Information box

執行猶予とは?実刑と何が違う?意味をわかりやすく解説!

 
ニュースでよく「懲役○年執行猶予○年」という言葉を聞きますよね。
 
執行猶予の意味を正しく理解していますか?
 
 

スポンサーリンク

 
 
私は刑務所に入るまでの時間が○年間か遅れる、猶予される制度だと思っていました。
 
これだけだと、執行猶予の意味を半分程度しか理解できていません。
 
 
執行猶予とはどういう制度なのか?
執行猶予がない実刑判決とはなにが違うのか?
 
わかりやすく解説していきます。
 
 
 

執行猶予とはどういう制度?実刑との違いは?

執行猶予とは「刑が執行されるまでの猶予期間」を意味します。
裁判所で判決を受けたらすぐ刑務所に入るのではなく、執行猶予期間だけ刑務所に入るのを遅らせる制度です。
 
そして、執行猶予の最大のポイントは、執行猶予期間中に新たな罪を犯さなければ、刑務所に入る必要がなくなるということです。
 
law-1063249_1920
 
 
これだけだとわかりにくいかと思いますので、具体例を用いて説明します。
 

執行猶予がない場合

執行猶予がない刑を「実刑」と呼んだりします。
 
例えば、「懲役2年」という判決が下ったとします。
これは判決が下ったらすぐに2年間の懲役に服さなければいけません。
 
 

執行猶予がある場合

例えば、「懲役2年執行猶予3年」という判決が下ったとします。
 
さきほどの例と同じ懲役2年ですが、こちらは執行猶予がついています。
そのため、すぐに刑務所に入り懲役に服すことはありません。
有罪には変わりないのですが、一般の人と同じような生活を送ることができます。
 
そして、新たな犯罪をせずに執行猶予期間の3年が満了となれば、懲役2年は受ける必要がなくなります
 
執行猶予期間が3年経った後に懲役2年を受けるわけではないのです。
 
 
ただし、執行猶予期間中に新たに罪を犯すと執行猶予が取り消しとなり、すぐさま刑が執行されます
もともとの懲役3年に加えて、新たな罪に対する刑期が加算されます。
 
 
 
スポンサーリンク



執行猶予期間中は制限がある?

普通に生活している分には制限はありません
 
一部の職業には就くことができなくなりますが、就職や引っ越し、結婚なども可能です。
旅行も国内旅行であれば問題ないようです。
 
 
ただし、海外旅行は渡航先の国に入国を拒否される可能性があります。
特にビザが必要な国に行く場合は、ビザが下りづらくなるそうです。
 
また、パスポートを既に持っていれば問題ないのですが、執行猶予期間中にパスポートの新規取得や更新の申請をする場合、パスポートが発給されないことがあるとのことです。
 
 
 

懲役刑と禁固刑の違い

ニュースを見ていると、執行猶予と共に「懲役3年」とか「禁固2年」という言葉を聞いたことがあるかと思います。
懲役刑と禁固刑はどのような違いがあるのでしょうか?
 
lady-justice-677945_1920
 
両方とも刑務所に入るところは同じです。
ただし、「懲役」には刑務作業に服する義務があるのに対し「禁固」はこの義務がありません。
 
つまり、「懲役3年」の実刑判決を受けた場合は、金属製品や衣服の作成、掃除、洗濯などの刑務作業を3年間行う義務があります。
 
一方、「禁固2年」は刑務作業はなく、刑務所に2年間拘置されます。
 
 
刑務作業の義務があることからもわかるように、禁固より懲役の方が罪は重いです。
 
 
 

まとめ

執行猶予という言葉から刑が執行されるまで猶予があるだけだと思っていましたが、満了となると実刑を受ける必要がなくなるんですね。
 
これは執行猶予が「社会内で更生を図る制度」だからなんだそうです。