足の原因とは?

短足になる原因を見ていきましょう。
 
 

床や畳に座る

床や畳に直接座ると、足腰に負担がかかり短足になりやすくなります。
椅子に座る生活に比べて、正座やあぐらなどは腰や膝にかかる負担が大きく、成長の妨げになるようです。
 
 

食生活

日本食は、大豆や野菜など繊維質を多く含む植物性の食品が多いです。
繊維質のものは消化に負担がかかり、成長途中で消化器系が長くなります
そのため、必然的に胴が伸びてしまいます。
 
西洋から食文化が入ってくる前の日本は、今よりももっと足が短かったようです。
 
 

運動

下半身に筋肉をつける運動は短足になることが多いようです。
一方で、ジャンプをする運動は足が伸びると言われています。
 
 

遺伝

 
子供の短足の原因は、遺伝によるものが大きいと言われています。
両親が短足の場合、子供も短足になるようです。
 
 

生活習慣

運動不足や睡眠不足などによって短足になることがあります。
子供の頃に規則正しい生活を送るように心がけたほうが良いでしょう。
 
 
 
スポンサーリンク



短足にならない為の成長期の対策方法

短足にならないために成長期にできる対策方法を紹介します。
 
 

椅子生活に変える

正座やあぐらは、足腰に負担がかかります。
短足にならないようにするために椅子に座る生活に変えましょう。
 
また、正座や横座り、あぐらを長い間行うと骨盤が歪みO脚になりやすいです。
結果、短足になってしまいます。
 
 

成長期に筋肉が付き過ぎる運動はさせない

陸上やバレエ、体操など、下半身に筋肉が付き過ぎるスポーツは骨の成長を妨げるため避けたほうが良いと言われています。
 
外で走り回って遊ぶのは良い事です。遊び程度の運動なら問題ありませんよ。
また、小さい頃からヒールのある靴を履かせるのも避けましょう。
 
 

栄養と睡眠

 
寝る子は育つという言葉があります。
 
背が高い子供は睡眠時間が他の子供より長い傾向にあります。
長い時間寝るだけでなく、十分な栄養も摂りましょう。
 
 

姿勢を正す

姿勢が悪いと、背骨や腰に負担がかかり、正しく成長できなくなります。
 
今はストレートネックも問題になっていますよね。
正しい姿勢で過ごすように心がけましょう。
 
 
 

子供の足を長くするおすすめエクササイズ

では、子供の足を長くするおすすめのエクササイズを紹介します。
 
 

大きく伸びをする

①上を向いて寝ます。
②手をバンザイするように伸ばし、手の平を組みます。
③足と両手を大きくゆっくり8秒間伸ばし、5秒休憩します。
5セット行います。
 
身体を伸ばす時は、ゆっくり鼻から息を吸い、緩める時は口からゆっくり息を吐きましょう。
 
 

椅子などに片足乗せて伸ばす

①ソファーやダイニングの椅子などに片足を乗せます
この時、乗せている足が地面と平行になるようにします。
 
②地面のつま先をまっすぐにし、ゆっくり体を前に倒します。
無理せず、ゆっくり限界ギリギリ程度で止めましょう。
 
③伸びきった状態から8秒間静止します。
口からゆっくり息を吐きましょう。
 
5セット行います。
 
 
 

まとめ

短足になる原因は、正座やあぐらをかく、下半身に筋肉が付きやすい運動、生活習慣などがあります。
成長期にできる対策方法としては、椅子の生活に変えてみる、十分な栄養と睡眠などを心がけてみましょう。
 
子供の足を長くするおすすめエクササイズを紹介しました。
お子さんが一人でも出来るように簡単なものを紹介しています。参考にしてみてください。