Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

キャンプ料理のおすすめは?ダッチオーブンで差をつけよう!



 
ダッチオーブンを知っていますか?
 
キャンプで大活躍する万能鍋です。
外で作ったとは思えないクオリティの高いキャンプ料理が作れてしまいます。
 
 

スポンサーリンク

 
 
キャンプ料理にこだわる多くの人が使っているダッチオーブン。
 
実際にどのようなもので、どんな料理に適しているのでしょうか。
また、「万能鍋」と称されることが多いダッチオーブンですが、なぜ万能なのでしょうか。
 
 
ダッチオーブンの使い方やおすすめ料理、そしてダッチオーブンを万能にするためにとても大事な「手入れ方法」を紹介します!
 
 
 

ダッチオーブンとは?

オーブン」という言葉が入っているので、家電製品のオーブンを連想してしまいそうですよね。
初めにダッチオーブンの説明をしますね。
 
datch-oben-2
 
 
ダッチオーブンとは鋳鉄製、または鉄製の蓋付鍋のことです。
 
アルミ製のダッチオーブンもありますが、熱を蓄える能力が鉄製より劣ります。
そのため、安定した熱を保つことが難しいです。
 
 
一方、鋳鉄製は熱伝導率がよく蓄熱性にも優れているので、安定した熱で長時間調理するのに適しています。
 

ダッチオーブンの特性

・蓋の上に炭を乗せて上下から火力を加える事ができるので、オーブンとして使用できます。
・密封性があるので、圧力鍋と同じ調理効果が得られます。
・食材の水分を生かして水を加えずに調理をすることができ、素材の旨味を引き出してくれます。
・ご飯をふっくらと炊くこともできます。
・蓄熱性の高さから外はカリッと中はジューシーに揚げ物を作れます。
燻製料理も作れます。
 
 
普通の鍋とは違い炊く・炒める・煮る・蒸す・揚げる・燻すなどたいていの事がダッチオーブン1つでできてしまいます
手入れをする手間はかかりますが、マメに手入れをすれば一生使える鍋です。
 
 
 
スポンサーリンク


ダッチオーブンの手入れ方法

ダッチオーブンを購入したらすぐにやらなくてはいけないことがあります。
それは「シーズニング」です。
 
シーズニングとは、出荷される時に塗られている「さび止めワックス」を落とし、鋳物(いもの)に油を染み込ませる作業のことです。
 

シーズニング方法

まずはダッチオーブンをしっかり洗い空焼きを行います。
 
kitchen-345707_1920
 

空焼き

①ダッチオーブンの内側と外側を40℃くらいのお湯とタワシでしっかりと洗います。
このとき洗剤は付けないでください!タワシも金属製のものは厳禁です!
キレイにワックスが落ちたか分かりにくいですが、15分程度時間をかけてしっかり洗ってください。
 
②ダッチオーブンの底、蓋もしっかりと洗います。
ダッチオーブンの内側と外側を洗ったら、ダッチオーブンの底もしっかりと洗います。蓋も表裏きれいに洗ってください。
 
③ダッチオーブンの本体と蓋を家庭用コンロにセットします。
引火防止、消火用に念のため濡れタオルを用意しておきましょう。
 
④コンロに火を付け、空焼きをします。
必ず換気もしてください!
 
強火で最低40分以上本体と蓋のワックスを飛ばすために空焼きをします。
徐々に煙が出てきますが、これはワックスが焼けている煙です。
凄い量の煙が出ますが、煙が出なくなるまで焼き切ってください。
 
焼き進めるにつれて、黒茶のドロドロした物がダッチオーブンのあちらこちらからしみ出てきます。
これが錆び止めワックスです。
乾いたキッチンペーパーで丁寧にふき取ってください。
 
コンロの下にもこのドロドロが落ちますので、アルミホイルをひいてコンロをカバーして下さいね。
付いたら取れません。
 
ダッチオーブン料理をした時に鉄臭さが残る原因になるので、この作業は丁寧に実施してください!
 
⑤ドロドロをふき取り煙が出なくなれば空焼きは終了です。
 
 
まだまだ続きますよ!次はオイルの塗りこみ作業です。
 
olive-oil-968657_1920
 

オイルの塗りこみ

 
①ダッチオーブンにサラダ油を薄く塗ります。
空焼きして冷めたダッチオーブン全体にトングを使用してキッチンペーパーでサラダ油を薄く塗ります。
オリーブオイルでも代用可能です。
 
②全体を強火で熱します。
再びダッチオーブンを充分に熱します。
サラダ油の煙がどんどん出てきます。途中でワックスが出るようでしたら、拭き取ってください。
 
③煙が出なくなれば終了です。
 
④このオイルの塗りこみ作業を最低5回繰り返します。
ダッチオーブン本体の表、内側、蓋の表裏にオイルを塗りこみます。
1回の作業時間は15分から20分程度です。
大変ですがしっかりと行ってください。きちんと塗りこみをすれば長持ちしますよ。
 
 
 
これらの作業を終えたら、ようやくダッチオーブンを使う事ができます。
 
ダッチオーブンで料理をしたあとは必ず「中性洗剤で洗い、火にかけて完全に乾かし、油を塗りこむ」作業をしてくださいね。
使用後の手入れをしないと錆びついて使えなくなってしまいます。
 
 
 

ダッチオーブンで作れるおすすめ料理

ダッチオーブンは煮る・蒸す・焼くなどさまざまな用途に使用できる万能鍋です。
実際にどんな料理が作れるのかおすすめ料理を紹介します。
 

ローストビーフ

お肉は常温に戻してから使用すると、火の通りが均一になり美味しく調理できます。
アルミホイルで包み保温するのもポイントです。
 
beef-84534_1920
○詳細な調理手順はこちら
 
 

牛肉の赤ワイン蒸し煮

ダッチオーブンなら煮込み料理も簡単にできます。
味もしっかりと染み込みますし、ホームパーティの主役になれる一品です。
 
○詳細な調理手順はこちら
 
 

焼き豚

家で焼き豚を作ろうと思ったら大変ですよね。私はうまくできません。
ダッチオーブンなら簡単にできますよ。
 
○詳細な調理手順はこちら
 
 

パエリア

パエリア用の鍋がなくてもできてしまいます。
魚介類や野菜の旨味が増して美味しく頂けます。おこげを作ると更に美味しくなりますよ。
 
paella-1168008_1920
○詳細な調理手順はこちら
 
 

鉄鍋ビビンバ

焼き肉店で食べるビビンバが作れます。
圧力鍋と同じ状態になるので、お米がふっくらして美味しく仕上がります。
 
○詳細な調理手順はこちら
 
 

パン

焼きたても美味しいですが、次の日に食べても美味しく頂けます
 
bread-617225_1920
○詳細な調理手順はこちら
 
 

焼きリンゴ

生のままでも美味しいリンゴですが、焼きリンゴにすると甘味も増してより一層おいしくなります。
冷やしても美味しいですよ。
 
○詳細な調理手順はこちら
 

初心者向けのおすすめ料理を紹介しました。色々試してくださいね!
 
 
 

まとめ

ダッチオーブン1つあれば、色んな料理ができますね。
鍋のまま食卓に並べてもオシャレですよね!
 
ただ、手入れをきちんとしないと使えなくなるので、料理後は必ず手入れしてください。
長く使えれば愛着も沸いてくるでしょうね。
 
 
使い始めのシーズニングを忘れずに!