Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

誘いを断る言い訳!飲み会やデートなどシチュエーション別に紹介!



 
飲み会に誘われた!
 
断るのが苦手なんだけど、上手い言い訳ってないかな?
 
 

スポンサーリンク

 
 
会社で飲み会に誘われたり、デートに誘われたり・・・。
その都度断ってはいるけど、お誘いを断るのって苦手。
 
どんな言い訳をすればいいの?
相手に嫌な思いをさせずに断るうまい言い訳が知りたい!
 
 
そこで、誘いの上手な断り方、シチュエーション別の断る言い訳、相手を不快にさせないマナーを紹介します!
 
 
 

誘いの上手な断り方

誘ってもらった時に使える上手な断り方を紹介します。
 
 

誘ってくれたことへのお礼を言う

誘ってくれた人に対して誠意を見せましょう。
断る際には、まずお礼をして感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。
 
 

断る理由をきちんと説明する

ただ断るだけでなく、断る理由を同時に説明すると、「事情があるなら仕方ない」と相手に納得してもらいやすくなります。
先約がある・体調が悪い・家庭の事情・資格取得の勉強をしているなど断る理由を説明しましょう。
 
断る理由も、ある程度具体的だと信憑性が増しますが、突飛な理由付けや長々とした説明は嘘っぽい印象を与えます。
言い訳と捉えられ逆効果になることもあるので、理由は簡潔に説明しましょう
 
 
 
スポンサーリンク



シチュエーション別の断る時の言い訳

上記を踏まえて、シチュエーション別の断る時の言い訳を紹介します。
 
 

飲み会

お誘いいただきありがとうございます。
ぜひご一緒させていただきたいのですが、その日は外せない用事があります。
また別の機会によろしくお願いします。
 
 

デート

お誘いありがとうございます。
その日は、翌日に大事な仕事が入っているので時間の都合がつきません。
申し訳ありません。
 
 

当日

お誘いありがとうございます。
どうしても今日中に終わらせないといけない仕事を頼まれました。
申し訳ありませんが、お断りします。
 
 
○または女性ならば「生理痛がひどくて」という理由も使えます。
 
 
 

相手を不快にさせないマナーとは?

相手を不快にさせないためのマナーを紹介します。
 
 

理由を述べない

誘いを受けて「無理です。」の一言だけだと、相手を不快にさせてしまいます。
「先約があって・・」「歯医者に行くので・・」など、きちんと理由を述べて断りましょう。
 
 

断り続けるのもNG

職場の飲み会の誘いを断り続けるのも、相手に不快感を与えてしまいます。
断る方も申し訳ない気持ちになりますよね。
 
今後も飲み会に誘われたくないなら、「お酒が飲めなくて」「夕食は私が作る当番なんです」など、いつも飲み会に行けない理由をきちんと述べておきましょう。
 
 
デートの誘いも同様です。
毎回断るのが辛いという時は、「いい人がいるので」「彼氏が出来ました」など、他の男性がいる事をそれとなく伝えましょう。
 
 
 

まとめ

飲み会やデートなど、誘いを断る際は、まずは誘ってくれたことに対してお礼を述べましょう。
その後、行けない理由を伝えると良いですよ。
 
理由を述べず「無理です」「行けません」だと、相手も嫌な気持ちになります。
断り続けるのも相手を不快にさせるので、きちんと理由を伝えましょう。
 
誘いを断る言い訳を紹介しています。
誘われた時の参考にしてみてくださいね。