Information box

あなたに役立つ情報を集めた総合ブログです。

こたつで寝ると風邪を引くのはなぜ?死の危険もあるってホント?

こたつで寝ると風邪ひくから、早く布団で寝なさい」って親に言われたことないですか?
私は何度もあります・・。
温かいこたつの中にいるのに、なぜ風邪を引くのでしょうか?
冬になると、こたつから抜け出せない・・
温かくてついついこたつの中で寝てしまい、起きたら「あれ?喉が痛い・・風邪っぽい」という経験した事ないですか?
なぜ、こたつの中で寝ると風邪を引いてしまうのでしょうか?
温かいこたつにいるから、風邪をひくはずがない!と思ってしまう私ですが、風邪を引く理由がちゃんとあるのです。
風邪を引くだけならいいのですが、危険な病気になるとも言われます。
どんな病気になる可能性があるのでしょうか?
病気にならないように、こたつで寝ている人が起きない時の対応方法も知っておきたいですよね。
そこで、こたつで寝ると風邪をひく原因、こたつ寝で発症する病気、こたつで寝ている人が起きないときの対処方法を紹介します!

こたつで寝ると風邪をひくのはなぜ?

こたつでつい寝てしまう事ありますよね。
でも、なぜこたつで寝ると風邪を引くのでしょうか?
094767
こたつで寝ると風邪を引く理由は3つあります。

体温調節が上手くいかず免疫力が低下する

人間の体は本来、体温を37℃前後に保つよう体温調節機能が備わっています。
脳の視床下部が指示を出し、体温が高ければ発汗し体温を下げようとします。
反対に体温が低ければ、震えを起こし体温を上げようとします。
しかし、こたつで長時間寝ると、こたつに入っている下半身は温かい状態になり、上半身は冷たい状態という体温のギャップが発生します。
すると脳がどちらに合わせたらいいか分からず、混乱し体温調節が上手くいかなくなります。
512004
また、人間の体は眠りに入ると、副交感神経が優位になり次第に体温を下げて体を休めようとします。
しかし、こたつで寝ると体が体温を下げようと働きかけますが、こたつは温め続けるため、体温を上手く下げることが出来ない状態になります。
体は体温を下げて休息をしたいのに、それが出来ずに脳や体が混乱します

そうなると、自律神経(体温調節機能)が乱れ、寝ているのに体が休まらず疲れてしまい、免疫力が低下して風邪を引きやすくなるのです。

異常な汗をかき体が冷える

体は眠りに入ると体温を下げようとしますが、こたつに入っているとなかなか体温が下がりません。
そのため、下がらない体温をどうにか下げようと発汗します
汗は体を冷やす為にかきますよね。
汗をかくと、体温が下がり体が冷えます
風邪をひきやすい状態になってしまいます。
498323

脱水による疲労・喉の乾燥でウイルスに感染しやすくなる

こたつに入っていると汗を沢山かく状態にも関わらず、眠ってしまうと水分補給が出来ません
脱水症状を引き起こしやすくなります。
脱水症状により、体が疲労状態になるのはもちろんですが、体内の水分が奪われ喉や鼻の粘膜の乾燥を引き起こします。
そのため、空気中のウイルスに感染しやすい状態になります。
こたつで風邪をひく原因は3つありますが、どれも経験した事ありませんか?
こたつで寝て起きると、べったりと汗をかいていて、喉が痛い。寝たのに体が疲れているなど、私は全部経験済みです。
体の体温調節機能が上手くいかなくなるのですね。
風邪をひく程度ならまだ良いのですが、こたつで寝ると発症する可能性がある病気もあります。
次で理由も含めて説明していきますね。



こたつ寝で発症する可能性がある病気は?

こたつに入り、横になりそのまま寝てしまう。
風邪以外にも発症する可能性がある病気があります!
34cea271576d4aff9cbd74c2ec6881e7_s

便秘

こたつで寝ると、大量に汗をかきます。
大腸の水分まで奪われ、便秘を引き起こします。

脳梗塞

体の水分が不足すると、血管からも水分が失われます。
血管の水分が減少すると、血液がドロドロになります。
血液がドロドロになると、血栓と言われる血の塊が出来やすくなります。

血の塊が脳の血管を塞ぐと、脳梗塞になります。
また、心臓付近の血管を血の塊が塞ぐと心筋梗塞を、肺付近の血管を塞ぐと肺塞栓症(はいそくせんしょう)を発症します。
こたつで寝ると、便秘や脳梗塞を引き起こす可能性もあるようです。
こたつ寝しても良いことはないですね・・。

こたつで寝ている人が起きない時はどうすべき?

それでも、やっぱりこたつで寝てしまうことってありますよね。
もしこたつで寝ている人が起きない時はどうしたらいいのでしょうか?
274536

電源を切る

こたつで寝ている人が起きない時は、まずこたつの電源を切りましょう
こたつの電源を切ることで、体の体温調節機能が正常に働くようになります。
途中で寒くなり、起きて布団に移動してくれたら、なお良いでしょう。

上半身に毛布をかける

上半身に毛布などをかけ、上半身と下半身の体温のギャップをなくしましょう。
体の体温調節機能が上手く働くようになります。

まとめ

こたつに入ると何もしたくない。私だけでしょうか。
1日中こたつの中でゴロゴロしていました。
妹と「こたつマジックにかかったね」と言っては、ずっとこたつの中にいました。
もちろんそのまま寝てしまう事も・・。
こたつで寝ると風邪を引く原因としては、体温調節が上手く出来ない、免疫力が低下する、汗をかいて体が冷えることなどが挙げられます。
また、脱水症状を起こして喉などの粘膜が乾燥するのも、風邪をひく原因となります。

脱水症状は、他にも便秘や脳梗塞を発症する可能性もあります。
便秘や風邪をひくのは、命に影響はありませんが、脳梗塞となると命の危険もあります。
こたつで寝そうになったら布団に行く!
と言ってもやっぱりこたつに誘惑されてしまいます。
もしこたつで寝ている人が起きない時は、上半身に毛布をかけてあげたり、こたつの電源を切るなど対応してくださいね。
くれぐれもこたつで長時間寝ないように注意しましょう!

楽天ウィジット