Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

熱中症対策!予防効果のある食べ物!症状が出てからの食べ物!

最悪の場合、命を落とすこともある熱中症
食べ物でも熱中症対策ができるって知っていましたか?
こまめに水分補給をしたり、クーラーや扇風機を活用して熱中症対策をする方も多いと思います。
もちろん、これらの方法もとても有効です。
他にも熱中症対策として効果があるのが、熱中症予防に効果のある食べ物を摂ることです。
食べ物で熱中症対策ができるなら、普段の食事にも取り入れられますよね。
また、予防していても熱中症にかかってしまうこともあるかと思います。
そんなときは、熱中症からの回復を早める食べ物を食べるようにしましょう。
そこで、熱中症対策におすすめの予防効果のある食べ物熱中症になったら食べるべき食べ物を紹介します!

熱中症に効く成分は?

熱中症におすすめの食べ物の前に、熱中症に効く成分を紹介します。
vegetable-1167363_1920

カリウム

汗をかくと塩分(ナトリウム)と同時にカリウムも排泄されます。
カリウムは細胞内液に多く含まれており、カリウムが不足すると細胞内が脱水症状になります。
細胞が脱水症状になると、熱中症を発症した際に重要臓器の機能障害を引き起こす可能性があります
カリウムを摂取しておくことで、細胞の脱水症状を防ぐことができます。
また、カリウムは筋肉の収縮を助ける働きがあり、熱中症になった時に回復力を高めてくれます
○カリウムを多く含む食品
小豆、そら豆、いんげん豆、海苔、パセリ、干しひじき、ほうれん草、里芋、じゃがいも、落花生、松の実、バナナなど。

ビタミンB1

ビタミンB1は糖質を分解する働きがあります。
疲労物質(ピルビン酸や乳酸など)を分解してくれるため、疲れにくい体になります。
食欲不振、倦怠感、手足のしびれ、むくみなどの症状を予防する働きがあります。
○ビタミンB1を多く含む食品
豚肉(ヒレ肉・もも肉・ロース・肩ロース・ひき肉など)、ハム、焼き豚、うなぎ、グリーンピース、海苔、青海苔、大豆など。

クエン酸

梅干しやレモンなどに多く含まれている酸味主成分です。
疲労の原因となる乳酸の発生を抑え、疲労回復に優れた効果を発揮してくれます。
また、若返りのビタミンとも呼ばれているパロチンの代謝を活発にし、老化防止も期待できます。
○クエン酸を多く含む食品
梅干し、レモン、グレープフルーツ、オレンジ、食酢、黒酢、もろみ酢など。

抗酸化成分

紫外線が強い夏、体の中で活性酸素が発生しやすくなり、疲れがたまる原因となります。
抗酸化成分は、その活性酸素から体を守ってくれる成分なのです。
○抗酸化成分を多く含む食品
トマト、スイカ、にんじん、モロヘイヤ、伊勢海老、イワシ、鮭、アーモンド、など。



熱中症対策におすすめの予防効果のある食べ物

熱中症に効く成分はカリウム、ビタミンB1、クエン酸、抗酸化成分でしたね。
これらをふまえて熱中症の予防効果があるおすすめの食べ物を紹介します。

じゃがいも

potatoes-448613_960_720
じゃがいもは野菜の中でもカリウムの含有量がトップクラスです。
その上、疲労回復効果の高いパントテン酸を多く含んでいます。

豚肉

meat-658029_1920
豚肉は牛肉の約10倍のビタミンB1を含んでいます。
同時に多くのたんぱく質を摂取する事もできます。
疲労回復はもちろん、夏バテ防止にも役立ちます。

梅干し

pickled-plum-410338_960_720
熱中症で失われやすい塩分やミネラルを最も効率よく摂取できます。
梅に元々含まれている豊富なミネラルと、漬ける時に使用する塩が合わさり熱中症対策に万全な食品です。
梅干しにはクエン酸も多く含まれています。
疲労の原因となる乳酸の発生を抑え疲労回復の効果があります。
夏バテにも効くので、夏は普段から梅干しを摂取しておくと良いでしょう。
ただ、梅干しが良いからと言って一日に何個も食べる必要はありません。
一日に1個食べるだけで十分効果があります。

塩熱飴

梅干し同様の効果が期待できる塩熱飴も注目されています。
飴に塩分やクエン酸などの熱中症に効く栄養素を配合したものです。
携帯性が良いので、カバンに入れて持ち歩くのも良いでしょう。

スイカ

watermelon-815072_960_720
夏と言えばスイカ!
スイカは90%が水分ですが、カリウムなどのミネラルも沢山含まれています
少量の塩をかけて食べると塩分も同時に摂取する事ができます。
水分・塩分・ミネラルを効率よく摂る事ができます。

熱中症になったら食べるべき食べ物

熱中症になってしまった時は、熱中症に効く食べ物を摂ってはやく回復しましょう。
072643
熱中症から回復する際は、カリウムが必要になります
小豆、そら豆、いんげん豆、海苔、パセリ、干しひじき、ほうれん草、里芋、じゃがいも、落花生、松の実、バナナなどはカリウムを多く含んでいるので、熱中症になった際は積極的に摂りましょう。
また、梅干しやスイカは熱中症で失われやすいミネラルと塩分を最も効率よく摂取できます
家に常備しておくと、熱中症になった際に手軽に口にする事ができます。
ただ、下痢や腹痛など胃腸が弱っている場合は、お粥と梅干しなど消化の良いものを食べましょう。

まとめ

夏になると毎年ニュースで聞く熱中症
今年は豚肉やじゃがいも、梅干しなどを普段の食事に取り入れて熱中症にならないように対策しましょう!!
症状がひどい時は自己判断せず、必ず病院に行ってくださいね

楽天ウィジット